買い手保護制度 純正品保証 Chrono24を選ぶ理由 日本  | JPY
ログインログイン

Louis Moinetは、世界最高級の腕時計ブランドで、すべてを限定生産し、年間500本という希少性の高い時計などを製造しています。隕石の欠片や恐竜の骨の化石といった非常にユニークな素材を独自の技術で加工し、時計ひとつひとつの質を高め、信じられないほど特別な逸品に仕上げます。どの時計も、伝統的な職人技術と精密加工の先進技術を組み合わせてできています。

ビデオ

  • Sideralis

    世界最大のキャリッジを備えた星間を回転するダブルトゥールビヨン。

  • Black Gold Derrick

    見ごたえのある文字盤のデザインとスケルトンタイプのムーブメント、驚くべきメカニズム。

  • 20-Second Tempograph

    時計の針が20秒ごとに逆行するレトログラード機構。

長い伝統

ルイ・モネ社の創業は、1806年に遡ります。19世紀に時計職人のマイスターとしてもっとも活躍した天才ルイ・モネは、1816年に史上初のクロノグラフを発明しました(ギネス世界記録に公式認定されている)。また時計製作に関する大著「Traité d’Horlogerie(時計技術概論)」を執筆し1848年に発表しました。ルイ・モネは、さらにナポレオン3世、アメリカ第3代大統領ジェファーソン、イギリス王ジョージ4世など当時の重要事物のためにも時計を製作しました。

比類なきデザイン

ルイ・モネの時計はどれも、一度見たら忘れる事のできない独創的なデザインが特徴です。Gouttes de Rosée(露のしずく)型の時計の針や有名なギョーシェ模様の文字盤などは、ブランドのトレードマークとなっています。ルイ・モネブランドは、これまでにも時間を伝えるための壮大でわくわくするような方法を生み出してきました。

偉業

ルイ・モネは、ギネス世界記録団体が授与した「World’s First Chronograph Ever(ファースト・クロノグラフ)」というタイトルの正式な所有者となりました。またルイ・モネは、レッド・ドットデザイン賞(ベスト・オブザ・ベスト)、 クロノメトリー・コンペ「金賞・銀賞」、 ロッブレポート誌「ベスト・オブ・ベスト賞」 など3度のグッドデザイン賞を含め、ロシアではレボリューション・モーダトピカル賞、日本では雑誌Beginの「クロノグラフ部門グランプリ」、またユネスコから「功労賞」と世界でもっとも重要にして名誉ある賞を受けています。

創業者

ジャン=マリー・シャッラーは、2001年に独立しスイスのサン・ブレーズでアトリエ・ルイ・モネを設立しました。腕時計愛好家である彼の目標は、時計作りの天才ルイ・モネの精神に新たな息吹を吹き込むことでした。シャッラーは、CEO兼クリエイティブ・ディレクターとして、すぐれた時計製作のための全責任を負っています。また限定商品しかないルイ・モネの腕時計は、どれもその高級感がより強調されます。

BrandBoutique

高級時計を直接メーカーからお届け