2022年12月30日
 4 分

2023年、お気に入りの時計がお留守番のときに身に着けたい時計 トップ3

Hyla Bauer
Header-2_1

時計愛好家は所有している時計を身に着けるのが大好きだ。仕事の日でも、土曜日の夜のお出掛けでも、時計愛好家は自分の勝負時計の1つを見せびらかすことが多い。時計ファンなら、手首に素敵なモデルを着用することが真の喜びであることをご存じだろう。それはあなたの気分を高めてくれる上に、シンプルに気持ちがいいのだ。  

しかし、最高級の時計を着用したくない場合もある。例えば、レザーストラップの時計は激しいアクティビティに理想的な選択ではない。汗や激しい動きがストラップの摩耗を早めるためである。また、盗難が多く発生する地域に旅行する際に、良い時計を着用することもお勧めできない。派手なモデルは必要のないときに注目を集めてしまう。そしてあなたの時計がビーチで1日中、太陽、砂や水に完全に耐えられるとしても、砂遊びをする間は着用したくないかもしれない。  

このような理由により、最高の勝負時計がベストチョイスではないシーンがある。以下に、お気に入りの時計がお留守番のときに着用したい、3本の時計を提案しよう。  

1. G-Shock

その名のとおり、カシオ G-Shockはかなり強い衝撃に耐えられるように作られている。G-Shockの時計は長持ちで、物理的なタフさの限界までテストされている。1980年代、カシオの開発部長である伊部菊雄は、極限状態に耐えるモデルを作ることを目指した。彼の当初の目標は、10メートルの高さからの落下に耐えられる時計を作ることだった。それ以来、G-Shockは長い道のりを歩んでおり、トラックに轢かれたり、ハンマーで殴られたり、静電気にさらされても耐えることができる。 

その驚くべき堅牢性に加えて、G-Shockは機能、サイズ、カラーバリエーションも豊富だ。これらの時計は、温度と気圧の測定、歩数のカウント、心拍数のモニタリングができる。スポーツとフィットネス機能を重視したG-Shockは、“ハイブリッドスマートウォッチ” と呼ばれている。   

メリット:G-Shockは実質的に破壊不可能であること。優れた運動機能を備えており、便利な電池式で、ソーラー充電式のものもある。選択できるカラーとサイズのバリエーションはほぼ無限大に感じられる。 

デメリット:G-Shockのサイズはとても大きく、その直径は57.5 mmもある。43mmの最小モデルでさえ、手首には非常にぎこちなく感じることもあり、通常は袖の下には収まらない。そのため、フォーマルなビジネスシーンには向いていない。 

A G-Shock is a fun and practically indestructible watch.
楽しくて実質的に破壊不可能の時計、G-Shock。

2. 定番のスウォッチ

スウォッチの時計は約50年前から販売されている。その流線型デザインを備えたスイス製のクォーツ式時計はモダンな定番だ。スウォッチは信頼性の高いクォーツ式ムーブメントを備え、防水性があり、無数の異なるカラーとパターンで提供されている。目立たないようにしたい場合は、プラスチック製のストラップが付いた無地の時計が最適だ。 

メリット:スウォッチは軽量で見やすい文字盤と超シンプルなデザインを備えている。電池式で仕事にも最適だ。 

デメリット:スウォッチは大きな衝撃を伴うスポーツには適していない。 

The MoonSwatch series made Swatch relevant in the watch industry.
ムーンスウォッチシリーズの登場により、スウォッチは時計業界内で一躍有名となった。

3. セイコー 5スポーツ

セイコー 5スポーツは、このリストで最も万能な時計だ。クラシックなデザインで、ほぼすべてのアクティビティに対応するように作られている。さまざまなモデルがあり、機械式とクォーツ式で提供されている。セイコー 5スポーツの時計はビーチや水泳に最適で、スキーからアフタースキーまで楽しめる、優れた万能時計だ。  

メリット:セイコー 5スポーツの時計は耐久性が高く、ほぼすべての身体活動に適している。職場で着用するにも十分な見た目で、クォーツ式または機械式ムーブメントで入手可能だ。 

デメリット:セイコー 5スポーツの時計は一般的にG-Shockやスウォッチよりも値段が高くなる。 

The Seiko 5 Sports is a fun and versatile ad-on watch.
セイコー 5スポーツは楽しく万能な時計だ。

記者紹介

Hyla Bauer

ハイラ・バウアーの時計への情熱は、バーゼルやジュネーブの時計見本市のために初めてスイスを訪れたときに生まれました。彼女にとって時計は、人が身につけることのできる最も親密で貴重なアイテムです。価値があり、長く使え、所有者にとって個人的な意味を持つものです。

記者紹介

最新記事

Lange-Saxonia-Thin-2-1
2024年06月17日
時計アドバイザー
 6 分

普段使いにおすすめな超軽量の時計3選

Sebastian Swart
2-1
2024年06月11日
時計アドバイザー
 8 分

50万円前後で購入できるおすすめの時計

Chrono24