Chrono24を選ぶ理由 ログイン

究極のエクスペディションウォッチ トップ5

Jorg Weppelink
2018年12月13日
究極のエクスペディションウォッチ トップ5

 

この記事で、私たちは北グリーンランドに旅し、海の深くに潜水し、世界で最も危険な山に登り、宇宙空間を遊泳し、英仏海峡を横断飛行する。史上最大のエクスペディションにおいて身に着けられた5本の時計リストを作成した。1つだけ確かなこと、それは新しい記録が打ち立てられた時には、いつでも時計が一緒であったということだ。

 

1. イギリスの北グリーンランド探検

1952年にイギリス軍、民間科学者、そしてデンマーク陸軍将校から成る探検隊が編成された。そして、その探検隊は北グリーンランドの地理、気象、気候、生理学に関する広範な調査を共同で行うという任務を負っていた。2年間に及ぶグリーンランドでの調査中に、イギリス海軍司令官のジェームス・シンプソン率いる研究者たちは、-66.1℃の最低気温を記録し、グリーンランドの氷床が2700メートルであり、人間の1日の平均睡眠時間が8時間であることを発見した。

この探検において、隊員は全員チュードル オイスター プリンス (Ref. 7809) を着用していた。ロレックスとチュードルの創業者であるハンス・ヴィルスドルフは、時計の性能についてどう思うか、探検隊メンバーの意見を求めた。また、隊員はBBCが毎日送る時報と比較して時計の精度を記録し、これによって時計の高い精度が証明された。その後チュードルは、オイスター プリンスの営業にこの記録を利用した。現在、オイスター プリンスの人気はロレックスの同等モデルに比べて劣るかもしれないが、チュードルの成し遂げた功績が色褪せることはない。

 

 

2. ジャック=イヴ・クストーの海洋探検

世界的に有名なフランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーとカリプソ号のクルーに関わりを持つ時計は多くある。その中でも最も有名な時計は、ブランパン フィフティ ファゾムス、ロレックス サブマリーナ、そしてオメガ シーマスター プロプロフだろう。そして、ドクサ SUB 300Tもクストーが深海潜水中によく着用していた時計の1本である。特徴的なオレンジ色の文字盤を持つオリジナルモデルが、クストーの注意を引きつけたのだ。そして、クストーは彼の会社の黒と黄色の「アクアラング」ロゴをオレンジ色の文字盤に入れたモデルを米国の市場に送り出した。

SUB 300 はスキューバダイビングの高まる人気に対するドクサの反応であった一方、この時計が当時世界で最も有名であったダイバーチームに採用されるとは、会社の誰一人として予期していなかった。オレンジダイアルのバージョンに加えて、クストー、息子のジャン=ミッシェルとフィリップ、そしてその他のクルーは、多くの探検中にブラックの「シャークハンター」モデルも着用していた。そして、このことがドクサの知名度と信頼性を一気に高めたのだ。クストーと彼のクルーが使用していたオリジナルモデルを手に入れたいのであれば、相当な根気と予算が必要になるだろう。

 

ドクサ サブ 300T
ドクサ サブ 300T写真: FratelloWatches

 

3. ルイ・ブレリオのイギリス海峡横断飛行

1908年、イギリスの新聞であるデイリー・メールはイギリス海峡の初横断飛行に賞金を掛けた。挑戦飛行は登録者順に行われた。これは、フランス人のユベール・ラタムの順番がルイ・ブレリオより先であることを意味していた。しかし、結局ラタムの挑戦は失敗に終わり、不時着水することとなり、ブレリオはカレーからドーバーまでの40kmの飛行に挑戦する機会を得た。この飛行距離を達成することは当時不可能であると思われていた。

1909年7月25日午前4時41分、ブレリオはゼニス時計を身に着けてブレリオ XIで飛び立った。この時計は1930年代に発売されたゼニス タイプ 20の前モデルであった。1900年代初期、ゼニスは多くのパイロットにこの時計を提供していた。ブレリオのゼニスは大きな溝付のリューズと夜光塗料が塗布された針と数字を持っており、これは当時のパイロットウォッチの一般的な特徴であった。イギリス海峡横断成功から3年後、ブレリオは「私は普段からゼニス時計を使用していて、この時計に非常に満足している。高い精度を持つ時計を探しているすべての人に、この時計をおすすめしたい。」という言葉を送った。これは、偉業を成し遂げた人物の力強い言葉である。

 

 

4. リーノ・ラチェデッリとアキレ・コンパニョーニのK2登頂

エベレストは世界最高峰であるが、K2は世界で最も登頂が難しい山だ。エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイがエベレスト山頂に到達した時に着用していた時計については、多くの説があるが明確な答えは出ていない。しかし、人類が初めてK2山頂に到達した時に着用されていた時計ははっきりしている。

1954年、イタリア登山クラブの90周年を記念して、人類史上初のK2登頂を達成するために14人のイタリア人登山家が出発した。そして、この登山家の腕にはヴァルカン・クリケットの時計が巻かれていた。この時計は非常に過酷な状況にも耐えることで有名であった。探検隊は中国とパキスタンの国境近辺にある、世界で2番目に高い山の麓にベースキャンプを設置した。1954年7月31日、リーノ・ラチェデッリとアキレ・コンパニョーニはヴァルカン・クリケットの時計を腕に巻き、標高8,611mあるK2の山頂に立った初の人類となった。これは、K2が世界で最も登頂困難な山であることを考えれば、現在においても信じがたい偉業である。そして、この偉業の達成にヴァルカン・クリケットが重要な役割を果たしたことは明らかだ。

 

 

5. アレクセイ・レオーノフと世界初の宇宙遊泳

オメガ スピードマスター プロフェッショナルが初めて月面で着用された時計であることはよく知られている。この時計は時計史の中で最も有名な1本であるといっても過言ではない。しかし、初めて宇宙空間で着用された時計はポルヨット ストレラだった。ロシアの宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフが、1965年3月18日にボスホート2号ミッションで世界初の宇宙遊泳を行った際、彼の腕にはこの時計が巻かれていた。

しかし、この計画のすべてが順調にいったわけではなかった。ボスホート3KDから船外に出る時に宇宙服がうまく機能しなかったのだ。宇宙服は膨張し、ほとんど体を動かすことができなくなった。そのため、12分9秒の宇宙遊泳後、レオーノフは宇宙船のエアロックに戻る前に手動で宇宙服の減圧を行った。さらには、レオーノフと操縦士のパーヴェル・ベリャーエフが着陸に向かって席に着くまでにも船内でいくつかの問題が発生し、これが着陸手続きに入る時間を46秒遅らせることとなった。そして、その結果として宇宙船の着陸地点が予定地点より400mほど離れてしまったのだ。宇宙船は木が鬱蒼と茂るウラル山脈の西側に着陸した。そこは、熊と狼が生息する危険な極寒地帯であった。救援隊が駆けつけるまでには数日を要した。これらの困難の中、レオーノフのポルヨット ストレラ クロノグラフは完璧に動作し、宇宙で着用された世界初の伝説的タイムピースとなった。

 

ポレオット Strela クロノグラフ
ポレオット Strela クロノグラフ

 

もっと読む

超究極の時計トップ10

1つの時計、2つのロゴ: 時計メーカー以外のブランド名が文字盤に刻印されるまで

クリスマス メンズ用 ギフトガイド


Jorg Weppelink
記者 Jorg Weppelink
2018年12月13日
すべての記事を見る

ハイライト