2020年11月20日
 6 分

書籍、ツールなど: 時計愛好家へのギフトガイド

Tom Mulraney
CAM-1462-Accessoires-Magazin-2-1

書籍、ツールなど: 時計愛好家へのギフトガイド

クリスマスももうすぐ間近に迫り、時計好きの配偶者、兄弟姉妹、友人たちへぴったりなプレゼントを探し始める時期だ。あるいは、もし私のような人がいるなら、この1年をなんとか切り抜けたことに対して自分自身への時計関連の「ご褒美」を探しているかもしれない。今年がとりわけ難しい1年だったことを考えれば、そのご褒美を単純に新しい時計にしてしまうというのもありだが、それはまた別の記事の話である。素晴らしいプレゼントの選択肢は豊富にある。あなたの周りの時計愛好家がマニアックなコレクターでも、最近時計にハマり始めたばかりのファンでも、あるいはただいい時計を着用することが好きな人でも、このギフトガイドにはぴったりなアイデアがそろっている。 

書籍

時計に関する書籍
時計に関する書籍

時計に対して飽くことのない向学心を持っている人にとって、時計に関する深く情報満載な書籍ほど最適なプレゼントはない。しかし、あなたがこの世界にまだ馴染みがないのであれば、優れた書籍が本当に、本当にたくさんあることに驚くだろう。もちろん入手のしやすさはそれぞれ異なるが、プレゼントを贈る相手が時計のどんなことに興味があるのかを考えてみると選びやすい。例えば、もしその相手が機械式時計の仕組みの詳細について興味を持っているなら、ライアン・シュミットによる『The Wristwatch Handbook』がぴったりだ。数年前に出版された全350ページのこの本は、2つのセクションに分かれている。最初のセクションは時計のメカニックとムーブメントの基礎について、そして次はコンプリケーションの世界についてである。間違いなく読み物として興味深い本であり、また将来コレクターになりたいという人にとっては優れた参考文献でもある。 

一方で、もし相手が高級時計作りのデザインや文化的な影響の方に興味があるなら、『The Millennium Watch Book』が合っているだろう。今年出版されたこの本は、20章に分かれており、2000年以降の時計の世界に一般的に広まっているテーマについて取り上げている。特に、この大きくて豪華な本には、1000枚以上の写真が贅沢に使われている。まさに何年も楽しめる、素晴らしい贈り物となるだろう。 

ウォッチケース

ウォッチケース&ウォッチロール
ウォッチケース&ウォッチロール

彼らが何と言おうと、どんなに時計に夢中になっている時計ファンであっても、時には時計を外さなければならない。大体においては、彼らは別の時計を着用するために今着けている時計を外すだけなのだが、使用されていない時計をどこかにしまっておかなければならないのも事実である。もちろん、購入したときに入っていたかさばるボックスの中にしまっておくこともできるが、よりいいオプションは、レザーまたはハイテクなカーボンファイバー製の素敵なウォッチケース、またはウォッチロールである。何を選ぶにしても、持ち主のプライドと喜びを体現する時計たちが快適に休息する場所となり、移動中にぶつかったり傷がついたりしないようにきちんと保護されるものであることを確認すること。個人的に、私は今年のウィッシュリストにMONOCHROMEのキャンバス製ウォッチロールを追加した。12オンスのワックスキャンバス製、マイクロファイバースエードの裏地付きで、時計を5本まで安全にしまうことができ、それでいて旅行に持っていくのにも十分にコンパクトなサイズ (今の世界の状況が改善されて制限がなくなれば、みんながぜひしたいと思っているはずだ)。おまけに、価格も非常に手頃なのだ。 

ワインディングマシーン

ウォッチケースの代わりとして使えるものもあるが、ウォッチケースとは混同しないで欲しい (ウォッチケースはワインディングマシーンとしては使えないのだから)。ワインディングマシーンは、複数の自動巻時計を持つ人にとって役に立つプレゼントである。どういうものなのか?簡単に言うと、ワインディングマシーンは自動巻時計をしまい、設定どおりに自動で回転させてくれる物なのだ。多くのブランドが徐々に改善させてきてはいるが、ほとんどの自動巻ムーブメントのパワーリザーブは、通常40〜50時間と比較的短い。ということは、時計を数日間着用していないと止まってしまうのである。ワインディングマシーンは、毎日時計を回転させることで、ムーブメントが運動エネルギーを利用し時計が止まらないようにさせるもの。多くのオプションが存在するが、業界で最も人気のWOLFとスカトラ・デル・テンポの2ブランドをおすすめしたい。 

ストラップ

ストラップ
ストラップ

一部の人にとっては、いや、間違いなくほとんどの人にとって、毎年新しい時計を入手するということは現実的ではない。ましてや他の人のために買うとなると、なおさらだ。しかし、新しい時計の次に良いもの、つまりは新しいストラップなら購入することができる。単純に違うカラー、あるいは違う素材の物に付け替えるだけで、時計のルックスをガラリと変え、同じ時計に全く新しい個性を持たせることができるのだ。シンプルなNATOストラップでも、オーストリッチやエイ革などのよりエキゾチックなものでも、時計ストラップのマーケットは広大で非常に多様だ。しかし時計愛好家にとってストラップは非常に個人的なものでもあるので、どんなものが良いかについては詳細な情報を得た上で選ぶことをおすすめする。私にとっては、高価ではあるがジャン・ルソーが最高だ。少しリサーチをしてみれば、無限の可能性があることがわかるだろう。そこからひとつを選ぶということが、最も難しいチャレンジである。 

ツール

時計用ツール
時計用ツール

おそらく熱狂的な時計愛好家にとって最大の満足感を伴う行為は、自分が所有する時計に「簡単な」作業を行うということだろう。それが定番のスプリングバーツールを使ってストラップの交換をさっと行うことであっても (ほとんどのマニアックな時計ファンはスイスのブランド、ベルジョンに信頼を置いている)、あるいは脱磁器を使って時計の磁気抜きをすることであっても、これらの一見小さな作業は、自分の時計に対してより一層の愛着と親近感をわかせることになるのだ。同じように、ルーペを使えば文字盤もムーブメントもごく細部まで拡大して観察することができ、喜びと知識を与えてくれる。多くの高級時計メーカーは時計の細部まで妥協することなく仕上げることで知られているが、多くの場合、その技術の粋は間近でじっくりと観察することでのみ堪能できるものなのだ。 

もっと読む

ギフトガイド: 各価格帯におけるベスト レディースウォッチ

Chrono24 ギフトガイド: さまざまな予算に合わせたメンズウォッチ

Chrono24ギフトガイド: 資産価値の安定した5つのプレゼント用時計


記者紹介

Tom Mulraney

1980年代~90年代にオーストラリアで育った私にとって、時計業界は身近なものではありませんでした。住んでいた町に高級時計を扱う正規販売店は1件しかなく…

記者紹介

最新記事

Audemars-Piguet-Patek-Philippe-8-things-2-1
2022年12月20日
ご購入ガイド
 8 分

時計に投資する前に知っておくべき8つのこと

Chrono24
Brandportrait-Norqain-2-1
2022年12月14日
ご購入ガイド
 9 分

ノルケインは今注目すべき新ブランドなのか?

Barbara Korp
CAM-1011-Hollywoodlegenden-2-1-2
2022年12月05日
ご購入ガイド
 9 分

映画スターとしての時計 – 2022年に銀幕で最も輝いたモデル

Barbara Korp