2021年10月22日
 8 分

ロレックス GMTマスター: より手頃でより優れた代替モデル5選

Jorg Weppelink
Rolex-GMT-Master-II-2-1

ロレックス GMTマスター IIより良い、より手頃な代替モデルなどあるのだろうか?最初は、ロレックスの最も伝説的なタイムピースの一つの代わりとなるものなどあり得ないと思うかもしれない。1955年にデビューした、特徴的なレッド&ブルーの配色を持つこの時計は、業界のアイコンとなった。そのスター的ステータスを考えると、多くの販売されているGMTマスター IIモデルの価格が非常に高くなっていることは不思議ではない。現行のステンレススチール製GMTマスター IIの定価は104万9400円であるが、Chrono24での価格はこのロレックスのアイコンを手に入れたければ、実際にはほぼ2倍の金額を払う必要があることを示している。というわけで、私たちはこれよりも低い金額であるだけでなく、一部はGMTマスター IIよりも優れている5つの代替モデルをリストアップすることにした。では、早速見ていこう。 

同ブランド内でのオプション: ロレックス エクスプローラー Ⅱ

ロレックス エクスプローラーⅡ: GMTマスター IIよりも良い?

ロレックスのカタログ内に、一体ライバルとなるモデルがあるのかというと、それが間違いなくあるのだ。1971年にリリースされ、1985年まで生産された初代ロレックス エクスプローラーⅡは、現行のエクスプローラーⅡとは似ても似つかない。今日私たちが見慣れているデザインは、2代目エクスプローラーⅡからのもので、過去35年間においてわずかな変更しか施されてこなかった。同社はこのタイムピースを洞窟探検家のために開発した。そのために24時間表示針と24時間ベゼルを備えており、日夜の表示、また第2タイムゾーンの時刻も表示できる。これにより本質的に、GMTマスター IIと同じベース機能を持つ時計となっているのだ。 

今年の早い時期、ロレックス エクスプローラーⅡは新しいムーブメントと若干デザインが変更されたケースを得た。結果として、新しいエクスプローラーⅡ Ref.226570はGMTマスター IIと全く同じ自動巻ロレックスキャリバー3285を持つこととなった。新しいケースデザインは若干スリムによりエレガントになり、そのためにやや大型な42mmというサイズが40mmのGMTマスター IIにより近いように見える。この時計はお好みで “ポーラー” ホワイトダイヤルまたはブラックダイヤル から選ぶことが可能で、どちらのバージョンも価格は94万4900円。これらの時計もロレックスの正規販売店で入手するのは難しいが、良い点はこのエクスプローラーⅡモデルは通常、Chrono24でのGMTマスター IIよりも約80万円〜90万円ほど安い価格で購入できるということである。同じブランドによる同じムーブメントを持つモデルであり、似たようなアイコニックなルックスのエクスプローラーⅡはGMTマスター IIのパーフェクトな代替モデルだ。 

万能型プション: オメガ シーマスター プラネットオーシャン 600Mコーアクシャル GMT

より万能なGMTモデル、オメガ シーマスター プラネットオーシャン。

オメガ シーマスター プラネットオーシャンは2005年にシーマスターラインナップに加えられた現代版であり、通常のシーマスター プロフェッショナル 300Mに比べるとダイビング機能がパワーアップされている。先代のシーマスター プロフェッショナル 300MにはGMTバージョンがあったが、現行のコレクションには (まだ) ない。しかし、オメガ シーマスター プラネットオーシャン 600Mコーアクシャル GMTこそが完璧なオプションだろう。この43.5mm径の時計は、深海へのダイビング機能とGMT機能を併せ持っている。 

この時計は600mの防水機能のほか、プロフェッショナルダイバー向けのヘリウムエスケープバルブも備えている。さらに、この時計には時計業界初のブラック&ホワイトのセラミックベゼルが採用されている。この配色コンビネーションをセラミックで作り上げることは非常に難しいことで有名であるが、オメガはそれを成し遂げた。もう一つの素晴らしい特徴は、自社製オメガ マスター クロノメーター キャリバー8906であり、これはサファイアクリスタル製の裏蓋越しに鑑賞できる。多くの人々がこのムーブメントはGMTマスター IIに搭載されているロレックスのムーブメントよりも技術的に興味深いものだと見なしており、追加されたダイビング機能と共に、96万8000円で購入できるパーフェクトなオプションである。 

より優れたオプション: グランドセイコー SBGJ237

技術的にロレックス GMTマスター IIより優れたグランドセイコー SBGJ237。
技術的にロレックス GMTマスター IIより優れたグランドセイコー SBGJ237。

次のオプションは、素晴らしいグランドセイコー SBGJ237。グランドセイコーは非常に魅力的な価格帯で購入できる最高の時計を作ることで着実に名を上げている。セイコーのタイムピースはしばしば、ライバル他社のタイムピースをしのぐものであり、比類のない仕上げを誇る。同ブランドはあのザラツ研磨技術で有名であり、それこそがグランドセイコーの時計を真に見事なものにしているのだ。しかしこのSBGJ237はさらにもっといいものをそろえている。 

44.2mm径のケースはGMTマスター IIよりもかなり大型ではあるが、心配はない。これは手首の上では実際のサイズよりも小さく見える。さらに、グランドセイコー9S86ムーブメントは、GMTマスターと同じような最高の正確性を誇る、驚異的なキャリバーである。このグランドセイコーがより素晴らしいのは、暗闇で光り、この時計の特徴を見事に際立たせるルミブライトベゼルのおかげである。定価79万2000円のこのタイムピースは、GMTマスター IIよりも手頃な料金でありながら、より美しい仕上げと同じように優れたムーブメントを持つ。これはこの上なく素晴らしい真の玄人のためのオプションだ。 

よりスマートなオプション: チューダー ブラックベイ GMT

より手頃でよく似たGMTマスター IIの代替モデル、チューダー ブラックベイ GMT。
より手頃でよく似たGMTマスター IIの代替モデル、チューダー ブラックベイ GMT。

GMTウォッチにそこまで大金を払えないがロレックスとの繋がりが欲しいという人には、チューダー ブラックベイ GMTがお勧めだ。チューダーのブラックベイラインは大ヒットしており、それには2018年にリリースされたGMTエディションも含まれている。この時計は定番のGMTマスターと同じ、アイコニックな “ペプシ” ベゼルを持つ。ブラックベイ GMTと現行のGMTマスター IIとの違いは、前者の方がより伝統的なルックスだということである。魅力という点で言えば、これは1950年代、60年代のGMTマスターにずっと近いものがある。 

アンティーク的な魅力に加えて、この41mmサイズの時計にはモダンなムーブメント、チューダー キャリバーMT5652が搭載されている。この自動巻ムーブメントは、ロレックスのGMTマスター IIと同様にCOSCによるクロノメーター認定を受けている。そのうえ、この時計はブラックのファブリックストラップ、ブラウンのレザーストラップ、あるいはステンレススチールブレスレットの3つから選べるのだ。もしロレックスの価値ある代替モデルをお探しなら、ブレスレットこそが正解だ。最高なのは、チューダー ブラックベイ GMTは非常に魅力的な46万900円で購入可能だということ。これはGMTマスター IIよりもずっとお得な価格だ。 

アイコニックなオプション: パネライ ルミノール GMT

アイコニックなデザインとテクニカルな完璧さを誇るパネライ ルミノール GMT。
アイコニックなデザインとテクニカルな完璧さを誇るパネライ ルミノール GMT。

今回のロレックス GMTマスター IIに替わるモデルの最後を飾るのは、ロレックスと歴史的に関係あるブランドからのもの。パネライは1920年代、自社初のダイバーズウォッチ、ラジオミールのためのムーブメントを調達する際、ロレックスに助けを求めた。現行のラジオミールもおそらくGMTマスター IIの良い代替モデルとなるだろうが、私は今回、パネライのアイコニックなルミノール GMTを選んだ。同ブランドは数多くのGMTモデルをさまざまなサイズと異なるムーブメントで作っている。私の意見では、最高のオプションはルミノール GMT PAM00531。この44mm径のタイムピースは、ルミノールの象徴的なルックスと文字盤の外周を指し示す24時間表示の追加の針を併せ持っている。 

ステンレススチールのケース内部には、パネライの完全自社製自動巻パネライ P.9003ムーブメントが搭載され、その技術的な品質のために幅広い称賛を得ている。クラシックな外見と合わせて、GMTマスターのリリースよりも30年古い歴史を持つルミノール GMTは、完璧な選択肢である。何より素晴らしいのは、このオプションは約115万円、GMTマスター IIの定価よりも若干安い価格で購入できること (もっとも、ロレックスのタイムピースを手に入れるのに払う金額は、定価からはほど遠いものだということは全ての人が知るところであるが)。 

さて、これで全て出そろった。ロレックス GMTマスター IIの、より手頃な価格でより優れた代替モデル5本である。ロレックスのアイコンは確かに多くの人々を惹きつけるが、こうして見ると、GMTマスター IIの市場価格のほんのわずかなもので購入できるオプションは実に素晴らしい。今問うべき唯一の質問は、では一体どれを選ぶべきか?ということ。この答えを出すのはあなただ。私からは、あなたが良い決断をできるように、そして自分にとって良い選択肢を探し出せるようにと願うばかりである。 

もっと読む

編集者のおすすめウォッチハンティング丨ノモス、オメガ、ヴァルカン

アル・カポネ: マフィアのボス、慈善家、時計愛好家

ホットテイク: リシャール・ミルの時計は過大評価されている


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

ONP-568-2-1-Brand
2023年09月25日
ロレックス
 11 分

ロレックス、究極のラグジュアリーブランド

Sebastian Swart
2-1-Rolex-Yacht-Master-42
2023年07月26日
ロレックス
 6 分

ロレックス ヨットマスター 42 チタンモデル

Jorg Weppelink