2018年08月17日
 4 分

機械式時計とアナログレコード

Jorg Weppelink
機械式時計とアナログレコード
写真: Bert Buijsrogge

機械式時計は、時間を伝える道具であるだけではない。時間を管理するだけが目的であれば他にもっといい選択肢があるだろうが、機械式時計はこれを身に付けることによってスタイルと個性を表現できる。アナログレコードで音楽を聞く人にも同じことが言える。

音楽が主にデジタル化へと発展している今日では、アナログ盤を針で聞くことは特有な選択をしていることになる。この2つの物が交わらずにあるのか、または類似性があるのか見てみよう。

温かさ vs. 良質

アナログレコード

写真: istock.com/SergeKa

アナログ盤を純粋に好む人によると、アナログ盤から奏でられる音には温かみがあり、より音を楽しめると言う。だがそれは果たして本当なのか?理論的から言うと、実はそうでもない。デジタル化された音楽はより大きなダイナミックレンジがあり、音量の大小に大きな差が生まれる。よって、理論的にはデジタル化された音楽の精度の方が良くなる可能性がかなり高いのだ

だがこの「温かい音」と言うのは全くのナンセンスなのか。いや、それは違う。LP盤は、CDや高解像度のデジタルファイルより技術的に優れた音としては奏でられることはないが、その音質の欠点が人々から愛される理由なのだ。アナログ盤のいわゆる「温かい音」と言うのは、非常に微細な歪みのような効果で、多くの人の耳に心地良く響く。この効果は、特に温かい良い音を大事にしているジャズやソウルといったジャンルに合う。公平的に言うと、原型のアナログテープではそのように聞こえず、素晴らしいマスタリングが施されたCDのように聞こえる。

では人々がアナログ盤を好むのは、その欠点と言うことか。そう、そしてそれが面白いところなのだ。音質が良いか悪いかについては議論されるところだが、それはともあれ人々はアナログレコードの背景があってこそ、この音の欠点を受け入れているのだ。欠点が不完全にすることが現実味を助長し、誰もが理解し親しみを持てるものになる。アナログレコードは、ここ数年で目覚しい成功を納めている。アナログ盤には真正な物語があるだけではなく、人々が愛するしきたりが存在する。結果として2015年のアナログ盤の売り上げは過去28年間で最高だった。人々が明らかにアナログ盤の物語性をものすごく好んでいるのがわかる。

アナログ盤では 、Spotify (スポティファイ)、Qobuz (クーバズ)やTidal (タイダル) とは異なり、 音楽の真のしきたりがある 。音楽を物として手に取ることができるだけではなく、再生スピードを変えたり、レコードを匂ったり、埃を払い、ターンテーブルの電源をオンにしたり、音楽を再生している際にはアートワークを堪能したり、ライナーノートを読んだりもできる。ある一曲を飛ばすという選択肢はなく、ある作家が作曲した完全ストーリーを最初から最後まで経験しなくてはならない。

機械式 vs. 安い精度

ロンジン ヘリテージ クロノグラフ

ロンジン ヘリテージ クロノグラフ 写真: © Bert Buijsrogge

その感情が機械式時計の世界と直結する部分である。 機械式時計を着用している人は、その時計の歴史や物語や製造者と、直に関係が生まれる。 その関係性は単に時間を伝えるだけのものではない。時計を腕につけ、時間を合わせ、時計を巻く、というしきたりが意味することは、着用している人が時間と直に関係を築くことなのだ。時計を着用しなくなったり巻かなかったりすると、時計は時間を教えてくれなくなる。

時間を確認するためだけに、時計を見るわけではない。単に時計の外観がものすごく気に入っているという理由で、どれくらい時計を見るか?レコードプレーヤーについても同じことが言える。これらは技術の面だけではなく、外観も真の芸術作品として成り立つ。時計とレコードプレーヤーをちゃんと堪能するためには、大きな予算は必要ない。時計のように、数万円から数百万円の予算を選べる。お金が、時計やレコードプレーヤーと個人的な関係性を築くまでの妨げになる必要はない。

自分が持っている時計より、他の時計の方が優れているなどの情報を得ても気にすることはない。完璧ということが私たちを定義するのではなく、人の基準の中の完璧性が私たちを定義する。そして人は完璧ではない。欠点があることが美しい物語を作り出す。「カッコーの巣の上で」の筆者ケン・キージーが述べたように、「事実なんてどうでもいい!物語が必要だ!」


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

Cartier-iced-out-2-1-B
2023年01月05日
ライフスタイル
 9 分

カスタムウォッチとファクトリーセットウォッチの違いとは?

Chrono24
Cartier-Tank-Businessuhren-fuer-Frauen-2-1
2022年12月29日
ライフスタイル
 8 分

女性のためのビジネスウォッチ:永遠の定番&おすすめモデル

Barbara Korp