2021年08月09日
 7 分

時計への投資: 時計の購入に「ベスト」なタイミングはあるのか?

Jorg Weppelink
CAM-1816-Best-Time-to-invest-in-Watches-Magazin-2-1

Investing in Watches: Is there ever a “best” time to buy a watch?

お金を時計に投資することに興味があるなら、あなたは時計の売買でお金を稼ぎたいと考えている多くの人々の一人だ。私からのアドバイスは、他の人たちと同じようにすることだ。そして、どのようなブランドやモデルが投資に適しているのか、よく下調べをすること。すると、時計で手っ取り早く儲けるのは、そう簡単ではないことがすぐにわかるはずだ。  

時計は良い投資となり得るのか? 

そうは言っても、本当に時計に興味があるのであれば、そう、楽しみながらお金を稼ぐチャンスがあるのだ。あるいは、憧れの時計を買って自分に投資してみるのも良いのではないか?投資からお金を得たいのか、価値のある時計を探しているのか、どちらにしても「時計を買うのに最も適した時期はいつなのか?」という疑問が残る。本音を言えば、「まさに今!」なのだ。  

時計への投資: 長期投資 VS 短期投資 

まず、最も重要なことは、あなたが長期的な収益を求めているのか、それとも短期的な収益を求めているのかである。手っ取り早くお金を稼ぎたいのであれば、ロレックス、パテック フィリップ、オーデマ ピゲ、リシャール・ミルなどの人気モデルを購入するのが良いだろう。これらのブランドは、今最も注目されており、人気のあるモデルは一般的に小売価格の2〜3倍で販売されている。  

しかし、すぐに最大のハードルにぶつかる。それは、その異常な価格で投資できるかどうかである。ましてや、同じように高級時計を売って儲けようとしている人たちと一緒に、「ストックウォッチ」の世界に身を投じることになるのだから。言い換えれば、「価格が上がり続けることを期待する」ということになる。Chrono24でパテック フィリップのノーチラス5711/1Aオーデマ ピゲのロイヤルオーク 15202ST、ロレックス GMT マスター II「バットマン」、最新のロレックス サブマリーナなどの人気モデルを分析してみると、それらの価格が徐々に下がってきていることがわかる。だからこそ、これらのモデルを手に入れて時計投資の世界に飛び込む前には、よく考えて、下調べをしておくことを強くお勧めする。

ロレックス GMT マスター II バットマンの価格は、現実の厳しい世界に戻ってきている。
ロレックス GMT マスター II バットマンの価格は、現実の厳しい世界に戻ってきている。

腕時計への投資のタイミング 

では、時計に投資すべきタイミングはいつなのか?きちんと調べてみると、別の投資方法として、人気モデルの製造中止を予想する方法があることがわかる。例えば、ロレックスやパテック フィリップなどのブランドが新作を発表する直前になると、消費者やグレーマーケットのディーラーは、これらの会社がどのモデルを廃止する可能性があるかを推測する。この場合、そのモデルをできるだけ多く購入して、公式発表の際に儲けようとするのだ。  

時計に投資するには当然ながら多額の資金が必要であり、実際、これによりかなりの損失を被る可能性がある。2021年にその一例が見られたのは、グリーンの文字盤を持つ18金のロレックス デイトナ (=「ジョン メイヤー デイトナ」) が製造中止になると予想していた人が少なからずいたことだ。このモデルの価格は、 ロレックスが新モデルを発表する2021年の「Watches and Wonders」の直前に一気に高騰した。結局、ロレックスはこの「ジョン メイヤー」モデルを廃盤にしなかったため、憶測でまともな金額を失う人が出てきたのだ。 

長期的な投資 

しかし、これらの短期的な投資アイデアは、より多くのお金を稼ぎ、その過程でより多くの楽しみを得ることができる可能性のある投資を無視している。なぜか?それは、長期的な視点で投資を行うと、そのブランドにどっぷりと浸かることができ、コレクターズアイテムとしての価値や、他の人が考える将来の名作を研究することができるからで、これは現行モデルと旧世代のモデルで可能である。例えば、ヴィンテージモデルには、将来の価値上昇を予感させるものがある。時計のアイコン化が進んでいるだけでなく、ヴィンテージ時計への投資が盛んになったことで、ロレックス、オメガ、ブライトリング、ロンジン、タグ・ホイヤーなどの人気ヴィンテージモデルが爆発的に値上がりしている。 

デイトナのように、価値が大きく上昇しているヴィンテージ時計もある。
デイトナのように、価値が大きく上昇しているヴィンテージ時計もある。

どのような時計やブランドが価値を高めるのか? 

長期投資するブランドを探すには、いくつかのアプローチがある。ここでは、投資用として最適な腕時計を紹介していく。  

  1. 人気ブランドの人気モデル。ここに挙げたブランド以外にも、コレクターに人気のあるモデルを持つブランドは少なくない。これらの時計の現行モデルは、時間が経っても人気が衰えないだろう。オメガのスピードマスターやシーマスター、ブライトリングのナビタイマー、チュードルのブラックベイ フィフティエイト、IWCのビッグパイロットなどだ。果たしてこれらの時計は、堅実な投資対象となるだろうか?それは時間が経ってみないとわからない。しかし、これらのモデルは現在高い需要があり、以前のモデルのなかにはアイコニックな地位を確立しているものもあるので、その可能性は十分にあるのだ。

 

  1. 限定モデル。正直に言うと、時計業界は「限定版」というラベルを徹底的に追い込んできた。しかし、特別な限定モデルがコレクターの注目を集めていることに変わりはない。オメガのスピードマスター プロフェッショナル “シルバー スヌーピー アワード”、タグ・ホイヤーのカレラ グリーン、ブライトリングのクロノマット フレッチェ トリコローリ、IWCのパイロット ウォッチ クロノグラフ エディション “トリビュート・トゥ・3705” など、人々がこれらの時計を欲しがるのは、それぞれの時計にユニークなストーリーがあり、生産数が限られているからである。そのため、これらの時計は長期的な投資に適しているのだ。

 

  1. コレクターブランド。3つ目の方法は、「インサイダー」と呼ばれるブランドを知ることだ。これらのブランドは、時計愛好家がその素晴らしい職人技を評価するハイエンドブランドだ。これらのブランドは、非常に限られた数の時計を生産しており、熟練した職人の小さなチームが手作業で製造している。このようなブランドは、ユニークなものを提供することで、顧客に独占的な感覚を与えることを好む。MB&F、F.P. ジュルヌ、フィリップ・デュフォー、チャペック、H.モーザーなどがその例だ。これらの時計メーカーは、素晴らしい長期投資の可能性を秘めた、最も優れた高級時計を製作している。しかし、これらの時計を手に入れることは、決して簡単なことではなく、これらの時計メーカーの少数の信頼できる顧客の一員にならなければならないことが多いのだ。

 

  1. これからの人気ブランド。時計投資の可能性を持つ4つ目のグループには、少なくとも当面は、より手頃な価格であることが多い「新進気鋭」のブランドが含まれる。優れた時計を提供することで名を馳せ始めている小規模な企業がいくつかあり、多くの場合は少量生産されている。この例には、ウニマティック、ミング、ラヴェンチュール、アクアスターなどが挙げられる。これらのブランドの時計には熱狂的なコレクターが増えており、発売されると数分で売り切れてしまうこともしばしばあるのだ。その価値は高まるのか?コレクションとしての価値が上がることは間違いない。しかし、一夜にしてお金が入ってくることはないだろう。これらのブランドは非常に歴史が浅く、長期的な価値の維持が可能かどうかはわからないのだ。

全体的に見ると、時計に投資することで何を得たいのかを考えることが大切だ。手っ取り早くリターンを得たいのであれば、私が紹介したブランドの今話題の時計に投資し、同じ考えを持つ多くの投資家の間をすり抜けなければならない。しかし、もしあなたが長期的な投資をしたいと考えているなら、それも素晴らしいことである。投資の対象となるブランド、その時計、そしてそのコレクターをよく知ること。これにより、そのブランドや時計にまつわる素敵なストーリーに出会えるかもしれない。すると、どんな道を選んでも、単なる投資ではなく、本当の意味での情熱が湧いてくるはずだ。

もっと読む

「安定した価格を持つ60万円以下の時計3本」を再検証する

フランク・シナトラとブローバ、変わらぬ絆

ロレックス: アルトーと彼のロレックス デイトジャスト


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

2021年12月01日
ライフスタイル
 5 分

ギフトガイド: 男性のための時計

Chrono24
Review_Chronographs
2021年11月30日
 2 分

伝説的クロノグラフとその歴史

Pascal Gehrlein