2021年12月02日
 6 分

チェックすべき手頃な料金のマイクロブランド5選 (特にロレックスを入手できない方へ)

Troy Barmore
Brew-Micro-Brand-Watches-Magazin-2-1

あなたが時計愛好家で、YouTubeあるいはInstagramだけで情報収集しているなら、所有する価値のある高級時計ブランドはほんのわずかしかないような気がしてくるだろう。しかし、ほぼ見つけることが不可能な (そして見つけられたとしてもその代金を払うのはさらに難しい) ロレックスパテック フィリップオーデマ・ピゲなどによる大人気の時計の他にも、美しく、手頃な価格で、実際に購入可能な時計が山ほどあるのである。  

こういった時計を作る会社はマイクロブランドとして知られている。彼らは小規模な独立系時計メーカーであり、市場に出回る中でも非常にユニークで興味深いタイムピースを生み出している。これらのブランドはしばしば、大手ブランドが決して採用しようとしないような独特のデザインとルックスの時計を作る。というわけで、自分の時計コレクションを面白くするために通常とは異なるものを探している人や、他の時計コレクターへのプレゼントを探している人へ、現時点での私のお気に入りマイクロブランド5つをお教えしよう。 

モンタ

モンタ: アメリカンデザイン、スイス製。
モンタ: アメリカンデザイン、スイス製。

ミズーリ州はセントルイスに拠点を置き、スイスで製造を行うモンタは、非常に手頃な価格でありながらも素晴らしい仕上げのタイムピースを作っている。5つの異なるデザインカテゴリーといくつかの文字盤オプションから選択可能で、どこで何をするにもふさわしいステンレスのスポーツウォッチを探している人にとってたくさんのチョイスがある。モンタ ノーブルのドレッシーなシンプルさから、モンタ スカイクエストやモンタ オーシャンキングのより無骨な実用性まで、さまざまな人向けのモデルがそろっている (38.5mm径のタイムピースを着用できるという条件で)。素晴らしい点は、見事なディテール、美しい仕上げ、高品質のステンレススチール製ブレスレットを備える同社の時計は、全て約25万円ほどで購入できるということである。  

ブリュー

ブリューは非常に特別でありながら良心的な価格のタイムピースを作ることで名をあげた。
ブリューは非常に特別でありながら良心的な価格のタイムピースを作ることで名をあげた。

ブリューは時計コレクターコミュニティでちょっとした人気ブランドとなっている。ニューヨークを拠点とするデザイナー、ジョナサン・フェラーが所有・運営するブリューは、コーヒーブレイクのスピリットを中心に作られた。それは午後の休憩のひとときに一杯のコーヒーを味わうように、人生において上質なものを楽しみ、ディテールをじっくり味わおうという気持ちである。最初は抽象的なもののように聞こえるが、ブリューのタイムピースにはわかりやすい喜びと気楽さがある。活気あふれるレトログラフ、気まぐれなメトロなど、ブリューの時計はただもう楽しいのである。5万円前後という価格設定でこの価値を購入できるのだから、まさに否定しようがない。 

ヴェア

Vaer es conocida por producir relojes deportivos limpios y asequibles.
ヴェアはすっきりとしたデザインの手頃なスポーツウォッチを作ることで知られている。

ヴェアは2016年にカリフォルニア州ベニスでスタートしたブランドであり、もともとすっきりとしたデザインの手頃なスポーツウォッチを作ることにフォーカスしていた。初期のフィールドウォッチデザインのおかげで同社はすぐさま熱心なファンを持つようになったが、ヴェアはアンティークからインスピレーションを得たダイバーズウォッチによって本当に有名になった。彼らのアンティークのミューズには1960年代のオメガ シーマスター 300、アンティークのジャガー・ルクルト ディープシー アラーム、そしてロレックス GMTマスター “ペプシ” などが含まれる。額面通りの価格からすると、これらの時計は単なるオマージュとして片付けられてしまうかもしれないが、じっくりと見てみると、よく考えられたディテールやデザインタッチにより、ヴェアがその着想の元となったモデルとは区別できるのがわかる。さらに、ほとんどのモデルに2つのキャリバーオプションがあり、スイス製ETA、あるいは日本製ミヨタムーブメントから選べるのだ。概して、同社の時計は約4万円~15万円までという価格帯で、どんな予算額内にも収まる結果になっている。 

ブレモア

ブレモアは今回のリストで一番若いブランドである。彼らは今年これまでに最初の時計、レキシントンをリリースしたばかり。レキシントンはアールデコに深く根ざしたデザインスタイルを持つ、現在市場で入手可能なものの中でもユニークなタイムピースである。レキシントンの主要なインスピレーションは、ニューヨークにあるアールデコ建築の頂点、クライスラー・ビルの頂上の部分だ。非常に独特な、ほぼクッション型とも言えるカーブしたケースを持つレキシントンは、ダイナミックでタキシードのような文字盤と同じく特徴的な存在感を手首の上で放つ。これはスポーティーさと同じくらいにドレッシーさを、モダンさと同じくらいにアンティークさを感じられる時計である。楽しい装飾が施されたスイス製の自動巻ムーブメントが搭載されたレキシントンは、価格は985ドル (約11万円) で、ユニークかつエレガントなものを探している時計愛好家にぴったりだ。 

アウトドローモ

アウトドローモはクラシックカー愛好家にぴったりの時計を製造する。
アウトドローモはクラシックカー愛好家にぴったりの時計を製造する。

自動車愛好家と時計愛好家の世界はしばしば交わるものだ。その交差点が、インダストリアルデザイナーでありクラシックカーの熱狂的ファンであるブラッドレー・プライスによって創設された時計ブランド、アウトドローモである。ブラッドレーのクラシックカーに対する情熱は、フォードGT エンデュランス・クロノグラフ (公式認定タイムピース) から、タコメーター付きの保守的なモノポストまで、アウトドローモのラインナップを見れば明らかである。しかし、本物のアウトドローモファンにどのモデルを買うべきか聞けば、おそらく “グループ B” という答えが返ってくるに違いない。1980年代スタイルの文字盤と、見事に一体化したブレスレットを持つ定価975ドル (約11万円) のグループ Bは、おそらく自動車と時計の相乗効果を最も純粋に表現したかたちである。 

もっと読む

ギフトガイド: 男性のための時計

伝説的クロノグラフとその歴史

バットマン、ハルク、カーミットのニックネームで親しまれるロレックス時計とは?


記者紹介

Troy Barmore

私は幼い時から時計ファンでした。その熱中が始まったのは、兄のジラール ペルゴ クロノグラフを買うという目的のためだけに夏休みのアルバイトを引き受けた時です。それ以来、私の好みはヴィンテージ ツールウォッチや現代的な独立系ブランドにまで及んでいます。

記者紹介

最新記事

Rolex-Oyster-Perpetual-Rolex-Milgauss-Watches-to-be-discontinued-2023-2-1
2022年11月17日
時計アドバイザー
 9 分

2023年に生産終了となる時計とは?

Jorg Weppelink
Rolex-Explorer-and-Tag-Heuer-Monaco-2-1
2022年11月07日
時計アドバイザー
 7 分

ロレックスからカシオまで。スポーティーな女性用デイリーウォッチ

Barbara Korp
Rolex-GMT-WW-Magazin-2-1
2022年10月31日
時計アドバイザー
 8 分

過小評価されているGMTウォッチ トップ3

Jorg Weppelink