2021年09月03日
 10 分

時間厳守を約束する高精度な時計

Chrono24
Be late for something day-2-1

「立ち止まってバラの香りを楽しむ。そんな時間はないと思っている人が大多数だろう。しかし今日だけは少しゆったり構えてもいいじゃないか」これは2016年にこの世を去ったアメリカのカリスマ・アドマン、レス・ワースの言葉だ。もしあなたにとって時間厳守が何よりも大事で、そのために日常生活でも常に自分を律しているのであれば、この言葉はまさにあなたのためのものだろう。ワースは、アメリカでは誰もが知っているソフトクリーム「ミスター・ソフティー」のジングルを作曲した人物であり、1956年にペンシルバニア州で設立された「Procrastinators’ Club of America (全米先延ばし魔クラブ)」の共同設立者であり、会長でもあった。

95日日曜日「Be Late For Something Day」を祝うため、このクラブは遅刻、怠惰、先延ばしを良しとするすべての人々のためのイベントを開催している。あなたも今日は少しゆったり構えて、自分自身や自分の趣味のために時間を割いてみてはいかがだろうか。例えば、この記事をじっくり時間をかけて読むのもいいだろう。なにしろ今日ご紹介する時計は特に高精度で、これさえあれば1年の残りの日々を時間厳守で過ごすことができるのだから。

我々時計愛好家にとって、デザイン、機能性、名声と並んで、当然ながら時計の精度も非常に重要だ。せっかく立派な時計を腕にしていても、そのムーブメントが間違った時刻を表示していては意味がない。クォーツ式の電波時計は、もちろん精度の高さでは誰にも負けない。受信機能によって、送信局の送る標準電波と同期する。すべて自動で機能しており、理論上時間偏差は100万年に1秒しかない。一方、機械式時計のメーカーも、キャリバーの精度をあげるために、これまでさまざまな工夫をしてきた。本稿ではその中からいくつかをご紹介したい。まずは、伝統あるドイツのメーカーであり、早くから電波時計の技術に取り組んできたユンハンスの時計からはじめよう。

1.     ユンハンス マイスター メガ: 電波自動修正機能で非常に高精度

ユンハンス「マイスター メガ」シリーズの時計は、非常にシンプルでクラシックなデザインと高精度な電波技術を組み合わせている。リファレンス58/4801.00もこのシリーズのモデルであり、ケース径38.4mmのステンレス製で、手首の細い方にもお勧めだ。自社開発した電池駆動の電波式ムーブメントJ101.65を搭載し、リューズまたはユンハンス メガ アプリを使って調整できる。ただ、上述したように、それが必要になるのも理論的には100万年に一度だけだ。30m (3気圧) 防水で、ドーム型の硬質なプレキシガラスが標準仕様となっている。この時計を選んだら、友人やビジネスパートナーに待ちぼうけを食わせてしまった場合、まったく言い訳ができなくなるが、これだけの精度と普遍的なデザインを10万円程度で手に入れられるとは、素晴らしいことではないか。

Classic, elegant, and radio-precise: the Junghans Meister Mega
クラシック、エレガント、そして高精度: ユンハンス マイスター メガ

ユンハンスの「フォース メガソーラー」シリーズは環境に優しい時計だ。Ref.18/1000.00をはじめ、このシリーズはソーラーエネルギーを利用しており、外観はマイスター メガよりもはるかにスポーティーでモダンだ。同様のモダンなアプローチが40.4mm径のケースにも見られ、ポリッシュ仕上げのブラックセラミックが使用されている。また、このモデルには多周波電波ソーラームーブメントJ615.84が搭載されている。最長21ヵ月のダークパワーリザーブ機能を備えており、手動での設定も、ユンハンス メガ アプリを使用しての設定も可能だ。ユニークなデザインと最新技術が12万円前後で手に入る。

Runs for up to 21 months, free of (re)charge: the Junghans Force Mega Solar
最大21ヶ月のダークパワーリザーブ機能搭載: ユンハンス フォース メガソーラー

2.     オメガ ダイバー 300M コーアクシャル マスター クロノメーター

秘密諜報員にしてスーパーヒーローのジェームズ・ボンドは死ぬ暇もないほど忙しい。コロナの影響で何度も公開が延期されたボンド映画の最新作 (ダニエル・クレイグ主演) のタイトルがそう言っている。101日に公開予定の007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、ボンドが再びオメガ シーマスターを着用している。007エディションとしてオメガが用意したシーマスター 300M コーアクシャル マスター クロノメーターだ。

オメガからマスター クロノメーター認証されているムーブメントは特に耐久性があり、高精度だ。マスター認証を得るには、スイス連邦計量・認定局 (METAS) のさまざまな試験に合格しなくてはならない。スイスクロノメーター検定公式機関COSCの基準をはるかに越える厳しさで、METASでは10日以上かけて合計8つの試験を実施する。コーアクシャルキャリバー8806を搭載したシーマスター 300Mもこの試験を受けた。日差わずか0/+5秒と非常に精度が高いだけでなく、このムーブメントは最高15000ガウスの磁場にも耐えられる。

現行のシーマスター 300M ボンドエディションリファレンスナンバーは210.92.42.20.01.001だ。チタン製の42mm径モデルには、モダンな要素と初期のシーマスターモデルを彷彿とさせるアンティーク感が巧みに組み合わされている。特にブラウンの文字盤とアンティーク調の蓄光塗料が印象的だ。他のシーマスターとは異なり、ベゼルリングにセラミックではなく、昔ながらのアルミニウムが使用されている。6時位置の上にある、いわゆる「ブロードアロー」が、この時計のミリタリーなキャラクターを強調している。この矢印はイギリス政府がその所有物に使う目印だ。

007のファーストチョイス: オメガ シーマスター300M ジェームズ・ボンド エディション映画の公開に合わせてこの時計を手に入れたいのなら、価格は約95万円となる。

3.     ジャガー・ルクルト マスター コントロール メモボックス

スイスの伝統的なブランドであるジャガー・ルクルトは、1950年代初頭からアラーム機能付き自動巻き高級時計の開発をリードしてきた。そしてメモボックスという名前で発売し、何十年にもわたって大きな成功を収めてきた。1992年に発表された「マスター」コレクションには、人気の高いアラーム機能を搭載したRef.4118420がある。この時計の正確さの秘密は何だろうか。このモデルは、ジャガー・ルクルトの時計すべてに課される「1000時間コントロールテスト」を受けている。これは内部検査プログラムで、41日間にわたって行われ、時計の精度、耐圧性、耐衝撃性、耐磁性が試される

マスター コントロール メモボックスの実用的なアラーム機能は、寝坊したり、時計を見るのを忘れたりする人にお勧めだ。ケースの右側にある2つのリュウズが特徴で、上のリューズで希望のアラーム時刻や日付を設定し、下のリューズでムーブメントの巻き上げや時刻調整ができる。こういった機能がすべて、45時間のパワーリザーブを持つ自社開発キャリバー956に搭載されているのだ。マスター コントロール メモボックスは直径40mmで非常にエレガントなデザインであり、ドレスウォッチとしても最適だ。価格は約120万円だが、上品さや精度、そして機能性を考えると、それだけの価値は十分にある。

Timeless, elegant design: the Jaeger-LeCoultre Master Control Memovox
普遍的でエレガントなデザイン: ジャガー・ルクルト マスター コントロール メモボックス

4.     ブライトリング エアロスペース エヴォ: 高精度な多機能時計

高精度なツールウォッチを探しているブライトリングファンには、ブライトリング エアロスペース エヴォ (Ref. E79363101C1E1) がお勧めだ。アエロスペースモデルに搭載されているのはスーパークォーツ キャリバーB79。スイスの公式クロノメーター検査機関 (COSC) の認定を受け、平均的なクォーツムーブメントに比べて最大10倍の精度を持っている。数字にすると、1日で0.07秒、1ヶ月で2.1秒、1年で約25秒だ。また、非常に堅牢で、温度補正機能を備えているため、極端な温度変化があってもムーブメントの動きが乱れることはない。また、最大100m (10気圧) 防水を備え、水泳にも問題なく使用できる。

エアロスペース エヴォは高い精度に加えて、どんな状況でも対応できる実用的な機能を備えている。例えば、1/100秒単位の正確さで計測するクロノグラフ機能、4年分をプリセットできるデジタルカレンダー、タイマー、アラーム機能、第2タイムゾーン、ミニッツリピーターなどだ。これらの機能はアナログとデジタルで表示される。また、43mm径のケースとブレスレットにはチタンが使用されているため、非常に軽量なのも嬉しいところだ。価格は約35万円だ。

Precise, functional, and robust: the Breitling Aerospace EVO is a tool watch that can do it all
高精度で機能的、そして堅牢: ブライトリング エアロスペース エヴォはまさに多機能ツール

5.     ブローバ アキュトロン スペースビュー: 月差+/-5秒

ブローバは1875年から続く時計メーカーだが、特に1960年代には電磁制御のアキュトロン音叉時計で大いに注目を集めた。このムーブメントは後に続くクォーツムーブメントの先駆けとされており、当時すでに非常に精度が高かった。この技術の特徴は、通常の電池式時計のように秒針がジャンプせずに文字盤上を移動することだ。実際、機械式時計よりもはるかにスムーズな動きを実現している。これは周波数によるもので、機械式ムーブメントは通常4Hz程度の周波数で動いているが、このムーブメントの周波数は300~720Hzである。アキュトロンシリーズの代表的なモデルとして、1960年に発売されたアキュトロン スペースビューが挙げられる。このモデルは特殊な技術に加えて、文字盤が存在しないことで注目を集めた。風防ガラスの向こうには、電磁式キャリバーの全貌が見えたのだ。

2020年、スペースビュー誕生60周年を機に、ブローバはこの型破りで魅力的な時計のスペシャルエディションを300本限定で発表することを決めた。スペースビュー2020 (Ref.2ES6A002) は、見た目は初代モデルに似ているが、純粋に技術的な観点から言えば、まったく新しく開発された時計なのだ。シチズン/ミヨタが開発したキャリバーNS30-Y8Aが搭載されており、月差わずか+/-5秒と非常に精度が高い。最初のアキュロン キャリバーと同様に、静電誘導で駆動するこのムーブメントでも、文字盤上を移動する秒針の動きは滑らかだ。スペースビューは直径43.5mm、ステンレススチール製。価格は55万円前後。

Spaced out: The Bulova Accutron Spaceview 2020 is powered by an electrostatic movement
世界初: 静電エネルギーで動くムーブメントを搭載したブローバ アキュトロン スペースビュー 2020

もし本稿を読んでいて大事な約束に遅れそうになったら、自信を持って今日が「Be Late For Something Day」だと言えばいい。それ以外の日には、どんな状況でも時間厳守を保証してくれる、本稿紹介の時計たちをお勧めする。

もっと読む

ジュネーブ・ウォッチ・デイズ 2021の新作

ジュネーブ ― 究極の時計都市

ロレックス デイトナ Chrono24ご購入ガイド


記者紹介

Chrono24

Chrono24マガジンの裏側にはChrono24社員、フリーの記者、ゲスト記者などがいますが、その全員に共通していること、…

記者紹介

最新記事

Header-2_1
2022年12月30日
時計アドバイザー
 4 分

2023年、お気に入りの時計がお留守番のときに身に着けたい時計 トップ3

Hyla Bauer
Omega-Forget-Rolex!-2-1
2022年12月13日
時計アドバイザー
 5 分

ロレックス以上の“何か”を持つ実用時計ブランド3選 by RY

RY