2022年05月18日
 9 分

現在購入可能なおすすめのクロノグラフ5選

Donato Andrioli
B_2_1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

クロノグラフの人気は時計愛好家の間で非常に高く、スポーティーなアイコンウォッチの中には、レジェンドとなったものが驚くほどたくさんある。では、時計市場に存在する膨大な数のクロノグラフの中で、特におすすめはどれだろうか。どれも優れた時計で、わずか数本に絞り込むのは本当に難しいことだが、現在購入できるクロノグラフからおすすめを5本ご紹介したい。ネタバレになるが、その中に非常にニーズの高いモデルのおすすめのリファレンスも含まれている。   

現行のロレックス デイトナは時計界屈指の美しさだ。

1. 史上最も人気の高いクロノグラフ、ロレックス デイトナ

このステンレス製クロノグラフの現行モデルはいまや、一般市場での取引価格が約700万円であり、大半の時計愛好家にとっては手の届かない時計となってしまった。しかし、おすすめのクロノグラフをあげるなら、ロレックス デイトナを外すことはできない。待ち時間や市場価格などはさて置いて言うならば、時計界屈指の美しさをもつ1本だと思っている。そう思わないか?40mm径のこのクロノグラフで特に筆者が気に入っているのは、ロレックスが伝説的なデイトナを完璧に今の時代にアップデートさせてきたことだ。現代に置き換えてもそのアイコニックなキャラクターは全く失われていない。現代的なセラミックベゼルや、ケース、ブレス、クラスプのポリッシュ仕上げがロレックスのアイコンウォッチに新たな輝きを与えている。 

もう少し「ツール感」がある物がお好みだろうか?それなら、過去30年間に生産されたアンティークモデルに目を向けるのがいいだろう。まだステンレスベゼルが採用されており、新モデルほどゴージャスな印象ではないモデルだ。コンビカラーに抵抗がなければ、ロレックス デイトナ Ref.116523をおすすめしたい。デイトナの他のリファレンスと比べると、本当に過小評価されたままだ。運が良ければ、この有名なクロノグラフのモデルを350万円ほどで手に入れることができる。少なくともそれくらいの「小銭」を持っているのならばの話だが。 

2. 伝説のアイコンウォッチ、オメガ スピードマスター プロフェッショナル

オメガ スピードマスター プロフェッショナルほど、偉大でエキサイティングな歴史を持つ時計は他にない。史上最も歴史あるクロノグラフであるという意味では、伝説に包まれたロレックス デイトナでさえ、その足元にも及ばない。もともとレーシング用に開発されたクロノグラフで、1965年にNASAの公式装備品に選ばれた。「スピーディ」の愛称で呼ばれるこの時計は今でも、宇宙でのミッションで船外活動用として公式に認められた唯一の時計である。オメガ スピードマスター プロフェッショナルは素晴らしい瞬間を数多く経験している。1965年6月3日、宇宙飛行士エド・ホワイトはアメリカ人初の宇宙遊泳でオメガ スピードマスターを着用していた。1970年4月、かの有名な「アポロ13号」のミッションですべてのシステムがダウンしたとき、クルーの宇宙飛行士たちを救出するために重要な役割を果たした。緊急事態で宇宙船を操縦するために使用されたのだ。その貢献により、オメガ スピードマスターはNASAから「スヌーピー・アワード」を授与されたほどだ。 

しかし、スピードマスターにとって最も偉大な瞬間が訪れたのは1969年7月21日のこと。バズ・オルドリンのおかげで、月面に降り立った最初の時計となったのだ。人類として月面に初めて降り立ったのはニール・アームストロングだが、月着陸船の船内時計が壊れてしまったため、自分のオメガを船内に残していた。オメガ スピードマスター プロフェッショナルの現行モデルは、これまでのスピードマスターの「ベスト・オブ」リファレンスにほかならない。「ドットオーバー90」や「ステップダイヤル」、新しいブレスレットなど、小さなディテールはスピードマスターの以前のリファレンスを思わせる。現行モデルはかつてないほどオリジナルに近く、これこそオメガが伝説のムーンウォッチに捧げる敬愛の証だ。最高1万5000ガウスの耐磁性を持つ極めて正確なMETAS認定のコーアクシャル・ムーブメントを搭載した新バージョンは、まさに技術の打ち上げ花火をあげてみせたようなものだ。特に素晴らしいのは、待ち時間なしですべての時計愛好家が手に入れることができるにもかかわらず、ムーンウォッチの価値が極めて安定していることだ。なかなか真似できないことで本当に素晴らしい。ロレックス デイトナとは違い、約85万円という低価格で時計の歴史の一片をコレクションに加えることができるのだ。残る悩ましき問題といえば、ヘサライトを選ぶか、サファイアガラスを選ぶかくらいだ。  

オメガ スピードマスター プロフェッショナル「ムーンウォッチ」はおそらく最も感動的な歴史を持つ時計だ

3. デイトナの双子の兄弟、ゼニス クロノマスター スポーツ

一見したところ、ゼニスはクロノマスター スポーツのデザインにロレックス デイトナをかなり取り入れている。全体的な外観はデイトナをすぐに思い起こさせ、紛らわしいくらいよく似ているのだ。そこは否定できないとしても、ゼニス クロノマスター スポーツの場合、デイトナへのオマージュにすぎないという評価は妥当ではない。この時計はむしろ、過去のエル・プリメロ・クロノグラフの最高峰という位置付けなのだ。見る目のある時計愛好家がじっくりと観察すれば、愛あるディテールがたくさんあることに気づくはずだ。2021年に発売されたばかりのクロノマスター スポーツにはインスピレーションを与えた初期のエル・プリメロ・クロノグラフを思わせるさまざまな要素が見られる。ロレックス デイトナからデザインのインスピレーションを得ることが許される高級時計ブランドがあるとすれば、それはおそらくゼニスだろう。なんといっても、ロレックスは自社製ムーブメントに切り替える前、1990年代後半までデイトナにエル・プリメロ・ムーブメントを搭載していたのだ。 

ゼニス クロノマスター スポーツには伝説的な最高級品、エルプリメロ・ムーブメントが搭載されている。このコラムホイール式クロノグラフは自動巻き機構を備え、10分の1秒の計測が可能だ。サファイアガラスのケースバックからは、美しく装飾されたムーブメントを眺めることができ、視覚的にも楽しめる。クロノマスター スポーツの価格は約140万円から170万円と、確かにオメガ スピードマスターより若干手が出しにくい。しかし、現代的なデザインのこの時計は間違いなく市場に出回っている中でも屈指のクロノグラフであり、おそらくデイトナに代わり得る時計として現在購入できるものの中では最高の選択肢と言えるだろう。 

現在販売されている最高のクロノグラフのひとつ、ゼニス クロノマスター スポーツ

4. ハイエンド・クロノグラフ、ジャガー・ルクルト ポラリス クロノグラフ

ジャガー・ルクルト ポラリス クロノグラフはおそらく時計界全体で見ても最もエレガントなスポーツクロノグラフだろう。それは素晴らしい出来栄えのこの時計の主に外観と優れた品質によるものだ。直径42mm、厚さわずか11.2mmのこのスポーツクロノグラフは、どんな方の手首にもフィットし、見た目も非常に美しい。しかし、ジャガー・ルクルト ポラリス クロノグラフの主役はなにより文字盤だ。きめの細かい仕上げと粗い仕上げ、マットと光沢のあるサーフェイスが交互に組み合わされた構成は、まさに息を呑むような美しさだ。 

その高貴な姿を太陽の光にかざすと、この時計の素晴らしさが目の前に広がる。100m防水と65時間パワーリザーブは現代の時計として手堅いところだが、これらのディテールはすべて、サファイアガラスのケースバックを通して美しく装飾されたムーブメントを一目見てしまうと、どうでもよくなってしまう。この光景には、すべての時計愛好家の顔をほころばせる魔法があるに違いない。約140万円から160万円の価格ということで、ジャガー・ルクルト ポラリス クロノグラフはどちらかといえば経験豊富な時計コレクターのための製品だ。しかし、この値段で正真正銘ハイエンドなクロノグラフが手に入るのだ。A.ランゲ&ゾーネやパテック・フィリップなどのブランドなら、同様の品質のものが何倍もの値段になるだろう。  

ジャガー・ルクルト ポラリス クロノグラフはおそらく最もエレガントなスポーツクロノグラフだ

5. 過小評価されている伝説のクロノグラフ、ブライトリング ナビタイマー

ブライトリングほど、トップクラスのクロノグラフを数多く取り揃えている高級時計ブランドは他にないだろう。その中でも最もアイコニックなのは間違いなくブライトリング ナビタイマーだろう。元々は自社のクロノマットの後継モデルとして作られたもので、1952年以来、この伝説的なクロノグラフは時計界には欠かせない存在となっている。「ナビタイマー」という名前からお分かりのように、この有名なパイロットウォッチは、単に時間を表示したり止めたりできるだけではなく、クロノグラフを超えた機能を備えているのだ。ブライトリングのクロノグラフはむしろ、正真正銘のナビゲーション機器として機能する。両方向回転ベゼルはまさに計算尺であり、燃料消費量、上昇率や降下率、平均速度など、あらゆる複雑な計算をすることができる。 

ブライトリング ナビタイマーの発売から70年近くが経過した現在、ほとんどのユーザーにとってベゼルは単なる楽しい仕掛けにすぎないとはいえ、アイコニックなデザインには欠かせない存在であることは変わらない。ブライトリングは現在、アイコニックなクロノグラフをさまざまなサイズで展開しており、すべての時計愛好家が何かひとつは見つけられるはずである。ツール的で妥協のないものがお好みなら、46mm径モデルがおすすめだ。どんな服装にも合わせやすい、有名なクロノグラフの日常使い用モデルをお探しなら、43mm径がぴったりかもしれない。価格面でも、すべての時計愛好家が満足できるはずだ。旧モデルは約70万円から、新モデルは110万円以下でも購入可能だ。ブライトリング ナビタイマーは長い歴史と高い再認知度を誇るクロノグラフであり、おそらく史上最も有名なパイロットウォッチと言えるだろう。  

ブライトリング ナビタイマーはおそらく史上最も有名なパイロットウォッチであり、ブライトリングのブランドを象徴するクロノグラフだ。

記者紹介

Donato Andrioli

チューダー ブラックベイ41という機械式時計を始めて買って以来、機械式時計の虜になってしましました。特に、古くて感動的な歴史を持つアイコン時計が大好きです。

記者紹介

最新記事

Cartier-Magazin-2-1
2022年09月21日
時計アドバイザー
 3 分

時計市場:カルティエの台頭

Thomas Hendricks
Klassiker-in-kleinem-Format-Magazin-2-1
2022年09月15日
時計アドバイザー
 8 分

小さな定番モデル – オメガからノモスまで

Barbara Korp
Top-3-Chronographen-für-jedes-Budget-2-1
2022年09月08日
時計アドバイザー
 9 分

おすすめクロノグラフ:エントリークラスからオートオルロジュリーまで

Tim Breining