Tim Breining

Tim Breining

1992年
ドイツ
2014
グランドセイコー
ノモス タンゴマット
特になし
2014年に工学部の学生であった際に、時計への興味を見いだしました。初めはちょっと興味があった時計というテーマは、徐々に情熱に変わっていきました。Chrono24は私が通っていた大学と同じカールスルーエにあり、アルバイトをするのに打ってつけでした。私が技術的な分野を専攻していたこともあり、時計とムーブメントの技術的な面に惹かれます。コンプリケーションがどのように設計されているのか、また時計の設計においてどのような工夫がなされているのか、という部分を大変面白く思います。時計に関する古い本や時計の設計についての専門書のページをよく捲っています。また、時計のメンテナンスと修理についても関心を抱いており、私の時計工具の小さなコレクションは段々大きくなりつつあります。

すべての記事 (41)

イエマ – 波乱万丈の歴史を持つ時計ブランド
2024年01月29日
 14 分
ブランド

イエマ – フランス時計業界の未来を担うブランド

Tim Breining
TLWS-Tim-Breining-2-1
2023年12月07日
 6 分
ライフスタイル

The Love we share:時計とその背後にいる人々

Tim Breining
MB&F-2-1
2023年10月27日
 11 分
時計モデル

1つの時計、2つの機構:2つの脱進機を搭載した時計

Tim Breining
Nomos automatic movement
2023年06月22日
 5 分
時計技術

クォーツ時計の基本とその仕組み

Tim Breining
Yema Wristmaster Traveller-2-1
2023年04月17日
 9 分
時計アドバイザー

注目すべきフランスの時計ブランド3選

Tim Breining
Automatikwerk-Tudor-2-1
2022年10月17日
 13 分
時計技術

チューダーとオリス 自社製ムーブメントへの道

Tim Breining
B_2_1
2022年07月19日
 11 分
時計技術

革新的な脱進機:マイクロシステム技術とシリコン

Tim Breining