2024年04月02日
 8 分

カルティエ タンクの購入前に知っておきたい5つのこと

Thomas Hendricks
Cartier-Tank-Louis-2-1

カルティエ タンク、購入前に知っておきたい5つのこと

“今回は、カルティエ タンクについて知っておきたい5つのポイントを紹介しよう。
1. タンクの形について。タンクにはさまざまな形のモデルがある。そして形がさまざまあるように、価格もそれぞれ変わってくる。手頃な価格のものから、高額なもの、そして1年以内に価格が3倍に上がったものまで、いろいろだ。
2. サイズについて。タンクが「小さすぎる」ことがあるのだろうか。また、タンクをもっと楽しむためのとっておきのテクニックを紹介したい。
3. 素材とムーブメントに付いて。ステンレスかゴールドか、機械式かクォーツ式か。タンクの購入を考える誰もが直面する問題だろう。
4. タンク マストについて。タンク マストとは?購入すべき?など、タンク マストにまつわる疑問に答えたい。
5. タンクに匹敵するモデルについて。最後は、カルティエ タンクに変わるモデルを紹介したい。タンクよりも優れていて、それでいて安価。そんなモデルだ。
では、さっそく詳しく見ていこう。”

1. 誰にでも似合うカルティエ タンクのさまざまな形

最も見慣れたタンクは、定番のレクタンギュラー型のタンク ノルマルあるいはタンク ルイ カルティエだろう。タンク ノルマルは1917年に初代モデルが考案され、文字通り、第一次世界大戦で使われた兵器であるルノー FT-17から着想を得たものだ。タンク ルイ カルティエは現代的なモデルで、ポップカルチャーに大きな影響を与えた。ちょっと変わったところなら、1921年のタンク サントレを検討したい。しかし、アイコニックではあるが、価格はかなり高額である。

Iconic, but rather expensive: the Cartier Tank Cintrée.
アイコニックだが高価:カルティエ タンク サントレ

もう少し時刻の読みやすいモデルを、と言うことなら、スクエア型が良いかもしれない。タンク シノワーズ、タンク オビュ、あるいはモノプッシャー クロノグラフなどをチェックしてほしい。

もし、角型ではなくラウンド型の時計が好きなら、ベニュワールと、レアなベニュワール アロンジェがある。そしてもっと風変わりなものが良いなら、希望小売価格が最低でも約500万円(二次流通市場ではもっと高額だ)はする、タンク アシメトリックがある。また、良心的な価格(75万円以下で見つかるはず)のサンチュールもある。もし本当のお宝を探しているなら、タンク アギシェ ジャンピングアワーこそが最高だが、この時計を見つけるのは簡単ではない。

また、カルティエ タンクには1年足らずの間に価格が3倍になったものもある。それはレクタンギュラー型、ステンレス製の、フレキシブルなカルティエ タンク バスキュラントだ。2020年9月、Chrono24上での平均価格はわずか3000ドル(当時約33万円)だったのが、1年後にはすでに9500ドル(約105万円)になっていた。

The Cartier Tank Basculante tripled in price in less than a year.
1年足らずの間に価格が3倍になったカルティエ タンク バスキュラント

2. なぜか誰にでも似合う小さな時計

カルティエ タンクのサイズについて、小さすぎるということはあるのだろうか?LMサイズのタンク ルイは幅が25.5mm、長さは37.7mmだ。タンクはドレスウォッチであり、さりげなさと優雅さこそがものを言う。筆者は大きめの時計よりも小さめの時計の方がすぐに慣れるということに気づいた。そして厚みは7mm以下に抑えたい。それくらいなら、袖口に楽々と収まるばかりか、持っている時計の中で最も着け心地の良い時計になるかもしれない。筆者がタンクの代わりに購入した時計(それが何かはこの時点では言わないでおこう)は29mmのスクエア型だが、スクエア型の時計はラウンド型のものよりも面積が大きいため、実際には35mmあるいは36mmくらいの時計のように感じられる。同じことがタンクにも当てはまる。

2つ目に、モハメド・アリがカルティエ タンクを愛用していたことに触れたい。彼は “最強” であっただけでなく、世界ヘビー級王者タイトルを持つ大男でもあった。タンクが自分の手首にどうフィットするかというより具体的なイメージについては、Googleで「カルティエ タンク 手首周り 17cm」と検索してみるといい。

では、ここで簡単なアドバイスを。タンクはほぼダークカラーのレザーストラップと組み合わされている。とてもフォーマルで、王道なのだが、かなり窮屈でもある。筆者が実体験に基づく提案をするなら、時計をより万能にするために、パーロンストラップを合わせるというものだ。2000円前後で購入でき、幅広いカラーオプションがある。時計をよりカジュアルな服装と合わせるための、ちょっとしたハイ&ローの組み合わせだが、NATOよりも上品に見え、暑い季節に汗ばみながらレザーを使わなくて済む。

3. ステンレス製タンクも許容範囲内(クオーツ式のものも!)

タンクの購入を考えた時に、最初に迷うのが、ステンレス製かゴールド製か、ということだ。ステンレス製モデルはゴールドの持つクラシックな艶やかさに欠けるが、耐久性に優れ、価格も手頃である。また、ホワイトの金属の方が映えるという人もいる。ステンレス製タンクには、ブレスレットが付属することも多い。数多くのゴールド製のタンクがあるが、ステンレス製のモデルにはタンク フランセーズやタンク ソロ、そしてソーラービートといった主要モデルがある。

Cartier Tank Divan Large Quartz in 18ct Yellow Gold
18Kイエローゴールド製カルティエ タンク ディヴァン ラージ クオーツ

次に、悩むのが機械式かクオーツ式か、という点だ。時計の世界では、クオーツ式ムーブメントよりも機械式ムーブメントが好まれるが、タンクのような2針時計にとっては秒針がカチカチと動くのは見られないため、その重要性は低い。またG-Shockに似た太陽光発電を使用するソーラービート タンクもある。このソーラービートは特に愛好家の中で評価が高く、電池式ムーブメントに付いて回る偏見を払拭するものだ。

筆者からのアドバイスは、もし頑なに手持ちの時計はすべて機械式でそろえたいと言うのなら、そうすればいい。しかしそこまで大金を使いたくない、あるいはドレスウォッチをあまり頻繁に着用しないと言うなら、クオーツバージョンを購入すれば良い。誰も気付きさえしないだろう。

4. タンク マストには他のモデルよりも良いものがある

手頃さということについて言うなら、「タンク マストとは一体何なのか?」と思っているかもしれない。なぜ普通のカルティエよりも安いのか?購入を検討すべきだろうか?その答えは、イエスだ。

タンク マストは、1977年に発売されたマスト ドゥ カルティエをインスピレーションにしたコレクションで、当時カルティエの優雅さを大衆へ届けるために開発された。実際、マスト ドゥ カルティエの時計にはクオーツムーブメントと金メッキのケースが使用されたために安価だった。この時計の裏蓋には “Argent” や “Plaque Or” など、金メッキを施したシルバーであることを意味する刻印が見られる。時計をあまり使わないなら、金メッキであることは問題ではないが、時間と共に色あせる。そして70年代後半からはすでにかなりの時間が経っている。

A Must-have: The Must de Cartier is available in different dial colors.
異なる文字盤カラーで展開されたマスト ドゥ カルティエ

そして、時を経た現在、2021年以降、美しいブルー、グリーン、レッド、ブラックの文字盤とおそろいのストラップを持つ、華やかなステンレス製タンク マストが展開されている。発売以来ファンのお気に入りであり、カルティエは “Must de” の文字を文字盤からなくし、時計は実際の価格が示すものよりも高級市場向けのように見える。

5. 市場にあるのはカルティエのタンクだけではない

カルティエ タンクの最も手強いライバルといえば、ジャガー・ルクルト レベルソである。どちらも同じように歴史的に重要であり、どちらも似たように名高いブランドだ。カルティエの方がより美しいかもしれないが、JLCは反転式ケースは言うまでもなく、機械的な専門技術という点で秀でている。どちらを選ぶかは、個人的な好みだが、もし迷うようなら、いつでもタンクを売ってレベルソを購入できるし、その後でまたレベルソを売ってタンクを購入できる。どちらも持つ価値がある時計だ。

Search for "Omega Tank" and see what happens.
「オメガ タンク」で検索し、何が出てくるか見てみよう。

周りと同じではないものを探したいなら、Chrono24でお気に入りのブランド名と、その後にアルファベットで「Tank」と入力して検索してみるといい。IWC Tank、JLC Tank、ゼニス Tank、セイコー Tank、ジラール・ペルゴ Tankなどで見つかる。また、ロンジンにも素晴らしいものがいくつもあるし、そしてロレックスも独自のヴィンテージのプリンスモデルがある(どんどん見つけるのが難しく、かつ少々高額になってきてはいるが)。

最後に、筆者のオーデマ ピゲの小さなスクエア型のドレスウォッチについてお話ししよう(ロゴから判断するに、おそらくは1990年代のもの)。筆者はタンクの代替モデルを探していた際に、この時計をChrono24で約60万円で購入した。将来いつか、文句を言わずに500スイスフラン(約8万5000円)を払い、オーデマ ピゲにリファレンスナンバーを教えてもらおうとは思うが、今はまだ、謎のままでかまわない。

Inspired by a Cartier Tank, Thomas' started his search.
カルティエ タンクに触発され、筆者が手に入れたオーデマ ピゲの小さなミステリーウォッチ

カルティエ タンクに匹敵する時計を探す際、筆者のオーデマ ピゲのような時計は探してみるとヴァシュロン・コンスタンタンやブシュロンといったブランドから数多く発売されている。ピアジェがこれまで発売したモデルの大半も、タンクに変わる選択肢となるだろう。ドレスウォッチに関して言えば、筆者は自分を表現するものだと思っている。だから、カルティエであろうと、そうでなかろうと、自分自身の心に響くものを探してみてほしい。


記者紹介

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介