2022年03月29日
 3 分

チューダー:安価なロレックス?それとも一目置かれるべき時計?

Thomas Hendricks
03-Tudor-Magazin 2-1

1946年、ロレックス(Rolex)の創業者であるハンス・ウィルスドルフは、その王冠ブランドを人々にとってより身近なものにしたいと考えた。それで誕生したのがチューダー(Tudor)だ。今日、チューダーは独自の熱狂的なファンを獲得し、より手頃な価格帯で高レベルの品質を提供することで知られている。チューダーのダイバーズウォッチは、ブランドの特徴であるスノーフレーク針で見分けることができる。かつてフランス海軍の軍用時計として採用されたこともある時計だ。

チューダーは自社製ムーブメントとロレックス製ムーブメントのどちらを使用しているのか?

ロレックスとは異なり、チューダーのムーブメントは主にETA社などの第三者サプライヤーによって製造されている。長年にわたり、チューダーはより多くの自社製キャリバーを開発し、驚くほど耐久性のあるチューダー ペラゴスラインではチタンなどの新素材を実験的に使用している。ムーブメントはロレックスグループ製だが、チューダー専用のムーブメント。つまり、ロレックス品質のムーブメントを搭載しながらも、少しベーシックなバージョンに仕上がっているということだ。チューダーの新作は、毎年発売が待ち望まれているのが現状で、ちなみにロレックスの正規販売店でも定期メンテナンスが受けられる。

チューダー ペラゴスは、高品質のムーブメントを搭載していることで知られている。

チューダーで最もアイコニックなモデル

近年、最も広く愛されている時計のひとつが、アンティーク時計のルックスと39mmのケース、自社製ムーブメントを備えたチューダー ブラックベイ フィフティエイト。このチューダーBB58のスピリットは、技術的な面でも磨き抜かれたチューダー ペラゴスが踏襲している。チタンケースを採用し、500mの防水を実現したペラゴスは、驚くほど軽量な時計だ。

アンティーク時計では、アラーム機能を内蔵したアドヴァイザーや数万円で取引されるモンテカルロ・クロノグラフ、そしてもちろん軍とのつながりも深いチューダー サブマリーナが有名だ。映画『マッドメン』をご覧になったことがある方なら、ロジャー・スターリングの手首に見られるチューダー オイスタープリンス「タキシード」に気づいたかもしれない。

チューダーは時計業界でどんな位置づけなのか?

その使命に忠実に、チューダーの時計は数十万円で売られているが、実は一生使える時計だ。車ほど高価でない日常使いの時計をお探しなら、チューダーは候補にぴったりと言える。チューダー モンテカルロやチューダー サブマリーナのような厳選されたアンティークモデルは、非常に高価で取引されている。しかし、チューダーはこれらの時計の現代版も、一般のコレクターが手に取りやすい価格で提供している。  

チューダー サブマリーナ: ロレックス サブマリーナに代わる、手頃な価格のモデル。

ツールウォッチが好きな人なら、チューダーを間違いなく気に入ることだろう。ロレックスがラグジュアリー志向を強める中、チューダーは機能優先で過酷な使用に耐える時計を提供することに注力している。チューダーは、ロレックス並みの作り込みへのこだわりを、わずか数十万円で提供することで、強い支持を集めてきた。時計業界には皮肉屋が多いが、チューダーは心からリスペクトするに値するブランドなのである。


記者紹介

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介