2022年08月01日
 3 分

カルティエ:評判の高い時計ブランド?

Thomas Hendricks
02-Cartier-Magazin-2-1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

カルティエは他の多くのブランドが創業するずっと前から時計を作っていた。しかしなぜ同社は、最近ではそのジュエリーでより知られているのだろうか?カルティエの時計は購入する価値があるのだろうか?このChrono24ショートガイドでカルティエについて知るべきことをチェックしよう。  

カルティエの歴史 

カルティエは1847年にルイ=フランソワ・カルティエによって創立された。メゾンはデザイン&ジュエリー工房としてスタートしたが、歴史を通じてこのブランドは多くのアイコニックな時計を生み出してきた。創業者の孫であるルイ・カルティエが同ブランドのマーケティングに力を入れたことで、今日の世界的なサクセスストーリーへとつながった。彼をサポートしたのは、ニューヨーク支店をオープンさせたピエール、ロンドン支店をオープンさせたジャックという彼の兄弟たちであった。  

カルティエは現在リシュモングループが所有しており、同じグループにはジャガー・ルクルト、IWC、パネライ、ピアジェ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどがある。  

カルティエの最もアイコニックな時計モデル:サントスからタンクまで 

20世紀初頭、ブラジル人飛行士のアルベルト・サントス=デュモンが飛行中に装着できる時計を作って欲しいと依頼。1904年、カルティエは史上初のパイロットウォッチであり、史上初の男性用腕時計の一つであるサントスを作り上げた。 

サントスよりもさらに有名なのが、カルティエ タンクだ。1917年、タンクはその第一次世界大戦の戦場での戦車の轍からインスピレーションを得てデザインされた、長方形のケースをもってデビューする。タンクは1世紀以上もの間、ジャッキー・ケネディ、フレッド・アステアなどの有名人や上流階級の人々に好んで着用されてきた。アンディー・ウォーホルに至っては、時計のゼンマイを巻き上げたことすらなく、ただファッションアクセサリーとして装着していたことで有名である。 

カルティエ クラッシュは、このパリ産ブランドによるもう一つの重要かつ即座に見分けのつくモデルである。それは最も著名で入手困難なカルティエの時計であり、2022年にオークションで150万ドルで落札された。言い伝えでは、この非現実的なケースフォルムは、自動車事故を生き延びたあるカルティエ ベニュワール アロンジェにインスパイアされたものだということだが、実際には、この時計は1960年代ロンドンのボヘミアンカルチャーを反映させたデザインの時計である。  

カルティエの時計は購入の価値があるのだろうか?

ブランド認知について話そう。カルティエははっきりとわかるほどにおしゃれなものを求める人にとっての第一の選択肢だ。このブランドは大きなデザイン上のリスクを負うことをいとわない。しかし彼らがケース設計の限界を押し広げても、カルティエのDNAははっきりと輝きを放つのだ。そうは言っても、同社は技術的な面よりもデザインにより重きを置いている。というわけで、純粋なルックスよりも耐久性やエンジニアリングに価値を見出す人にとっては、お勧めのブランドではない。もし専門家も素人からも同じように幅広く尊敬を集めるルックスの良い時計を探している人には、カルティエは素晴らしいチョイスである。  


記者紹介

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介

最新記事

Oris–2-1
2022年10月12日
ブランド
 5 分

オリス:スイスの時計作りの隠れたヒーロー

Chrono24
Top-3-watch-brands-known-for-their-GMT-watches-Magazin-2-1
2022年09月26日
ブランド
 9 分

GMTウォッチを作るトップ3ブランド

Chrono24
01-Tag–Magazin-2-1
2022年09月06日
ブランド
 2 分

タグ・ホイヤー:ロレックスやオメガに代わる代替ブランド?

Thomas Hendricks