2023年01月31日
 7 分

史上最も有名な腕時計10選

Donato Andrioli
Bild-1-Monaco01
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

機械式時計はまさに星の数ほどあります。中には素晴らしい歴史を持つ逸品、流行に左右されない普遍的なデザインの傑作など単なる時計を遥かに超えるものもあります。史上屈指のアイコニックな時計を10本ご紹介します。皆様のお気に入りの時計も入っていますか?

1. タグ ホイヤー モナコ

角ばったデザインと70年代独特の雰囲気。タグ ホイヤー モナコのデザインはこれから紹介する他の時計に比べると、それほど普遍的ではないかもしれない。しかし、今でも正真正銘のアイコンウォッチであることに変わりはない。ジョー・シフェールやヨッヘン・リントといった有名なレーシングドライバーが愛用し、レースの歴史を刻んできた。そして映画『ル・マン』でスティーブ・マックイーンが着用し、他にないカルト的人気を持つ伝説の時計となった。

最新のバージョンでも、モナコはひと目ですぐにそれと分かる

2. ジャガー・ルクルト レベルソ

アールデコ調のジャガー・ルクルト レベルソは、おそらくこのメーカーで最も有名な時計だろう。もともとポロ選手のためにデザインされたもので、ユニークな反転式ケースは他にはないセールスポイントだ。裏面は単に時計を保護するための裏蓋ではなく、希望によって、ここにもうひとつまったく別の顔を与えることができる。まさしくアイコンウォッチだ。

反転式ケースはジャガー・ルクルト レベルソのこれ以上ないセールスポイントだ

3. カルティエ サントス

カルティエ サントスの歴史は1904年にまでさかのぼる。飛行船の操縦中に当時の懐中時計を読むのは非常に難しいと感じた発明家のアルベルト・サントス・デュモンは、友人のルイ・フランソワ・カルティエとともに飛行中に利用できる腕時計を開発した。それ以来デュモンは飛行には必ずこの腕時計を着用するようになり、カルティエ サントスは世界初のパイロットウォッチとなった。その象徴的なデザインは1911年の発売以来ほとんど変わっていない。

ケースとブレスレットに取り付けられたビスが、カルティエ サントス独特のインダストリアルな雰囲気を醸し出している

4. ブライトリング ナビタイマー

さて、次もブライトリング ナビタイマーというアイコニックなパイロットウォッチだ。この時計は紹介するまでもないだろう。時計が本当に道具だった時代にあって、このアイコニックなクロノグラフは単に時間を表示したりタイムを測るだけのものではなかった。回転ベゼルによって、パイロットに必須の複雑な計算ができるようになった。ブライトリングは現在、このモデルにさまざまなサイズと文字盤色を用意しているが、デザインそのものは今でも他とは違う独自性を維持している。

ブライトリング ナビタイマーはクロノグラフであり、ナビゲーションツールでもある

5. ロレックス デイトナ

史上屈指のアイコンウォッチのリストにロレックス デイトナは外せない。現在、このスポーツウォッチはロレックスの中でも特に人気のあるモデルのひとつであり、市場価格は公式のメーカー希望小売価格の何倍にもなっている。ただ不思議なことに、始めからそうだったわけではない。1963年のリリース後、この伝説のクロノグラフは長らく棚ざらし品とされてきた。皆様も考えられないことだと思うだろう。

ロレックス デイトナはロレックスの時計の中でも圧倒的な人気モデルのひとつだ

6. パテック フィリップ ノーチラス

パテック フィリップ ノーチラスは、現在の高級時計のトレンドの中で大きなシェアを占めているモデルだ。1976年にリリースされた当時、気品あるジェンタデザインのこの時計は、高級腕時計部門に登場したスチール製時計の初期のもののひとつだった。一番手となった初のスチール製時計についてはこの後で紹介したい。 パテック フィリップはスチール製の高級時計という挑戦に対し十二分な結果を出し、スチール製の高級時計というコンセプトをほんの少し後押ししたといえる。

現行のパテック フィリップ ノーチラスは貴金属製モデルのみだが、もともとはスチール製の高級スポーツウォッチの草分けのひとつだった

7. ロレックス デイトジャスト

ロレックス デイトジャストは真のスタイルアイコンである。ディテールのひとつひとつが、この時計がファッション史に残る唯一無二の存在であることを世界に知らしめている。フルーテッドベゼル、象徴的なサイクロップレンズ、デイトジャストのために特別にデザインされたジュビリーブレスレットが、この時計の紛れもないトレードマークである。デイトジャストは1945年以来、ロレックスのラインアップに欠かすことのできない存在だ。デイトジャストをベースにしたロレックス デイデイトは曜日表示、プレジデントブレス、貴金属製のみといった特徴があり、デイトジャスト同様にアイコニックな時計だ。デイトジャストは数え切れないほど多くの映画に登場し、今でも群を抜いて有名な腕時計のひとつである。

ロレックス デイトジャストはさまざまなサイズや仕様で展開されており、非常に人気のある腕時計のひとつである

8. オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

1970年代初頭は高級時計といえば貴金属を使った繊細な装飾品であり、スチール製のスポーツウォッチは計器としての役割に甘んじねばならず、クォーツ危機がすでに本格化していた。このような時代に、オーデマ・ピゲは不可能を可能にしたのだ。デザイナーのジェラルド・ジェンタにスチール製の高級時計を一晩でデザインしてほしいと依頼し、それに答えたジェンタは名作を世に送り出し、不動の地位を築いた。オーデマ・ピゲ ロイヤルオークは1972年に発表された初のスチール製高級時計であり、現在でも史上屈指のアイコニックなデザインのひとつである。もしこの時計がなかったら、時計界はどうなっていただろう。

1972年に発表されたオーデマ・ピゲ ロイヤルオークは史上初のスチール製高級時計だった

9. ロレックス サブマリーナ

ロレックス サブマリーナは世界で最も多くコピーされた時計だ。時計に興味がなくても、このスタイルアイコンを見たことはあるだろう。1953年の発売以来、絶えず改良され完成度を上げてきたが、見間違うことのない個性は変わらない。ジェームズ・ボンド映画で高い知名度を得て、現在でもステータスシンボルとみなされている。そして今年この時計は70周年を迎える。ロレックスがアニバーサリーをどのように祝うのか、皆様も楽しみにしているのではないだろうか。

今年70周年を迎えるロレックス サブマリーナ

10. オメガ スピードマスター プロフェッショナル

ロイヤルオークもノーチラスもデイトナも、そしておそらくサブマリーナもその地位を揺るがすことはできない。オメガ スピードマスター プロフェッショナルは、おそらく史上最もアイコニックな時計であり、今後もそうあり続けるのだ。幾度も月面着陸に成功し、宇宙での救出作戦や、NASAとの数え切れないほどの宇宙冒険を経験した「ムーンウォッチ」は伝説的な時計となっている。普遍的なデザインは宇宙飛行の偉大な開拓時代からほとんど変わらない。手首を見れば、この伝説のクロノグラフが参加した冒険を文字通り感じることができるだろう。オメガ スピードマスター プロフェッショナルほど、偉大な歴史を誇る時計は他にない。真に伝説的な存在だ。

スピードマスター プロフェッショナルは時計の歴史そのもの

最も有名な高級時計10選

時計 リリース カテゴリー 直径
タグ ホイヤー モナコ 1969年 クロノグラフ 39mm
JLC レベルソ 1931年 ドレスウォッチ 42.9 x 25.5mm
カルティエ サントス 1911年 ドレスウォッチ 最大39.8mm
ブライトリング ナビタイマー 1952年 クロノグラフ 41mm、43mm、46mm
ロレックス デイトナ 1963年 クロノグラフ 40mm
パテック フィリップ ノーチラス 1976年 スポーツウォッチ 40mm
ロレックス デイトジャスト 1945年 ドレスウォッチ/オールラウンダー 36mmまたは41mm
オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 1972年 スポーツウォッチ 最大42mm
ロレックス サブマリーナ 1953年 ダイバーズウォッチ 41mm
オメガ スピードマスター 1957年 クロノグラフ 42mm

記者紹介

Donato Andrioli

チューダー ブラックベイ41という機械式時計を始めて買って以来、機械式時計の虜になってしましました。特に、古くて感動的な歴史を持つアイコン時計が大好きです。

記者紹介

最新記事