2021年11月24日
 3 分

ロブ・ナッズ&バラシュ・フェレンツィとウォッチハンティング: オメガ、ギャレット

Thomas Hendricks

Chrono24ウォッチハンティングシリーズの最新記事は、1人ではなく、なんと2人の有能なハンターによるものです。ロブ・ナッズとバラシュ・フェレンツィはフラテロ・マガジンの編集者であり、WASPポッドキャストの司会者でもあります。時としてクロノグラフ中心になるこのハンターたちの会話は、複数の時代と価格帯にわたる素晴らしいモデルについて、非常に情熱的で少々騒がしいものになりました。それでは、見てみましょう。

50万円以下の素晴らしい時計

Omega Speedmaster Day Date 3520.50.00
オメガ スピードマスター デイデイト 3520.50.00

バラシュは永遠にオメガ スピードマスター プロフェッショナルのファンであり続けますが、訓練を積んだ時計技師であるロブは、もう少し複雑なものを好みます。オメガ スピードマスター デイデイトは、クロノグラフだけでなくトリプルカレンダーと24時間タイマーを含むさまざまな機能が備わる自動巻ムーブメントを搭載しています。クラシックなツイストラグ、トリチウム夜光塗料、ブレスレットの隠れたクラスプ、そして風変わりな飛行機型の日付針などのデザイン的なディテールも見どころです。これは39mmのサイズ、そして約57万円の価格の時計に詰め込むには多すぎるくらいなのです。

ファンのコーナー: レアで特別な時計

Gallet Multichron 12 "Jim Clark"
ギャレット マルチクロン 12 “ ジム・クラーク

時計愛好家はより知識を身に着けると、よりギャレットについて語るようになるもの。このミッドセンチュリーブランドは、F1ドライバーのジム・クラークが愛用していたことで有名な、マルチクロン 12モデルなどの素晴らしいクロノグラフを生み出しました。37mm径のプロポーションの良い時計は、エクセルシオパーク EP40-68ムーブメントを搭載しており、見事な経年による変色が見られます。アンティーククロノグラフ市場の人気は上がり続けており、ギャレット マルチクロン 12は「知る人ぞ知るお宝」の地位を確固たるものにしています。

アイコニックなタイムピース: 価格に対する最高の価値

Omega Seamaster Albatros” 396.0839
オメガ シーマスター アルバトロス ” 396.0839

またオメガ?とお思いでしょう。彼らはつまるところ、フラテロ・マガジンの編集者なのですからそれは当然です。クォーツ式ムーブメント?見過ごされているものは、しばしば正当な評価を受けていないもの。デジタルクロノグラフとアナログダイヤルの組合せを持つ、この1976年モントリオールオリンピックのオメガ シーマスター “アルバトロス” は、同ブランドのカタログ内においても風変わりなタイムピースです。47mm x 34mmというサイズのケースは一見扱いにくそうですが、G-SHOCKのように手首にフィットし、そのレトロでありながら未来的なデザインがクォーツショックの時代を完璧に体現しています。

もっと読む

BarkandJackのアドリアンとウォッチハンティング: お気に入りの時計と将来最も手に入れたい時計は?

ロバート=ヤン・ブルールとウォッチハンティング: チューダー、ウルベルク、オメガ

トロイ・バーモアとウォッチハンティング: セイコー 、カルティエ、ベンラス


記者紹介

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介

最新記事

2021年11月23日
 4 分

秋の時計界: 2021年秋のまとめ

Troy Barmore