2022年06月10日
 8 分

新しい時計収集の世界:2022年の時計投資に向けたアドバイス3選

Jorg Weppelink
Watch-Investment-Guide-2022-Magazin-2-1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

時計収集の世界は10年前と比べるとかなり異なるものとなっている。一部の時計ブランドや特定のモデルについてはよりお手頃価格になったことは皆ご存知のところであるが、ステンレス製のロレックスのスポーツウォッチを適正価格で手に入れるのはもはや不可能なようだ。あなたはオーデマ・ピゲ ロイヤルオークパテック フィリップ ノーチラスに目を向けているだろうか?これらの定番モデルの価格はとんでもなく高騰しているため、もしかしたら先に家を売却しなければならないかもしれない。これらのアイコニックな時計の価格の急騰はここ数ヶ月で落ち着いたようだが、現在の市場価格はそれでもかなり高くなっている。 

さらに、アンティークウォッチの世界は、ここ数年本格的なコレクター向けとなっている。幅広いブランドのアイコニックなアンティークモデルを見てみると、その価格は徐々に上昇しており、中にはオークションでとんでもない価格で売却された定番モデルもある。まとめると、投資品として時計を購入したい場合には、かなりの資金が必要となる、ということだ。しかし今回は、時間の経過とともにその価値が上がるであろう時計を探す別の方法をいくつか見ていきたい。  

投資アドバイス# 1:将来アイコンとなる時計の収集を始めること

これは、時間の経過とともにその価値が上がるコレクションを作り上げる上で最も難しいアプローチの一つであることには間違いないが、おそらく最もエキサイティングなことでもある。明日の定番モデルの一つに巡り合ったことに気づいたその日の笑顔を想像してみてほしい。もしかしたらその時計は、過去の定番モデルを新しくしたものかもしれない。往年のお気に入りを収集し始めるとは、いったいどういうことなのだろうか?  

ロレックス サブマリーナ Ref.14060

ロレックスが注目の時計であることは、今や誰もが知っていることだ。しかし、価値が上がるかもしれない隠れた名品はまだあるのだろうか?もちろんである。特にヴィンテージやネオヴィンテージのロレックスモデルに関しては、価格が上昇していてもまだ手に入りやすい秘密の時計が存在する。その完璧な例となるのが、ロレックス サブマリーナ Ref.14060である。この時計の価格は確実に値上がりしているが、まだ120万円台で入手できる可能性がある。入手できれば、その価値は間違いなく維持され、おそらく上昇するだろう。ロレックスのモデルには、探せば値上がりするであろうものが結構見つかる。最新世代のモデルとアイコニックなアンティークモデルの間に隠れた時計に目を向けてみてほしい。 

オメガ シーマスター プロプロフ

今後価値が上がる時計を探すもう一つの最適な方法は、過去の定番の現代版を探すことである。良い例としては、オメガ シーマスター プロプロフがある。オリジナルのプロプロフは1970年に発売され、業界で最もアイコニックなダイバーズウォッチの一つとなった。2009年に、オメガはこの定番モデルの現代版をリリースしている。アイコニックなタイムピースの復刻版がオリジナルより優れていることはほとんどないが、このモデルは他とは違った。オメガ シーマスター プロフェッショナル プロプロフ 1200Mは、おそらくオリジナルの時計に付随するストーリーの側面を除けば、あらゆる面で新しく改良された、より良い時計となっている。しかし、デザイン、ムーブメント、素材や総合的な品質について言えば、復刻版はクラシックに勝っている。この時計は2019年に廃盤となっており、徐々に人々に認知され始めているように、この重い大型サイズの時計の価格は今後も上昇し続けることだろう。 

グリーンのオメガ シーマスター アクアテラは、新しいアイコン時計なのか?

3つ目のアプローチは最も難しく、どの時計が将来の定番になるかを予測しようとするものである。これを予測するためには、どの時計ブランドが人気で、どのモデルが時計愛好家の間で最も高く評価されているかを知っておく必要がある。時計の世界に深くのめり込み、ましては時計の “超能力者” になることを覚悟してほしい。デメリットは、当然多くの時間と労力を費やす必要があることと、成功しない可能性が高いことである。しかし、誰よりも早く定番モデルを入手できれば、その潜在的な見返りは計り知れないものになるだろう。ただ、これは一日で得られる成功ではなく、忍耐力が重要であることを忘れないでほしい。 

投資アドバイス# 2:小規模な独立系ブランドの時計収集を始めること

チャペック アンタークティック パサージュ・ドゥ・ドレーク ロアリング フォーティーズ

最近では、小規模な独立系時計ブランドへの評価も高まっている。時計愛好家のハートをつかんだお手頃価格の小規模ブランドや、注目のニッチな高級ブランドなど、小規模ブランドは全体的に人気がある。彼らの成功のカギは何なのだろうか?まず、人々は常に最新で最高のものを求めており、時計業界でも同じことが言える。時計は、有名ブランドを着用するたくさんの人々からの差別化を図るのに最適なアイテムである。一番にそこに行きつくときの興奮は伝染的だ。 

F.P.ジュルヌ:時計オークションで新記録を更新している独立系時計ブランド

さらに小規模ブランドでは、ほぼ例外なく少量生産や限定生産が行われている。これは常に特別なものを購入することを意味し、もしその特別な時計の人気が高くなれば、大きな可能性を秘めた投資をしたということになる。そこで、ここ数年の間にかなり人気が高くなった小規模の独立系時計ブランドのいくつかを見ていきたい。人気のハイエンドブランドの例としては、F.P.ジュルヌローラン フェリエH.モーザーチャペックなどがある。これらすべてのブランドは、時計製造の職人技、デザイン、素材、仕上げの点で並外れた、素晴らしいオートオルロジュリーの時計を製造している。さらに、これらのブランドはほぼ全ての時計を限定生産している。F.P.ジュルヌ エレガント、ローラン フェリエ スポーツ オート、H.モーザー ストリームライナー、チャペック アンタークティックなどの一部のモデルは、その人気上昇により価格も高騰している。 

ラヴァンチュール:投資用時計ブランドとしての可能性はあるのか?

よりお手頃な価格帯では、エキサイティングな新星ブランドが数多くあるので、目を向けておきたい。約60万円までの価格帯で非常に人気のあるブランドは、ラヴァンチュールミンである。これらのブランドの時計は、Chrono24では定価よりかなり高い価格で取引されている。さらにお手頃価格なものをお探しであれば、ウニマティック、スタジオ・アンダードッグ、HALIOS、アウトドローモを検討してみてほしい。どのブランドの時計も限定生産で、価格が高騰しているものも少なくない。ぜひ早速チェックして気に入った時計を見つけることをお勧めしたい。新しいブランドに出会い、そのブランドを応援して新しく購入した時計を楽しむときの喜びは格別だ。 

投資アドバイス# 3:金無垢、またはステンレス&ゴールドの時計の収集を始めること

Gold instead of steel watches? The Rolex Day-Date
ステンレス製ではなく、ゴールド製の時計?ロレックス デイデイト

時計収集で利益を上げるための最後のアドバイスは非常にシンプルで、それはゴールド、またはゴールドとステンレスのコンビ時計を狙うことである。まずはロレックスのアイコニックなアンティーク時計、ゴールドのデイデイトを見てみたい。このモデルは、同社の高い人気を誇る他のステンレス製スポーツモデルよりもかなり安い値段で取引されている。著者に言わせてみれば、これは完全に神への冒涜であると思う。なぜなら、金無垢のロレックス デイデイトは、これから一生使う、唯一にして最後の時計になるかもしれないだからだ。ゴールドのロレックス デイデイトの価格は、現在ヴィンテージやネオヴィンテージの一部のモデルについては約260万円前後となっている。最近では価格も上昇しているが、それでもロレックスの人気スポーツモデルにはまったく及ばない。 

The Rolex Datejust: the most classic two-tone watch?
ロレックス デイトジャスト:最も定番のコンビ時計?

さらに、コンビ時計の人気も高まっている。ロレックスはコンビ時計の王道、ロレックス デイトジャストを製造している。また、ステンレスとゴールドの組み合わせも全体的に高い評価を得ている。チューダーがブラックベイGMT S&Gを発表しているのと、アイコニックなロレックス GMTマスター ルートビアを見ればわかることだろう。ティソは、人気モデル、PRXのコンビモデルもリリースしている。将来的に価値が上昇するコンビ時計を見つけるには、ロレックスの全宇宙を探す必要があるかもしれない。しかし、時間とともにその価値が上昇する可能性がある素晴らしい秘密のロレックスはまだ存在する。 

時計収集と投資による利益の獲得には時間がかかる。時計の世界では、「クイックウィン」といった即座に成果が得られることはない。そのため、個性的な時計を探し、身につけ、その時計が特別な理由を知っておくことが大切だ。これにより収集や投資がさらに楽しくなるはずである。 


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

OFP-65-Buyers-Guide-Seiko-Prospex-2-1_JPN
2022年06月15日
ご購入ガイド
 7 分

セイコー プロスペックス SBDX001 Chrono24バイヤーズガイド

René Herold
Sumer-Watches-Magazin-2-1
2022年05月20日
ご購入ガイド
 5 分

この夏に身に着けたい時計 トップ5

Thomas Hendricks