2023年01月10日
 6 分

カルティエの人気が上昇している理由とは?

Jorg Weppelink
Cartier-popular-2-1

ここ数年間、カルティエは時計業界で最も興味深く、魅力的なブランドの1つとしてその名が知られている。パリ発のカルティエは時計の王族と見なされており、一般的にロレックスのブランド認知度に近い認知度を持つ唯一のブランドである。この成功の秘密は何なのだろか?詳しく見ていこう。  

カルティエ:豊かな歴史 

カルティエは家族経営のビジネスとして始まり、そのルーツは1847年にさかのぼる。前回のカルティエに関する記事で説明したとおり、カルティエは創業当初からヨーロッパの王族や裕福な上流階級の人々に製品を提供してきたが、サントス デュモンという最初の腕時計を作ったのは1904年のことだった。その後さまざまなモデルが登場したが、ブランドの未来を定義したのは1917年に発表されたカルティエ タンクだった。しかし、今になってカルティエが時計ブランドとして、その人気をさらに高めているのはなぜなのだろうか? 

カルティエはその後、多くの優れたタンクシリーズをリリースしたが、世界で最も裕福で影響力のある人々のために作られたユニークな単発の作品も多数あった。それだけでもカルティエは、ブランドが持つストーリーや背景において、最も興味深いブランドの1つと言える。モロッコ・マラケシュの太守(パシャ)から英国王室、また数え切れないほどの映画俳優やスポーツ選手、政治家まで、カルティエは何度も選ばれているブランドであり、最も権威のある時計メーカーの1つとなっている。  

The Cartier Tank defined the brand as a watchmaker.
カルティエ タンクはブランドを時計メーカーとして定義した。

カルティエの時計:素晴らしいタイムピースから成るポートフォリオ 

ご想像のとおり、このような豊かな歴史は素晴らしいタイムピースから成るポートフォリオと密接に関わっている。多くの方はカルティエ タンク、サントス、パシャといった有名なコレクションの名前を聞いたことがあるだろうが、これだけでは終わらない。標準のラインアップにはカルティエ バロン ブルー、パンテール、ロンド、ベニュワール、クッサン、トーチュ、マイヨン、プリヴェのコレクションが含まれる。後述のモデルは特に面白い。プリヴェのコレクションには、カルティエがそのアーカイブから復活させた素晴らしいタイムピースが属し、現代的な技術と素材でこれらを蘇らせている。 

2022年、カルティエはカルティエ タンク シノワーズの新エディションを発表しており、そのすべてが見事な仕上がりだ。2021年には、置き時計としても使えるクロシュ ドゥ カルティエが復刻。2020年は、カルティエのアーカイブからまたもユニークなデザインを持つタンク アシメトリックが復活した。これは、カルティエがタイムレスなデザインというカルティエらしさを失うことなく、この数十年間にわたって時計デザインの境界線を押し広げてきたことを物語っている。 

The 2022 Tank Chinoise showcases Cartier's signature design language.
2022年のタンク シノワーズはカルティエの象徴的なデザイン言語を見せつけている。

あらゆる好みの人に対応するカルティエ 

驚くべき数のモデルとさまざまなデザインに加えて、カルティエの時計にはメンズとレディースでさまざまなサイズがある。実際に、多くのデザインはユニセックスな魅力があり、誰にでもぴったりだ。カルティエには直径ではなく、XS、SM、MM、LMといったサイズ表示があるため、さまざまなモデルの種類を検索し、自分の手首にぴったりと合うものを簡単に見つけることができる。これも他の時計メーカーと比べると、カルティエが従来のやり方から脱している点である。  

さらに、カルティエはクォーツ式時計と機械式時計の両方を製造しており、より多くのオプションが提供されている。クォーツ式モデルが機械式モデルよりもお手頃価格であることは言うまでもない。しかし、カルティエは標準的なありふれた機械式時計を製造するだけではない。おそらくご存じのとおり、カルティエは驚くほど複雑な時計で業界を驚かせるために多くの時間とお金を投資している。2022年初めに発表されたマス ミステリユーズはその一例で、ムーブメントがローターでもあるスタイリッシュなステートメントピースだ。要約すると、カルティエはどんな人でもお気に入りが見つかるのだ。 

Cartier produces watches in a range of sizes and with quartz or mechanical movements.
カルティエは、クォーツ式、または機械式ムーブメントを搭載した時計をさまざまなサイズで製造している。

カルティエの価格:高すぎる値段ではない 

新品のカルティエは約40万円から購入できるが、その価格はそこから数百万円まで上昇する。優れた中古のカルティエ タンクも入手可能で、およそ20万円から購入できる。約70万円ほどまで予算を上げると、サイズもバリエーションも豊富なモデルから選べる。これらの価格帯により、カルティエは時計の世界にまだ足を踏み入れたばかりの人や、時計に大金は費やしたくない人にとっても比較的手の届きやすい一流ブランドとなっている。 

トレンドは変化しても、カルティエはタイムレス 

1つ確かなことは、カルティエの時計は自分のスタイルを表すステートメントであり、センスの良さと成功の証であることだ。今日まで、同ブランドの製品は、王族、政治家、映画俳優、スポーツ選手などに愛用されている。このように、カルティエはすでに名声の頂点に達している。時間の経過とともに1つ変化したことといえば、一般的なブランドに対する認識だ。  

長い間、カルティエのタイムピースはフォーマルなシーンに最適なドレスウォッチとされていたが、現在ではそのようなイメージはなくなった。これは、ブランドが多様化し、よりスポーティなモデルのバリエーションを提供していることと、アンティークのドレスウォッチが今日ではフォーマルな服装だけのものではないという事実に帰着している。特に若い世代は、異なるスタイルやジャンルを組み合わせることを好む。カルティエのタイムピースは素晴らしいことに、さまざまなルックスに似合うもの。それはカルティエの時計が世代を超えて愛されるタイムレスなスタイルであることのさらなる証明となっている。これらすべてを考慮すると、カルティエが現時点で最も人気が高いブランドの1つであることはまったく驚くべきことではない。  


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

イエマ – 波乱万丈の歴史を持つ時計ブランド
2024年01月29日
ブランド
 14 分

イエマ – フランス時計業界の未来を担うブランド

Tim Breining
2-1-Top-3
2024年01月25日
ブランド
 5 分

価格帯別:オーデマ ピゲに代わる選択肢3選

Donato Emilio Andrioli