2020年10月19日
 11 分

A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1 Chrono24バイヤーズガイド

Mathias Kunz
CAM-1413-Buyers-Guide-Lange-2-1-JP

A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1 Chrono24バイヤーズガイド

ランゲ1はA.ランゲ&ゾーネの主要商品で、最も成功したモデル。Chrono24でもランゲ時計の中で最も販売数が高い商品だ。この高級ドレスウォッチの特徴はオフセンターの時刻表示と、ドイツのドレスデンにある州立歌劇場ゼンパー・オーパーの歴史的な5分時計を手本に製造されたアウトサイズデイト。文字盤上は素晴らしくバランスが整っており、ローマ数字とインデックス、そしてスリムなランセット針が特徴的。典型的なランゲ時計同様、時計全体と自社製ムーブメントは手作業で精緻に仕上げられている。ドイツ・ザクセン州に拠点を置く時計マニュファクチュールの時計には、世界最高の時計製造技術を争う最高レベルの職人技が注ぎ込まれているのだ。

A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1
A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1

A.ランゲ&ゾーネは、1994年にサクソニア、アーケイド、そして「プール・ル・メリット」と共にランゲ1を発表した。ランゲ1は最初の20年間ほぼ変更されることなく、このグラスヒュッテに工房を構えるマニュファクチュールの象徴的な時計となっていった。現在では多数のバリエーションが提供されており、36.8mmのリトル・ランゲ1からランゲ1 ムーンフェイズ、そして精巧に仕上げられたランゲ1 トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダーといった工芸美に溢れた作品が揃っている。トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダーはプラチナ製で、手彫りのホワイトゴールド製文字盤を搭載。カリグラフィーにインスピレーションを受け、アウトサイズデイトのブルーの数字は手書きで施されている。このランゲ1 トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダーは世界で15本しか存在しないため、この特別な時計を楽しむことができるのはごくわずかな人だけ。それでは、これからランゲ1コレクションの定番モデルを詳しく見ていこう。

ランゲ1 – グラスヒュッテ レジェンドのデザイン的特徴

A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1 Ref.191.025の概要
A.ランゲ&ゾーネ ランゲ1 Ref.191.025の概要

A.ランゲ&ゾーネは現在、ランゲ1の「ベーシックバージョン」を様々なバリエーションで提供している。ケース素材に関しては、基本的に18Kのイエロー、ホワイト、レッドゴールド、またはプラチナから選ぶことができる。プラチナバージョンにはリファレンスナンバー 191.025が付けられており、シルバー無垢製の文字盤が採用されている。アプライドインデックスとマーカー並びに針は全てゴールド無垢製で、針には耐腐食性のあるロディウム仕上げが施されている。

全てのランゲ1同様、時刻を表示するダイヤルは時計の左側に配置されている。3時、6時、9時、12時はローマ数字となっており、その間にはインデックスが施されている。スモールセコンドは右下にある独自のダイヤルに設置されており、これにもインデックスが使用されている。右上にある2つの部分からなるアウトサイズデイトの窓では、2つのディスクによって日付が表示される。スモールセコンドと日付表示の間にはパワーリザーブの針が設置されており、典型的なランゲ時計のようにパワーリザーブインジケーターのスケールの端は「AUF」 (アップ) と「AB」 (ダウン) で表示されている。このスケールは、文字盤の右端にプリントされている。文字盤上で全ての表示の中心を結ぶと二等辺三角形が現れる。さらにどの表示も重なり合っていないため、ランゲ1はよく考慮され素晴らしくバランスが取れたデザインになっていることがわかる。

ケース径38.5mmのランゲ1は、小さい腕時計の部類に属する。厚さは9.8mm。ケースの大部分はポリッシュ仕上げされており、側面には上質なサテン仕上げが施されている。そして、ブラックのアリゲーターレザーストラップがプラチナのリファレンスナンバー 191.025を手首にしっかりと固定する。A.ランゲ&ゾーネはリファレンスナンバー 191.021のイエローゴールドモデルに、ブラウンのアリゲーターレザーストラップを付けている。アプライドインデックスと針はイエローゴールドで作られており、シャンパン色の文字盤はシルバー無垢製。レッドゴールドのリファレンスナンバー 191.032にもシルバーの文字盤とゴールドのインデックスおよび針が付いている。このモデルには、ブラウンアリゲーターレザーストラップが付いている。

ホワイトゴールドのモデル

ランゲ1 "25th アニバーサリー"、Ref. 191.066
ランゲ1 “25th アニバーサリー”、Ref. 191.066

現在、A.ランゲ&ゾーネはホワイトゴールドのランゲ1を、ディープブルーの文字盤 (Ref. 191.028)、ホワイトゴールドの針を持つシルバーの文字盤 (Ref. 191.039)、そして青焼きされたステンレス針を持つシルバーの文字盤 (Ref. 191.066) を搭載する3つのバリエーションで提供している。最後のモデルは、2019年にランゲ1誕生25周年を記念して発表された “25th アニバーサリー” の特別エディションで、250本限定で生産された。このモデルの特徴は、表面から一段低くされ、マット仕上げが施された文字盤部分にある。また、文字盤にはインダイヤルとアウトサイズデイトも備えられている。ディープブルーでプリントされているインデックスとローマ数字、およびアウトサイズデイトの数字は、青焼きされた針にマッチしている。

この時計のハイライトはホワイトゴールドの裏蓋に施されたエングレービング。裏蓋にはブランド創立時の工房の図柄、「25 JAHRE LANGE 1」、そしてギュンター・ブリュームラインとウォルター・ランゲの名前が刻まれている。1990年代初頭、良きパートナーであったブリュームラインとランゲは、A.ランゲ&ゾーネのブランド復活後に4つのファーストモデルを一緒に発表した。裏蓋を開けると、ランゲ1 “25th アニバーサリー” の内部を見ることができ、ハンドエングレービング入りのテンプ受けを備える美しく仕上げられた自社製ムーブメントが姿を現す。エングレービングはディープブルーで仕上げられている。さらにテンプ受けには特別に、25周年を表すシンボルとして25日を示すランゲ時計独特のアウトサイズデイトがエングレービングされている。

ランゲ1 "25th アニバーサリー"、Ref.191.066 ケースバック
ランゲ1 “25th アニバーサリー”、Ref.191.066 ケースバック

A.ランゲ&ゾーネは、他にもランゲ1 ムーンフェイズ、リトル・ランゲ1、そしてランゲ1 トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダーといった “25th アニバーサリー” モデルを発表している。どのモデルもホワイトゴールドで青焼きされたステンレス針を備えている。

ランゲ1のリファレンス191.028は、ランゲ1 デイマティック、サクソニア、そしてサクソニア・オートマティックも含まれている、いわゆるブルー・シリーズに属している。191.028のディープブルーの文字盤はシルバー無垢製で、ゴールドのアプライドインデックスが施されている。ゴールドの針はロディウム仕上げ。ダークブルーのアリゲーターレザーストラップは、文字盤のカラーに合わせてスタイリッシュにまとめ上げられている。

72時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメントL121.1

2015年以降、A.ランゲ&ゾーネはランゲ1に自社製ムーブメントL121.1を搭載している。それまでは同じく自社製ムーブメントのキャリバーL901.0が搭載されていた。現行と初代キャリバーとの違いは、自社製のヒゲゼンマイが組み込まれていること。またテンプにはネジの代わりに偏心錘が使用されている。これはスワンネック緩急針のように、ムーブメントの正確な調整に役立つ。両キャリバーに共通する特徴は、ランゲ時計特有の4分の3プレートとゴールドシャトン。さらにこのキャリバーにはそれぞれツインバレルが備えられており、完全に巻かれたあとには3日間のパワーリザーブを誇る。そのため、週末にわたってランゲ1を金庫に保管しても、問題なく駆動し続ける。テンプは毎時2万1600回 (3Hz) で振動する。

1994年のランゲ1 – 初代シリーズ

時計モデルの初代シリーズは、多くの時計コレクターにとって特に興味深い。ランゲ1の初代シリーズのリファレンスナンバーは101.001、101.002、そして101.005。最後のリファレンスはプラチナ製で、他の2つは18Kイエローゴールド製となっている。初代シリーズの裏蓋はソリッドバック。現行のモデルはサファイアガラスの裏蓋で、美しく仕上げられたムーブメントを眺めることができる。それ以外、現行のランゲは初代のモデルと見違えるほど似た外観となっている。長年の間に変更された点は、ベゼルの大きさが多少小さめになったことだけだ。

ランゲ1、Ref. 101.005
ランゲ1、Ref. 101.005

1994年、A.ランゲ&ゾーネはこの2つのゴールドモデルの定価を2万7000ドイツマルク (日本円にして約170万円) と設定した。プラチナバージョンは、3万9000ドイツマルク (約250万円) の定価で販売された。現在ゴールドの中古品は約250万円で入手できる。また中古のプラチナバージョンのランゲ1には、約270万円の価格が付けられている。

1990年代後半、A.ランゲ&ゾーネはステンレスバージョンのランゲ1を少ない本数で製造した。発売当時の定価は2万8500ドイツマルク (約180万円)。ステンレスバージョンはとても人気で希少のため、オークションでは定期的に記録的な価格で落札されている。2019年12月、フィリップスオークションハウスがバックス&ルッソ (時計エキスパートとして知られ、以前はクリスティーズオークションハウスで勤務していたオーレル・バックスとリビア・ルッソ夫婦) との協働で、ステンレスランゲの一本がなんと3800万円で落札された。

2つのタイムゾーンを表示する一本 – ランゲ1 タイムゾーン

ランゲ1 タイムゾーン リファレンス116.032は、ホワイトゴールド製の「標準」ランゲ1 リファレンス191.039と並んで、Chrono24で最も販売数の高いランゲ時計だ。2005年に発表されたランゲ1 タイムゾーンは、クラシックなランゲ時計に第2のタイムゾーンを追加したモデルで、海外出張が多い方に最適な一本。第2タイムゾーンは、「標準」のランゲ時計でスモールセコンドが配置されている場所にあるインダイヤルで表示される。そしてスモールセコンドは、メインの時刻を表示するダイヤルの6時位置に移動されている。リューズを使ってメインの時刻を設定すると、第2タイムゾーンの針も連動して動く。8時位置にあるプッシュボタンで小さい方のダイヤルの時針を1時間刻みで動かすことができる。

ランゲ1 タイムゾーン、Ref.116.032
ランゲ1 タイムゾーン、Ref.116.032

時計の5時位置にある小さなダイヤルの矢印は、選んだタイムゾーンを示している。時刻がどのタイムゾーンを表示しているか把握するために、各タイムゾーンを代表する都市名が記されている。アウトサイズデイトは、メインの時刻を表示するダイヤルと連携している。

ランゲ1 タイムゾーンのレッドゴールドのケース径は41.9mm。美しく繊細な装飾が施された自社製キャリバーL031.1は、サファイアガラスを通して眺めることができる。手巻きキャリバーのパワーリザーブは72時間を誇る。新品時計の価格は約450万円で、過去12ヶ月の間に約50万円上昇した。中古品の価格は約330万円。2020年に発表された後続モデル (Ref.136.032) の定価は48万ユーロ (ドイツ国内の希望小売価格で、日本円にして約590万円) となっている。

価格と価格推移

基本的にA.ランゲ&ゾーネの時計は最も高価な価格帯の時計に属する。初代ランゲ1からわかるように、ランゲ時計の価値上昇は大いに見込める。だが近年発売されたモデルはどれもそうなるとは限らない。シルバーの文字盤を備えたホワイトゴールドのリファレンス191.039の場合、未使用品は約317万円、中古品は253万円。新品価格は過去4年間で37万円ほど上昇したが、Chrono24ではこのモデルを定価より約86万円安い値段で入手できる。

イエローゴールドのランゲ1 リファレンス191.021では状況が多少異なる。このモデルの中古品は約200万円というお手頃な価格で購入することが可能。約400万円する定価から50%も節約できることになる。Chrono24では新品時計を約416万円で見つけられる。ここ何年かの間で価格は110万円以上上昇した。

ローズゴールドのリファレンス191.032を所有したい場合、未使用品だと316万円ほど準備する必要がある。中古のレッドゴールドはそれより多少低い価格で入手できる。メーカー希望小売価格は約400万円だ。

ランゲ1 Ref.191.025のChrono24での価格推移
ランゲ1 Ref.191.025のChrono24での価格推移

プラチナ製のランゲ1 (Ref.191.025) には、最も高い定価が付けられている。この高貴な時計の公式価格は42万100ユーロ (ドイツ国内メーカー希望小売価格、日本円にして約517万円) となっている。Chrono24では新品を約413万円で入手でき、メーカー希望小売価格より104万円も安い。中古品は約353万円で購入できる。

もっと読む

タグ ホイヤー オータヴィア Chrono24バイヤーズガイド

Chrono24 グランドセイコー ヘリテージ ご購入ガイド

Chrono24 ブライトリング ナビタイマー ご購入ガイド


記者紹介

Mathias Kunz

2015年からChrono24の編集者として働いており、毎日時計と関わっています。特に興味を持っているのは、伝統と工芸・工学技術を体現する精巧なメカニズムです。…

記者紹介

最新記事

Audemars-Piguet-Patek-Philippe-8-things-2-1
2024年03月23日
ご購入ガイド
 8 分

失敗したくない!時計に投資する前に知っておくべき8つのこと

Chrono24