2022年02月28日
 8 分

腕時計へのラブレター: オンリーワンを求めて

Troy Barmore
A-Lange-Sohne-1815-Flyback-Chronograph-The-One-And-Only-2-1

人生におけるほとんどの努力がそうであるように、時計収集にはさまざまな紆余曲折、幸運と失敗がある。多くの人にとって単なる好奇心として (あるいは戯れでさえあるかもしれない) 始まったそれは、雪だるま式に本格的な執着にまで膨れ上がる。ひとつひとつの時計に関する新しい発見が、自分を無数のリファレンスやバージョンにあふれる、不思議の国のウサギの巣穴へと導いていき、その穴は毎回さらに深くなっていくのである。アイコン時計は重なり合い、あとは膨れ上がる一方の野心だけ。あるいは手首が見えないほどの時計が詰め込まれたボックスのみ。  

そこまでくると、人はこう問わずにはいられない。自分が本当に追い求めているのは、一体何なのか?次に出会う時計とそれが語りかけてくれるストーリー?それとも探し求めること自体がもたらすスリル?しかし長年にわたってる学習の結果、しばしばある程度の焦点が見えてくるものである。多くのコレクターにとって収集の自然な道すじは、直感に反した方法でコレクションを減らし、売り、最も重要なタイムピースだけを手元に残すことなのだ。ごく稀に、ほんのわずかな選ばれし者だけが、たった1本の時計、最後の究極の時計1本だけに絞り込むことができる。 

完璧な時計を求めて: 形態は機能に従う

「もしたった1本だけ時計を所有できるとしたら、どれを選ぶか」という仮定的前提は、時計コレクターたちの間でのお決まりのジレンマである。人生最後の食事に何を食べたいか、という質問と似たような、一種の病的なやりとりだ。私たちは1本だけ時計を選ばなければならないことにぞっと恐怖で身震いをしながらも、すぐに歓喜に頭を悩ませることになる。もし、どんな時計でも所有することができるとしたら、どうだろうか?一体どこから考え始めたらいいのか? 

おそらくまず真っ先に、実用性がとっかかりになるだろう。何しろコレクションが1本だけだとしたら、それはどこへ行って何をするにしても対応できるものではなくてはならないのだから。それはたくましく、かつ同時にエレガントな時計で、いわゆる「衝撃を受けても動き続ける、打たれ強い」ものでなければならない。それはダイビングからディナーパーティーまでを楽々こなせるものであるべきだ。  

ロレックス サブマリーナ ノーデイト: 素晴らしく万能な時計
ロレックス サブマリーナ ノーデイト: 素晴らしく万能な時計

そう遠くない過去、あたかも礼儀作法という慣習によって要求されているかのように、時計は着用者の服装に完璧に合ったものでなければならない時代があった。ドレスウォッチはフォーマルな正装時のためだけのものだった。そういった規則は通常、過去の遺物であり、私たちは今もそういった過ぎ去った時代のルールを覚えてはいるものの、それを打ち破ることはまた楽しくもある。もしこれが本当なら、おそらくたったひとつの選択肢しかないだろう。すなわち、ロレックス サブマリーナだ。  

どうせロレックス サブマリーナを選ぶのなら、他とは違うものを選ばない手はない。サブの歴史を掘り起こしてみれば、無数のオプションが出てくる。しかし、これは毎日毎日着用するものである。というわけで、1000万円を超えるようなデカリューズやミリサブなどは若干、非現実的だろう。純粋主義者はマットな文字盤を選ぶ傾向があるだろうが、それは一部の人にとってはやや実用的すぎるかもしれない。ちょうどいいのは、1960年代のつややかなミラーダイヤルのどれかだろう。ミラーダイヤルのRef.5513が持つ黒曜石のような実用的な美しさ、その墨のようなブラックに映えるゴールドの文字、美しくエイジングした夜光塗料、そしてあのアイコニックな金の王冠に並ぶものはそうそうない。 

時計収集: 衝撃と畏怖

しかしよく考えてみると、最も実用的な1本を見つけたいという思いから、本当に時計収集を始める人なんているのだろうか?もし本当に実用的な時計が欲しいのなら、何百万円もの資金を必要としない無数のオプションが存在する。結局のところ、心の底では人はこう考えているのだ。ロレックス サブマリーナなんてわかりやすい、本当の目的は勝者になることではないか、と。つまり、室内にいる人全員を黙らせてしまう時計が欲しい、全ての人に「一体どうやって、あの時計を手に入れたんだ?」と思わせる時計が欲しいとうことだ。 

もし誰かがパテック フィリップ ノーチラスを着けていたら、最初の質問は常に、「一体どうやって手に入れたんだ?」である。
もし誰かがパテック フィリップ ノーチラスを着けていたら、最初の質問は常に、「一体どうやって手に入れたんだ?」である。

近年世界を席巻した時計人気の絶頂期に、私たちのまわりは “超人気時計” であふれかえっている。どれもが手に入らないものばかり。全ての時計を購入するのに、何年もの入荷待ちリストかコネ、あるいはショップスタッフ全員の子供を大学まで行かせられるほどの資金が必要なのだ。ある程度まで時計のために費やせる資金のある人はたくさんいるが、真の違いとは、他の誰もが手に入れられない究極の時計を手に入れられるかということなのだ。もしそれがあなたの目的なら、パテック フィリップ ノーチラス Ref.5711の、ティファニーブルーバージョンしか事実上あり得ない。  

これは全ての超人気時計をだまらせる、超人気時計だ。これは入手可能なときでさえ、入手可能ではなかった。最近では、時刻表示のみの、小売価格が400万円に満たないステンレススチール製スポーツウォッチがゆうに1150万円を超える。しかしもし本当に周りを驚かせ、Tiffany & Co.のロゴが持つ高尚な空気を手に入れたいのなら、5000万円以上は払う準備をしておく必要がある。しかしその一方で、第一印象に本当に値段をつけることなんてできるのだろうか? 

時計収集: オンリーワンを求めて

誰が何を着用しているのか、それをどのように入手したのか、どれだけの金額を支払ったのかなどすべてのことを考慮すると、確かに一旦止まって自問したくなる。自分は一体全体、誰のためにこういった時計を購入しているのかと。私たちは個人的な楽しみのために時計を買うのか、それとも他人を感心させたくて買うのか?確かに、何か特別なものを所有したいと望むこと自体には何の問題もないが、もしその時計が自分の心に響かないのなら、それでは意味がないではないか。  

時計が意味するところは、人によってさまざまだ。時計は喜びと情熱を、ダイナミックで多様な方法でかきたててくれ、そしてその方法には必ずしも優劣の差はない。しかし筆者個人にとっては、時計は物語を伝え、思いつかせてくれるからこそ特別なのだと思う。  

おわかりだろうか。時計は私に夢を見させてくれるのだ。時計は遠く離れた地での冒険や、優雅でうっとりするような夜などを空想させてくれる。美しい絵画や詩のように、素晴らしい時計は、自分だけだったら決して見ることができなかったような時間や場所について考えさせてくれる。複雑で計り知れないほど微小なパーツが見事な完璧さで配置され、細心の注意を払って調整された機械的芸術品を手元に見下ろすことができるというのは、非常に恵まれたごくわずかな人だけが味わえる貴重な体験なのだ。  

私のたったひとつの愛: A.ランゲ&ゾーネ 1815 フライバック クロノグラフ
私のたったひとつの愛: A.ランゲ&ゾーネ 1815 フライバック クロノグラフ

それを考慮に入れると、私にとっての1本は、これしかない: A.ランゲ&ゾーネ 1815 フライバック クロノグラフ。私はこれまで非常に幸運なことに、レアなアンティークのリファレンスや時計作りの粋を集めた傑作など、本当に驚異的なタイムピースをいくつか腕に着けてみる機会に恵まれたが、そのうちのどれに対しても、1815 フライバック クロノグラフと同じような気持ちにはならなかった。その左右対称の文字盤の優雅なシンプルさから、頑丈でありながら控えめなケースまで、手首にまとうその存在は、まさに控えめな上品さそのものである。  

しかし、それだけではない。時計を裏返してみれば、時計学上の大聖堂、つまりムーブメントに見惚れる。この感情は、筆舌に尽くせない。この時計を生み出すために費やされた献身、情熱、専門知識のレベルの高さは全ての磨き上げられた線と複雑な刻み込まれたデザインを見れば明らかである。この時計そのものの美しさと、それを作り上げるために必要とされたものを考えると、私はこのような時計が着用され、称賛される場を夢に見ずにはいられない。  

私たちみんなが時計にかける愛情は、純粋にロマンチックなものであり、そして1815 フライバック クロノグラフのような傑作が生み出されるのはそのような愛情からのみなのだ。たった1本の時計がこれほどまでの畏敬の念を呼び起こすことができるなら、他の時計を着けたいなどと、どうして思うだろうか?   


記者紹介

Troy Barmore

私は幼い時から時計ファンでした。その熱中が始まったのは、兄のジラール ペルゴ クロノグラフを買うという目的のためだけに夏休みのアルバイトを引き受けた時です。それ以来、私の好みはヴィンテージ ツールウォッチや現代的な独立系ブランドにまで及んでいます。

記者紹介

最新記事

2022年11月29日
ご購入ガイド
 8 分

日本人が早く高級時計を買うべき3つの理由 by RY

RY
Rolex Explorer
2022年11月15日
ご購入ガイド
 6 分

初めての高級時計 選び方ガイド by RY

RY
OFP-65-Buyers-Guide-Seiko-Prospex-2-1_JPN
2022年06月15日
ご購入ガイド
 7 分

セイコー プロスペックス SBDX001 Chrono24バイヤーズガイド

René Herold