2020年06月17日
 10 分

時計ムーブメントメーカー: 入門者のための概要

Tim Breining
Sinn 103 Sa B E.008 2_1

時計ムーブメントメーカー: 入門者のための概要, 写真: Bert Buijsrogge

高級価格帯における自社製ムーブメントのトレンドが継続される一方、大部分の手頃な時計には大量生産される汎用ムーブメントが使用され続けている。初心者が検討している時計の購入をより正確に見定めようとする場合、数多く存在するサプライヤーおよびブランド固有のムーブメント名称はややこしく感じられるだろう。そのため、この記事では重要なサプライヤーと有名なムーブメントをわかりやすく紹介したい。 

 

ETA 

いわゆる「独占企業」としての時代は過ぎ去ったが、スウォッチグループ傘下のETAは今でもスイス製機械式ムーブメント市場の大手プレイヤー。同社の始まりは、歴史的ムーブメントメーカーであるFHF (Fabrique d’Horlogerie de Fontainemelon) とAS (Adolph Schild) の1926年に行われたエボーシュSAへの統合まで辿ることができる。後にETAという名前になったのは時計会社ETAからの分裂に遡るが、エボーシュSAは破壊的な価格競争を阻止するために多くのムーブメントサプライヤーを1つにした。そして、これ323がETAが現在も提供しているムーブメントの様式および名前が全く異なっている理由でもある。プゾー、バルジュー、ユニタスなどの名前は、それらのムーブメントがもともと独立した会社によって開発されたことを今でも物語っているのだ。 

おそらく最も有名でよく目にするETAムーブメントは2824-2だろう。これは日付表示付きの3針自動巻きムーブメントで、28はムーブメントのシリーズを表し、残りの2つの数字は機能およびコンプリケーションを示している。例えば2836-2はデイデイト機能を搭載しており、2801-2は日付表示なしの仕様となっている。 

もう少し高い価格帯で広く使用されているのはETA 2982。このムーブメントは中央の大きなローター軸受によって見分けることができ、2824-2よりもフラットである。タグ・ホイヤーでは2892ベースの「キャリバー7」が使用されており、ミューレ・グラスヒュッテやユリスナルダンにおいてもこのムーブメントを見つけることができる。 

ETAのバルジュー7750は最も有名な機械式クロノグラフムーブメントであり、懐中時計用ムーブメントから派生してできたユニタスシリーズは大型ケースに適した機構である。小さな薄型手巻き式ムーブメントであるプゾー7001は、とりわけ過去数十年間のコンパクトな男性用時計によく使用された。ルイ・エラールは長年このムーブメントの上顧客であり、モジュールを組み合わせたプゾー7001が同ブランドのレギュレターモデルを駆動している。 

 

大型ケースのトレンドはETA バルグランジュ シリーズの発表とともに始まった。A07.111などわかりにくい名前が付けられた機構はバルジュームーブメントを基に作られており、非常に大きな直径を持っている。 

数年前からスウォッチグループのブランド用に定番の2824-2をベースとした新型キャリバーも登場しており、例えばC07.111という公式名称のキャリバーはパワーマティック80という名で商品化されている。このムーブメントは80時間のパワーリザーブを誇り、ティソではシリコン製コンポーネント付きでも提供されている。 

また、通常ムーブメントは異なる仕上げグレードで手に入れられることも重要な点だ。伝統的にはスタンダード、エラボレート、トップ、クロノメーターがあり、このグレードは表面処理にかかる手間とより優れた調整、およびクロノメーター検定書の有無に結び付けられている。これに関して、メーカーによる表示があるならば、きちんと確認しておくべきだろう。 

 

 

数年前に発表されたばかりの自動巻きムーブメント、システム51も忘れてはいけない。このムーブメントは同名のプラスチック製スウォッチ時計に初めて採用された。後から調整できず、プラスチック製の脱進機モジュールが使用され、製造が完全に自動化されたムーブメントは、こだわりの強い人々の共感をあまり得ることができなかった。しかし、この80時間のパワーリザーブを誇るムーブメントは現在メタルケース内でも時を刻んでおり、外観的にも技術的にも改善された「スイスマティック」と呼ばれるムーブメントも同名のモデルで使用されている。 

 

セリタ

セリタは会社としてすでに1950年代から存在しているが、自らマーケティングを行う独立したスイスムーブメントメーカーとなったのは2003年で、それは第三者企業へのETAによる供給停止がもう時間の問題にすぎないと思われた時であった。製造されるムーブメントの原型のほとんどはETAムーブメント。関連する特許の有効期限はずいぶんと前に失効している。ベストセラーであるセリタSW 200は2824-2に、SW 300は2892に対応しており、SW 500はバルジュー7750のクローンである。さらに、セリタはETAの有名な4つの品質グレードもSW 200において用意しており、昔のETAの顧客に完璧な代用品を提供している。

 

Zu Besuch bei Sellita 2018 
2018年のセリタを訪問

小さな変更点はそこここに見ることができるが、機能と信頼性に関してセリタムーブメントは原型となったムーブメントに引けを取っていない。時計ムーブメントの供給状況は常に安定しているわけではないため、いくつかの時計メーカーは現在の市場状況に応じてETAまたはセリタのムーブメントで時計を提供している。 

大量生産向け独自ムーブメントの将来的な開発はすでに考えられており、2019年に行われた製造面積の拡張は、セリタがそのための意思と資金を持っていることを予想させる。 

セリタについてより詳しく知りたいのであれば、Chrono24のYoutubeチャンネルで製造現場を垣間見られる2018年の訪問動画をご覧いただきたい。さらに、「時計業界の重要人物」シリーズのその他の記事では、セリタの幹部であるセバスティアン・チャルモンテのキャリアをドキュメントした。 

セイコー

セイコーのムーブメントは自社グループの時計だけでなく、数多くの国際的ブランドの手頃な自動巻き時計で最も頻繁に使用されている機構の1つである。 

セイコーは19世紀後半に創業された服部時計店に端を発する、非常に多角化され、独立して経営されている営業部門を持つ企業グループである。TMI (タイムモジュール) はほとんどその名を知られていないセイコー子会社で、セイコーのムーブメントを異なる名前で第三者企業に売り込んでいる。TMIのベストセラーはおそらくNH35で、これはセイコーモデルでは4R35と呼ばれる。日付表示とストップセコンド機能付きで、手動巻き上げ可能な3針自動巻きムーブメントは手頃なオールインパッケージであり、1万円以内の時計で見ることもできる。 

 

Seiko Ref.SRP704 mit Kaliber 4R35 
セイコー Ref.SRP704、キャリバー4R35搭載

 

手が届く範囲で技術的に優れた機械式クロノグラフ (垂直クラッチとコラムホイール!) をお探しであれば、非常に珍しいTMI NE88を搭載した時計をチェックしてみるといいだろう。このムーブメントはセイコークロノグラフキャリバーの8Rxxに相当する。 

 

シチズン ミヨタ

シチズンも日本の大手企業グループ。シチズンの名前は大量生産されるクォーツ時計とソーラー時計の有名なエコ・ドライブ シリーズで知られているが、ミヨタは大量生産される機械式ムーブメントの製造を担当している。 

何十年も前から製造されている3針自動巻きムーブメント、ミヨタ821Aおよび8215は極小ブランドやよく知られたブランドの安価モデルに堅実なオプションを提供している。しかし、この機構にはストップセコンド機能が搭載されていないため、少なくともセイコーのNH35が市場に登場して以来、時計ファンの間での人気を失っていた。2009年、高まる要求に応えるためにミヨタはストップセコンド機能、より上品な外観、コンプリケーションのための十分なパワーを備えたミヨタ9015を発表した。しかし、9015を手に入れるには入門機クラスの価格を少々超える予算を用意する必要がある。 

その他のムーブメントメーカー

以下では、時計入門機においては珍しいが無視できないメーカーを簡単にご紹介する。 

 

海鷗 

中国のムーブメントメーカーは西洋の時計愛好家の中で長年軽視されていた ― 天津海鷗がST19 (歴史的クロノグラフムーブメントであるバルジュー175のクローン) によってカルト的ヒットを起こすまでは。海鷗の自社モデルもバルチックウォッチのような若手ブランドも、このレトロなムーブメントによって西洋での成功を享受している。 

 

963 Re-Issue Red Star Chronograph mit Kaliber ST1901 
1963 Re-Issue レッドスター クロノグラフ、キャリバーST1901搭載

 

STP 

スイス・テクノロジー・プロダクションはフォッシル グループ傘下のムーブメントメーカー。クォーツムーブメントを搭載したファッションウォッチで有名な同社は実際のところ機械式ムーブメントも製造しており、第三者企業に販売している。ドイツのソーシャルメディアで大きな存在感を持つブランド、シュテルングラスは同ブランドのモデルの1つに有名なETA 2824-2と同じ構造のSTP 1-11を採用している。 

 

ロンダ

信頼性の高いスイス製クォーツムーブメントで有名なロンダは、2016年の発表後、完全に新しい設計に基づく機械式ムーブメントの製造を再開した。今のところロンダ メカノ R150を市場で見かけることは稀だが、スイス製と日本製の定評あるベストセラーに並ぶ地位を獲得できるかどうか、非常に楽しみな存在である。 

 

ムーブメントを見分けるための一般的なヒント

時計に実際に搭載されているムーブメントを突き止めることは、時にそんなに簡単ではない。多くのブランドは汎用ムーブメントを紛らわしい固有名によって自社製ムーブメントであるかのように演出している。しかし、多くのブランドはムーブメントに独自の改造を施し、追加のモジュールを取り付けたり、ムーブメントをその他の方法で仕上げたりするため、独自の名前が付けられるという正しい理由もあり、この場合は価格が高いのも頷ける。購入者として、何が提供されるのかしっかりと確認し、見極める必要があるだろう。 

不明な点がある場合、ムーブメントの写真、またはシースルーケースバック越しの写真、インターネットのフォーラムおよびムーブメントデータバンクも役立つ。特定のモデルに取り付けられている特定のムーブメントの、その他の名前やブランドが見つかることも珍しくない。写真が1枚しかない場合は、特に目立つディテールに注意し、写真をここで紹介されている「定番モデル」と比較することも可能だ。 

もっと読む

自社ムーブメントとは?

ETAのムーブメント: 素晴らしく信頼おけるムーブメント?または心ない大量生産?


記者紹介

Tim Breining

2014年に工学部の学生であった際に、時計への興味を見いだしました。初めはちょっと興味があった時計というテーマは、徐々に情熱に変わっていきました。Chrono24 …

記者紹介