Tim Breining

Tim Breining

1992年
ドイツ
2014
グランドセイコー
ノモス タンゴマット
特になし
2014年に工学部の学生であった際に、時計への興味を見いだしました。初めはちょっと興味があった時計というテーマは、徐々に情熱に変わっていきました。Chrono24は私が通っていた大学と同じカールスルーエにあり、アルバイトをするのに打ってつけでした。私が技術的な分野を専攻していたこともあり、時計とムーブメントの技術的な面に惹かれます。コンプリケーションがどのように設計されているのか、また時計の設計においてどのような工夫がなされているのか、という部分を大変面白く思います。時計に関する古い本や時計の設計についての専門書のページをよく捲っています。また、時計のメンテナンスと修理についても関心を抱いており、私の時計工具の小さなコレクションは段々大きくなりつつあります。

すべての記事 (38)

Top-3-Chronographen-für-jedes-Budget-2-1
2022年09月08日
 9 分
時計アドバイザー

おすすめクロノグラフ:エントリークラスからオートオルロジュリーまで

Tim Breining
B_2_1
2022年07月19日
 11 分
時計とテクニック

革新的な脱進機:マイクロシステム技術とシリコン

Tim Breining
Omegas-Co-Axial-Hemmungen–Magazin-2-1
2022年06月28日
 9 分
オメガ

コーアクシャル脱進機 作ったのはオメガ?

Tim Breining
OFP-27-Exoten_ETA_Sellita-Magazin-2-1
2022年05月10日
 7 分
時計とテクニック

ETAやセリタのムーブメントは「既製品」の枠を超えた存在だ

Tim Breining
Audemars Piguet Salmon-2_1
2022年02月15日
 8 分
パテック フィリップ

驚異的なソヌリ: 完璧な音を奏でる3本の時計

Tim Breining
CAM-2108-Extreme-Bedingungen-2-1
2022年01月31日
 10 分
ロレックス

ロレックスは過酷な環境に耐えられるのか?

Tim Breining
Tims-Lieblingsuhrwerk-2-1
2022年01月25日
 10 分
時計とテクニック

ノモス グラスヒュッテのムーブメントの進化

Tim Breining
Jacques Lemans Eco Power Solar Watch-2-1
2021年09月10日
 13 分
時計アドバイザー

高級時計とサステナビリティ – その可能性と矛盾

Tim Breining