2022年07月22日
 8 分

過小評価されている時計 トップ3

Jorg Weppelink
Watches-that-Fly-Under-the-Radar-Magazin-2-1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

自分の時計に対する愛を、決まり切った枠の外へ一歩踏み出してみる気はないだろうか。皆きっと、最も人気のあるロレックスモデルについて知っているはずだ。あなたのお気に入りがロレックスGMTマスターであれ、デイトナであれ、サブマリーナであれ、ほとんど全ての時計ファンがこれらのモデルについて知っている。そして全ての人はまた、ジェラルド・ジェンタが手がけたロイヤルオークとノーチラスが、最もアイコニックなモダンラグスポウォッチであることを知っているだろう。だがあなたには、あまり話題にのぼらないお気に入り時計のリストはあるだろうか。著者は以前、過小評価されている時計ブランドについての記事を書いた。今回はもう一歩踏み込んで、もっと注目されるべき特定のモデルを取り上げたい。経験豊富な時計ファンはおそらくすでにこれらのモデルについてご存知だろうが、多くの時計愛好家たちはこれらの隠れた名品に気付いていないかもしれない。では、私たちが過小評価されていると感じる3つの時計を見ていこう。 

1. オメガ シーマスター 300M GMT “グレート・ホワイト” Ref.2538.20.00

まずはオメガの今後大ヒットしそうなモデルから始めよう。このモデルは独自のニックネームを持っている。オメガ シーマスター 300M GMT Ref.2538.20.00は、GMT針、秒針の先端、そしてテキストなどいくつかのレッドがアクセントになったホワイトの文字盤のために、“グレート・ホワイト” という別名で知られている。その他はすべて真っ白だ。この時計はオメガ シーマスター プロフェッショナルコレクションの一つであり、シーマスター “ボンド” シリーズ時計としても知られる。オメガはボンドが着用していたブルーの通常のダイバーズ以外にも多くのモデルを作っている。シーマスター プロフェッショナル 300Mがスタンダードなダイバーズウォッチであり、他には複数のクロノグラフバージョン、もちろん第2タイムゾーンを備えたこのGMTバージョンがある。41.5mm直径のステンレススチール製ケースと300mの防水性を備えた “グレート・ホワイト” は、今も変わらずダイバーズウォッチである。アイコニックなオイスターブレスレットに似た、美しいステンレススチール製ブレスレットが付いている。 

全体的にこの時計は、サテン仕上げのためにどちらかというと控えめな印象であり、それがかえって、特に1960年代のシーマスターから着想を得た大型のアワーマーカーが特徴の、すっきりとしたホワイトの文字盤を非常に際立たせている。アワーマーカーに関して言えば、これには夜光塗料がしっかりと施されており、暗闇でも問題なく時刻を確認できる。24時間表示目盛の備わるベゼルもまた即座に目を引く。このおかげでホームタイムとローカルタイムをセットすることができるため、この時計はタイムゾーンをまたぐ旅のお供にぴったりだ。かなり現代的なこの時計には、クロノメーター認定のモダンなキャリバー1128が搭載され、3時位置の日付表示、第2タイムゾーン用の余分な針が備わっている。この見事な時計はだいたい48万円から70万円ほどの間で入手可能である。その価格にしては、これは間違いなく素晴らしい時計だ。 

Diver and GMT: the Omega Seamaster "Great White"
ダイバー&GMT:オメガ シーマスター “グレート・ホワイト”

2. IWC インヂュニア Ref.3227

モダンスポーツウォッチというカテゴリーのタイムピースをお探しなら、おそらくはIWC インヂュニアについて聞いたことがあるだろう。オーデマ・ピゲ ロイヤルオークがこのカテゴリーにおけるジェンタ初の創作、そしてパテック フィリップ ノーチラスが人気の第2作であるが、このインヂュニアこそが第3作にしてラストのモデルであり、この3つの中でも最も人気が低いものだ。勘違いしないでほしいのは、1970年代のジェンタによるインヂュニアは、いまだに多大な敬意を集める高価な時計だということだ。しかしより影響力の少ないインヂュニアのレガシーは、その後発表されたものによる。IWCはジェンタの創作に、同じスタイルとセンスを持つモデルをもって即座に続くことをしなかった。1970年代と80年代からの、有名なインヂュニアの足跡を忠実に辿るこの時計をIWCがリリースしたのは、2005年だったのである。 

しかし一つ異なっているのは、全体としての厚みだ。ジェンタが作ったモデルは全てスリムな薄型ケースを持っていたが、IWC インヂュニア Ref.3227は分厚くてヘビーな時計だと言われても当然である。この時計は直径42mm、厚さ14.5mmのステンレススチールケースを持つ。そして手首の上でバランスを保つために、同じように重くがっしりとしたブレスレットを備えている。しかし大型のタイムピースを着けこなせる人にとっては、これは間違いなくとびきりの時計である。デザインはジェンタのインヂュニアに似て、オーデマ・ピゲ ロイヤルオークによって開拓されたカテゴリーにぴったりフィットする。ケース内部にはIWCは、3時位置に日付表示窓を持つ非常に優れた自社製キャリバー80110を採用した。その他は文字盤は非常にすっきりとしており、大型のアワーマーカーと6、12の数字が備わっている。それにより、1976年のジェンタによるインヂュニアを彷彿とさせる、方眼紙のようなテクスチャーのブラックダイヤルが際立つ。これは過去との素晴らしい結びつきであり、このモデルの偉大さを思い出させてくれる。価格は約70万円から90万円ほどと、他2つの超有名な競争相手に比べてずっと手頃な価格の選択肢である。 

The IWC Ingenieur AMG ref. 3327
IWC インヂュニア AMG Ref.3327

3. セイコー プロスペックス マリーンマスター 300M

今回の記事の最後を飾るのは、セイコー プロスペックス マリーンマスター 300M。この44mm径のセイコーのダイバーズウォッチは、セイコーのプロスペックスシリーズの最上位機種である。プロ仕様のダイバーズウォッチをお探しで、大きな時計を着けこなせるなら、これこそがぴったりな時計である。パフォーマンスとスペックという点に関して言えば、この時計はずっとランクの高い相手ともやりあえる。定価は35万円前後ほどとセイコーブランドにしては高価な時計ではあるが、そのスペックと仕上げを考えれば、オメガやロレックスのダイバーズにさえも勝てる。そう、本当にそこまで良い時計なのだ。ロレックス ディープシーの購入を検討したが、結局はその金額が払えなくて諦めたことはあるだろうか?あるいはオメガシーマスター プラネット オーシャンを買おうを思ったことは?この時計が属するのは、そんな時計カテゴリーなのだ。何がそんなにも良いのか。ステンレススチールのケースとブレスレットの品質は素晴らしく、完璧な仕上がりである。セイコーは、通常グランドセイコーの時計に施される、あの有名なザラツ研磨さえも用いているのだ。この鏡面研磨技術が生み出す結果は、間違いなく業界有数の素晴らしいものである。さらにセラミックベゼルが備わり、300mの防水性能を誇る。 

その時計のモノブロックケースの内部に、セイコーはグランドセイコー キャリバー9S55をベースにした自社製キャリバー8L35を搭載した。お分かりだとは思うが、グランドセイコーのムーブメントは業界内でも有数の正確さと技術的なレベルの高さで知られている。というわけで、これは信頼のおけるムーブメントなのだ。文字盤と針は、このブランド初のプロ用ダイバーズウォッチであり、リリース以来時計ファンの間で伝説になっている、1960年代の偉大なセイコー ダイバーズから。文字盤とベゼルのカラーに関しては、ブラック、ブルー、グリーンから選ぶことができる。グリーンバージョンのリファレンスはSBDX043、ブラックバージョンのリファレンスはSBDX023、そしてブルーバージョンのリファレンスはSBDX025である。価格はブラックとブルーバージョンが2,500ドル以下から3,500ドル程度まで。グリーンのバージョンは最も人気で、価格は3,000ドルほどからスタートし、定価を超えるところまでいく。しかし正直に言って、定価を超える価格を払う必要はない。特にブラックとブルーのバージョンは、その価格にしては信じられないような時計である。これらは日常使いの時計が必要とする全てを備え、一生使いたくなるようなものである。それほど良い時計なのだ。 

The Seiko Prospex Marinemaster
セイコー プロスペックス マリーンマスター

というわけで、過小評価されている、あるいはそれぞれのブランド内でも最人気のモデルではない、優れた3つの時計をご紹介した。これは言うまでもなく、大多数の人にはあまり知られていない時計のほんのわずかなセレクションにすぎない。時計ワールドにおけるその他の隠れた名作を紹介する記事を、これからもお楽しみに。   


記者紹介

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介

最新記事

A_Magazin_2_1
2022年09月20日
時計モデル
 6 分

ほとんど知られていない、チューダー時計

Donato Andrioli
Tudor-Pelagos-Rolex-Sea-Dweller–2-1
2022年08月30日
時計モデル
 6 分

チューダー ペラゴス:ロレックスより優れた廉価モデル?

Donato Andrioli
CAM-1147-Speedmaster-Alternativen-2-1
2022年07月26日
時計モデル
 9 分

オメガ スピードマスターの代替モデル5選

Thomas Hendricks