2023年07月07日
 7 分

時計にまつわる驚きのエピソード:壮大なドラマから意外な展開まで

Donato Emilio Andrioli
2-1

今日、時計はジュエリーあるいは収集するアクセサリーとされている。しかし、時計は単に美しいだけのものでも、時刻を知らせるだけのものでもない。遭難したと思われた宇宙飛行士を地球に連れ戻し、絶体絶命の危機から人々を救い、ほぼ完全犯罪の殺人事件を解決することさえあるのだ。この記事では、実際に起こった出来事で、時計が重要な役割を果たした驚くべき逸話を3つ紹介したい。

Wir zeigen Ihnen erstaunliche Geschichten rund um Uhren
時計にまつわるドラマチックなエピソードとは

オメガ スピードマスター プロフェッショナル:生死を分けた運命の14秒

オメガ スピードマスターが多くの時計愛好家にとって最もアイコニックな時計であることには、それなりの理由がある。この時計は時代を超越したデザインであるだけでなく、NASAの公式時計として数え切れないほどの冒険や驚くべき体験をしてきたのだ。初のオメガとして宇宙飛行士ウォルター・シラーと共に宇宙を体験したことに始まり、エド・ホワイトとのアメリカ初の宇宙飛行、そして1969年の月面着陸まで、NASAの宇宙飛行士たちの腕に装着され忘れがたい出来事を数多く体験してきた。

そのスピードマスターにとって最も大きな出来事、それは1970年のアポロ13号のミッション中に起こった。当時、クルーの月面着陸が不可能となるなどとは誰も想像しなかった。長い時間、教科書通りとも言える理想的な飛行をしていたのだ。しかし、離陸から55時間54分後、安全な地球から30万km以上離れた場所で、スペースシャトル「オデッセイ」のサービスモジュール内の酸素タンクが爆発した。月面着陸はもはや不可能となり、あとはとにかく3人の宇宙飛行士ジム・ラヴェル、フレッド・ヘイズ、ジャック・スワイガートを無事に帰還させることが最大のミッションとなった。生命維持システムに電力を使うため、無線以外のすべての電源回路、ナビゲーションコンピューター、船内時計をオフにしなければならなかった。

まさにここで、オメガ スピードマスター プロフェッショナルの出番となる。大気圏再突入の際にエンジン点火のタイミングを計るために使用されたのだ。ジム・ラヴェルとフレッド・ヘイズがスペースシャトルを手動で操作している間、ジャック・スワイガートはスピードマスターで正確な点火時間をカウントした。きっかり14秒だった。

この危険な作戦は成功し、アポロ13号はなんとか帰路につくことができ、乗組員は命を取り止め、無事太平洋に着陸した。アポロ13号は「成功した失敗」と呼ばれ、今でもNASAの記念すべき歴史的出来事とされている。オメガ スピードマスター プロフェッショナルはこの時、遭難したと思われた乗組員の救出に重要な役割を果たした。

その重要な功績を讃えて、NASAはオメガ社にシルバー スヌーピー アワードを授与した。この賞は有人宇宙飛行ミッションの成功に大きく貢献した人や企業に与えられる最高の賞だ。スヌーピーとスピードマスターにどんな関係があるのか、不思議に思っていた方は、これで謎が解けたことだろう。

Die Omega Speedmaster Professional hat eine Menge erstaunliche Geschichten erlebt
多くの驚くべき物語を体験してきたオメガ スピードマスター プロフェッショナル

ブライトリング エマージェンシー:人命を救う時計

高級時計の世界では、特殊すぎる機能を持つ時計は批判的な厳しい目で見られたり、嘲笑されたりすることが多いが、ブライトリング エマージェンシーを見ると、それも肯ける。その外観と51mmという巨大な直径のおかげで、この時計は非常に奇妙な印象を与える。そしてまるでおもちゃのように見えるほど、様々な機能を盛りだくさんに装備している。

それでも危険から危険へと渡り歩く冒険家にとっては、この時計はコレクションに加えるべき絶対的なマストアイテムだろう。なぜなら、ブライトリング エマージェンシーはおもちゃなどではなく、人命を救う能力を持った時計だからだ。ブライトリング エマージェンシーのケース下部には、本物の2周波数遭難信号発信機が搭載されており、緊急用のアンテナを引き出して作動させると、凍てつく寒さの中でも炎天下でも救助を求めるための警告信号を最低24時間、陸海空を問わず発信し続け、救命救助隊に道を示す。救助隊はごく短時間のうちに遭難者が誰なのか、最後に確認された場所がどこなのかを特定することができるのだ。

2003年、パイロットのスティーブ・ブルックスとヒュー・クエンティン・スミスが極寒の南極でヘリコプターの緊急着陸を余儀なくされた時、二人はかろうじて救命ボートで脱出し、そこからスティーブ・ブルックスのブライトリング エマージェンシーを作動させた。数時間後、救助隊は遭難した2人のパイロットの居場所を特定し、外洋で2人を救出した。

この時のハッピーエンドだけがブライトリング エマージェンシーの唯一の成功例ではない。これまでに何十人もの人々がこの時計に命を救われているのだ。2003年に2人のパイロットの窮地を助けた43mm径のブライトリング エマージェンシーは、今ではかなり旧式になってしまったが、この救命時計には最新モデルもある。

Diese aktuelle Breitling Emergency kostet ca. 13.000 €, die lebensrettende Uhr aus 2003 ist bereits unter 5000 € zu haben.
現行のブライトリング エマージェンシーは約200万円だが、2003年の救命劇を演じたモデルは80万円以下で購入できる

ロレックス オイスター パーペチュアル デイト:「ロレックス キラー」の犯罪を暴いた時計

現在「ロレックス・キラー」として知られるアルバート・ジョンソン・ウォーカーは、カナダ出身の詐欺師だった。高校を中退したウォーカーは、詐欺で数百万ドル(数億円)稼いだ後イギリスに逃亡し、デビッド・W・デイビスという名で新しい人生を築こうと、ロナルド・ジョセフ・プラットとともにテレビ修理会社を設立した。

長い時を経て、ビジネスパートナーであり友人であったプラットは自身の大きな夢を叶え、妻とともにカナダに移住したが、その時ウォーカーはプラットに、出生証明書や運転免許証等の重要な書類をすべて会社のために置いていくよう頼んだ。そしてなんと、実際にはプラットになりすまし、ロナルド・ジョセフ・プラットとしてイギリスでの生活を続けていた。

しかし、本物のプラットは生涯の夢が破れて、1995年に妻とともにイギリスに戻ることを決めた。ウォーカーにとってこれは一大事。ロナルド・ジョセフ・プラットがイギリスに2人いることになってしまうのだ。そこでウォーカーは本物のロナルド・ジョセフ・プラットを始末することにした。1996年7月20日に釣りに出かけた先で、友人でありビジネスパートナーであったプラットを殺害し、海に投げ捨てた。2週間後、漁師たちがプラットの遺体を発見した時、警察は途方に暮れた。時間の経過によって遺体は身元が分からない状態だったのだ。

しかし、プラットが生前腕に着けていたロレックス オイスター パーペチュアル デイトはそのままの姿で腕に残っており、アルバート・ジョンソン・ウォーカーの犯罪を暴くことになった。この防水時計の48時間パワーリザーブと日付表示のおかげで、警察はプラットの死亡時刻を正確に特定することができた。さらには、時計のシリアルナンバーから持ち主を調べ、遺体の身元を確認することもできたのだ。ロナルド・ジョセフ・プラットのオイスター パーペチュアル デイトのおかげで、アルバート・ジョンソン・ウォーカーの犯行が証明され、ウォーカーには終身刑が言い渡された。

Dank der Rolex Perpetual Date konnte der „Rolex-Killer“ Albert Johnson Walker überführt werden
ロレックス パーペチュアル デイトのおかげで「ロレックス・キラー 」アルバート・ジョンソン・ウォーカーの犯行が証明された

記者紹介

Donato Emilio Andrioli

チューダー ブラックベイ41という機械式時計を始めて買って以来、機械式時計の虜になってしましました。特に、古くて感動的な歴史を持つアイコン時計が大好きです。

記者紹介

最新記事

お手頃価格のブライトリング4選
2024年02月22日
時計モデル
 6 分

80万円以内で購入可能なブライトリング4選

Donato Emilio Andrioli
2-1-Top-3
2024年01月17日
時計モデル
 9 分

ロレックス以外のエクスプローラーダイヤル時計5選

Sebastian Swart
ONP-783-2-1
2024年01月16日
時計モデル
 7 分

ピンクの文字盤を持つ時計の魅力

Pascal Gehrlein