2021年02月04日
 7 分

もし600万円の予算があったら、どの時計を買いますか?

Jorg Weppelink
もし600万円の予算があったら、どの時計を買いますか?

もし600万円の予算があったら、どの時計を買いますか?

もし自分に600万円の予算があったとしたら、どの時計を購入するか?これは時計愛好家たちが好んで議論するトピックのひとつである。しかしここでの本当の質問は、1本の非常に高額な時計にするのか、それとも複数の時計を買うのか、ということだ。ある程度の方向性を与え、この議論を終わりのない選択肢の羅列にしないようにするために、ここで私が600万円を時計に費やせるとしたら何を買うのか、個人的な考えと好みを述べてみたい。その際に、Chrono24を現時点での市場価格の参考値として利用した。では、早速見ていこう。

Patek Philippe 5711
パテック フィリップ 5711

1本の時計を購入する場合

わかりやすいオプションのひとつは、予算全てを1本の素晴らしいタイムピースに注ぎ込むことだ。多くの人がステンレススチールのパテック フィリップ ノーチラス (Ref.5711/1A)、あるいはオーデマ・ピゲ ロイヤルオーク エクストラシン (Ref.15202ST) を求めようとするだろう。残念なことに、ノーチラスは600万円以上する。一方ロイヤルオークの価格は、500万円あたりから始まる。それなら、私はヴィンテージのアイコニックなロイヤルオーク ジャンボ Ref.5402STを探したいと思う。つまるところ、これこそがオリジナルモデルであり、予算内で購入可能なものなのだから。

Lange 1815 rosegold chrono

より個人的なオプションは、私の憧れの時計、A.ランゲ&ゾーネを買うことだ。ブラックダイヤル付きのピンクゴールド製A.ランゲ&ゾーネ 1815 クロノグラフの定価は、予算を大幅にオーバーする。だが、Chrono24に現在、ほぼ新品のコンディションのものが約570万円の価格で出ている。素晴らしい!

ステンレスのノーチラスを入手できないからと言って、全てのパテック フィリップを除外すべきだというわけではない。もうひとつの同社の見事なタイムピースに、イエローゴールドの5170J クロノグラフがある。とは言っても、このジュネーヴ産の名門ブランドによるオプションは他にもたくさんある。自分が本当に好きなものを見つけられるよう、注意深く探すことをお勧めしたい。

MB&F HM3 Megawind, Image: MB&F

では、もう少しモダンで派手なものを探してみよう。私はデザインとテクノロジーという点で限界に挑む独立系ブランドが大好きだ。私が考えるこの分野の先駆者といえば、間違いなくMB&Fである。私がもしこの手に600万円を握っていたなら、絶対に同ブランドのオロロジカル・マシン No.3の、おそらくは素晴らしいチョコレート・フロッグ HM3を考慮に入れるだろう。

1本の時計のみを購入する場合の最後のオプションは、自分の故郷からのものである。私はオランダのオルデンザールの街で生まれ育った。そしてここは、偶然にもグローネフェルトのショップと工房の拠点でもあるのだ。グローネフェルト兄弟もこの街出身である。グローネフェルト ワンヘルツをChrono24で600万円弱の金額で見つけることができた。自分の生まれ故郷で作られた彼らの傑作時計のひとつを着用できたら、素晴らしいに違いない。

2本の時計を購入する場合

予算600万円で2本の時計を購入するとなると、ほぼ無限の可能性がある。あなたはモダンなもの、あるいはヴィンテージ、どちらがお好みだろうか?時計2本を選ぶとなったら、テーマを決めてみると良いかもしれない。例えばドレスウォッチ1本とスポーツウォッチ1本や、ロレックスを2本、あるいはパテック フィリップ1本とオーデマ・ピゲ1本、など。自分にとっての完璧な2本の時計コレクションを決めるには、非常に多くのことを考慮に入れなければならない。というわけで、私のチョイスをいくつか紹介しよう。

Rolex Submariner 5512
美しいヴィンテージ ロレックス サブマリーナ 5512

まず始めに、私ならヴィンテージとモダンなロレックスの組み合わせを考える。600万円の予算なら、たくさんのロレックスコンビネーションができる。現代版とヴィンテージのサブマリーナ両方を買うというのも面白いだろう。結局のところ、これこそが史上最もアイコニックなダイバーズウォッチなのだから。そこで私の最初のチョイスは、最近発表されたサブマリーナ Ref.124060と、2本目にはアイコニックなロレックス サブマリーナ Ref.5512。新しいサブマリーナの価格が120万円強であるため、良いコンディションのRef.5512を買うのに十分な予算が残るはずだ。

Two-Tone Rolex Yacht-Master II, Image: Bert Buijsrogge

では、モダンなスポーツウォッチをいくつかみてみよう。素晴らしい組み合わせのひとつは、ステンレススチールのオーデマ・ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフのパンダダイヤルバージョン (Ref.26331ST) と、エバーピンクゴールドのロレックス ヨットマスター (Ref.126655) のブラックオイスターフレックスブレスレット付きのバージョンである。これはひとつはステンレス、もうひとつはピンクゴールドの、2つのモダンなスポーツウォッチの完璧なコンビだ。驚くべきは、ピンクゴールドのロレックスの方が、ステンレスのロイヤルオークよりもずっと価格が低いということだ。

これらは私が考えた中のほんの2つの例に過ぎない。言うまでもなく、他にも無数の良いコンビを作れるオプションがある。

3本以上の時計を購入する場合

2本の時計を購入する際に考えることは、3本以上の時計を購入する場合にも当てはまる。自分が購入したい時計のテーマを考えてみると良いだろう。この予算なら、間違いなく素晴らしい時計の少数コレクションをそろえられるはずだ。では再び、私が考えた2つの選択肢を見てみよう。

私のベストオプションは、オメガ スピードマスター プロフェッショナルのコレクションを始めることである。市場には多数の異なるスピードマスターがあり、これ自体がひとつの旅となる。私の誕生年である1977年発売のスピードマスター プロフェッショナル Ref.145.022-76、新しいスピードマスター 321 “エド・ホワイト”、ストレートなラグ付きのヴィンテージのスピードマスター 105.003、そしてキャリバー3861を搭載した新しいムーンウォッチも絶対に私のリストに含まれる。それらを所有し、着用することは言うまでもなく、自分にとってふさわしいスピードマスターのセットを見つけること自体が、ワクワクする冒険なのだ。スピードマスターのレガシーは、ただただ素晴らしい。

H. Moser & Cie Streamliner
美しきもの、H.モーザー ストリームライナー・センターセコンド

オリジナルのジェラルド・ジェンタによるデザインの定番トリロジー (ロイヤルオーク、ノーチラス、インヂュ二ア) はこの予算では全く足りないものの、他にも良いトリオがある。良いデザインが好きなら、よりモダンなスポーツウォッチ3本を選んでみるのも良いだろう。私としては、ブルガリ オクト フィニッシモ、チャペック アンタークティック、H.モーザー ストリームライナー・センターセコンドの組み合わせを見てみたい。このやや小規模なブランドによるモダンなスポーツウォッチ3本は、未来のアイコンになるポテンシャルを秘めている。この3本は予算内にちょうどよく収まり、日常使いできる時計の素晴らしいトリロジーである。

600万円をうまく使うためのオプションは、数限りない。このような仮想的なシチュエーションで自分の気持ちがどこに向かうのか見てみるのは楽しいものだ。では、私は結局どれを選ぶのか?私は常に複数の時計を購入するオプションを選ぶ。それは単により多く楽しめるから、というわけだ。あなたはどうだろうか?

もっと読む

今週の編集者のおすすめ: オメガ、ロレックス、ブライトリング

デイリーユースに最適な時計3選

安定した価値を誇るロレックス以外の時計: オメガ スピードマスター Ref.105.003 エド・ホワイト


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

Mondphasenuhren-2-1
2022年08月12日
時計アドバイザー
 8 分

ロレックス、IWC、他:40mm以下のムーンフェイズウォッチ トップ5

Barbara Korp
Top-5-watch-brands-known-for-their-chronograph-watches-Magazin-2-1
2022年07月21日
時計アドバイザー
 10 分

クロノグラフで知られるトップ5の時計ブランドとは?

Jorg Weppelink