Hirota Masayuki

Hirota Masayuki

1974年
日本
1985年
多すぎて書き切れません
シーマの手巻き
スヴェン・アンデルセン パーペチュアル・ミニッツリピーター・レトログラード
中学生になった時に、時計への興味を抱きました。その後、会社員として一般企業で働きましたが、2004年にフリーランスの時計ライターとなり、2017年からは時計専門誌『クロノス日本版』で編集長を務めています。興味のあるテーマは多岐にわたりますが、個人的な好みは自動巻きムーブメントの開発史です。極東から、ちょっと面白い時計の情報や、日本の古い時計についての情報をお届けする予定です。Chrono24はもちろん愛用しています。先日は、オーストリアから素晴らしいコンディションのジン 244を入手しました。

すべての記事 (3)

CAM-1398-Seiko-Kaliber-6139-Magazin-2-1
2022年03月17日
 7 分
セイコー

近代クロノグラフの祖、セイコー6139

Hirota Masayuki
CAM-1476-2-1
2020年12月07日
 4 分
ライフスタイル

日本市場、そのユニークさについて

Hirota Masayuki