2022年09月19日
 4 分

30代 vs 40代:異なる年齢層で人気の時計とは?

Thomas Hendricks
OFP-178-Young_vs_Oldr-2-1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

10年前の自分の写真を見て、「一体何を着ていたつもりだったんだろう?」、「誰があの髪型が良いと思ったんだろうか?」と考えたことはないだろうか。時計の選択について後悔することはあまりないかもしれないが、好みはやはり、時間の経過とともに変わっていくものだ。  

そこで今回、Chrono24で30代、40代の購入者に人気のある時計トップ10を調べてみた。あなたは、時計市場を把握できているだろうか?各年齢層にマッチする時計を当てることができるかどうか、見ていこう。 

オメガ スピードマスター リデュースドは、若い世代にとても人気がある。
オメガ スピードマスター リデュースドは、若い世代にとても人気がある。
オメガ スピードマスター レーシングは、やや年配のコレクターに好まれる。
オメガ スピードマスター レーシングは、やや年配のコレクターに好まれる。

トップバッターは、オメガ(Omega) スピードマスター リデュースド vs. オメガ スピードマスター レーシングだ。 

データによると、若い世代の購入者はリデュースドを好み、年配の購入者はレーシングエディションを好むようだ。 

これは、若い世代の購入者がより主流なモデルを購入し、より経験豊富な購入者がニッチなモデルを好むという、より広い傾向を反映している。ノモス(NOMOS)でも同じことで、30代はクラシックなノモス タンジェント Ref.139、40代はノモス タンジェント ネオマティック 41 アップデート Ref.180を好む。 

次は、ブライトリング(Breitling) ナビタイマー Ref.806 vs. ブライトリング コルト Ref.A17035だ。 

ブライトリング ナビタイマー Ref.806は、より年配の購入者に人気だ。
ブライトリング ナビタイマー Ref.806は、より年配の購入者に人気だ。
若い年齢層の購入者は、ブライトリング コルト Ref.A17035を好む。
若い年齢層の購入者は、ブライトリング コルト Ref.A17035を好む。

データによると、若い世代の購入者はコルトを好み、年配の購入者はナビタイマーを好むようだ。 

これはさまざまなブランドで見られる、あまり驚くほどではない傾向の好例で、購入価格は年齢とともに上昇する傾向にある、というものだ。30代におけるトップ10の時計の平均販売価格は約52万円であるが、40代では約85万円に跳ね上がる。 

ここで、ロレックス(Rolex)について触れたい。ここで紹介するのはヨットマスター II Ref.116680ヨットマスター 40 Ref.126621である。 

年配のコレクターはヨットマスター II Ref.116680を購入する傾向にある。
年配のコレクターはヨットマスター II Ref.116680を購入する傾向にある。
若い世代のコレクターはヨットマスター 40 Ref.126621のような小さめの文字盤を好む。
若い世代のコレクターはヨットマスター 40 Ref.126621のような小さめの文字盤を好む。

データによると、若い世代はよりコンパクトなヨットマスター 40を、年配の購入者は44mmのRef.116680を好むようだ。実際のところ、年齢が上がるにつれて、ケースサイズがほぼ一致して大きくなっている。トップ10の時計の平均直径は、30代が37.7mmであるのに対し、40代は41.9mmだ。 

さて、最後の組み合わせは少しジャンルを変えてみたい。モダンなカルティエ(Cartier) サントス WSSA0029IWC パイロット クロノグラフ “プティ・プランス” の競争だ。 

カルティエ サントス WSSA0029は、より若い購入者に人気だ。
カルティエ サントス WSSA0029は、より若い購入者に人気だ。
より年配の世代はIWC パイロット クロノグラフ "プティ・プランス" を好む。
より年配の世代はIWC パイロット クロノグラフ “プティ・プランス” を好む。

データによると、若い世代の購入者はサントスを好み、年配の世代はIWCを好むようだ。これは、年齢層別のブランド嗜好など、いくつかの共通した傾向を反映している。若い購入者は、ロレックス、AP、ウブロ、カルティエ、ノモス、オメガ、リシャール・ミルといったブランドに引き寄せられる傾向がある一方で、年配の購入者は、パネライ、IWC、およびブランパン、JLC、ショパール、ブレゲ、グラスヒュッテ・オリジナルなどのより上品なオプションを好むという結果となった。


記者紹介

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介

最新記事

IMG_1477_Header 2 zu 1
2022年11月28日
価値 & トレンド
 11 分

2022年時計業界のベストモーメント

Jorg Weppelink
Swiss-Made-2-1
2022年10月13日
価値 & トレンド
 8 分

「Swiss Made」時計の裏にあるものとは?

Barbara Korp
Watch-Purchasing-East-West-Magazin-2-1
2022年09月27日
価値 & トレンド
 3 分

時計市場を比較:アジアと米国で人気のブランドとモデルとは?

Thomas Hendricks