2022年09月26日
 9 分

GMTウォッチを作るトップ3ブランド

Chrono24
Top-3-watch-brands-known-for-their-GMT-watches-Magazin-2-1
高級時計に関するレビュー、チュートリアル、トーク、インタビューをもっと見たい場合は、Chrono24のYouTubeチャンネルをご覧ください。

正直に言おう。GMTは最も実用的なコンプリケーションのひとつである。しかし、私たちはしばしば、この「コンプリケーション」という言葉をトゥールビヨンや、永久カレンダー、ミニッツリピーターなどの高度に技術的な素晴らしい機能に結びつけて考えがちである。しかし日付表示のようなシンプルな機能もまた時計の複雑機構なのだということを思い出すべきだ。複雑機構の最も簡単な定義は、時刻表示以外に関する全ての機能、というものなのだから。というわけで、日付表示、パワーリザーブ表示、クロノグラフ、GMT機能などは全て時計の複雑機構である。筆者に言わせれば、最後にあげたものこそが、非常にエキサイティングかつクールなルックスのものだ。

頻繁に旅に出る人なら、GMTウォッチの第2タイムゾーン、さらには第3タイムゾーンまでも表示できるという機能の持つ付加価値がよくわかるだろう。その上、GMTウォッチの多くは、ただただかっこいい。これが部分的には、多くの時計ファンが知り、惚れ込むこととなったデザインをスタートさせた、あのロレックス(Rolex) GMTマスターの信じられないほどのクールなルックスに行き着くのである。しかも追加のGMT針を持つこれらの時計は、見ていて非常に興味深い。

では、GMTウォッチの世界を牽引するブランドのいくつかを取り上げ、その最も人気のモデルを見ていこう。

If you travel a lot, you will realize the added value of a GMT watch.
頻繁に旅に出る人なら、GMTウォッチの持つ付加価値がよくわかるはず。

1. ロレックス

このリストを始められるのは、言うまでもなく、ひとつのブランドしかあり得ない。ロレックスが1954年にGMTマスターを発表したとき、おそらく同社はこのリリースがその後どれほど大きな影響を及ぼすことになるのか、決して予測できていなかっただろう。パンアメリカン航空のロゴから着想を得たレッド&ブルーの配色の24時間表記ベゼルを持つこの時計は、業界のアイコンとなり、そしてGMTウォッチがあるべき姿のブループリントとなったのだ。著者はロレックス GMTマスターの大ファンだ。何十年もの間、ロレックスはこの時計のオリジナルモデルのDNA・魅力を損なうことなく、常に改良を続けてきた。これこそまさしく、ロレックスが広く知られている理由である。セラミックベゼルインサートが備わるモダンなGMTマスター IIモデルはオリジナルの魅力をいくらか失ってしまったが、代わりに、一流の、現在のクオリティを手にできるのだ。現行のGMTマスター II Ref.126710はそれでも、完璧で非常にクールな旅のお供となる素晴らしいタイムピースである。定番の “ペプシ” ベゼルを選ばなくてもいい。なぜなら、ステンレススチールモデルにはブラック&ブルーベゼルのものもある。これはストラップのチョイスによって、“バットマン” あるいは “バットガール” と呼ばれている。加えて、ブラック&グリーンのベゼルを持つ、今年リリースされた左利き用バージョンもある。ステンレススチールの時計がお好みでないなら、コンビモデルや金無垢のオプションも選択可能だ。

しかし、GMTマスターだけがロレックスのコレクションに存在する唯一のGMTウォッチではない。2番目は、ロレックス エクスプローラー Ⅱ である。この時計はもともと洞窟探検家のために開発されたものだが、現実には、探検家、旅行者、時計ファン全体に好んで使用されている。現行のロレックス エクスプローラー Ⅱ Ref.226570はケース径42mmとGMTマスター IIより若干大型であり、24時間表示のステンレススチール製固定ベゼルが備わっている。この時計はホワイトまたはブラックの文字盤から選択でき、大きな明るいオレンジのGMT針が鮮やかなアクセントとなっている。何十年もの間エクスプローラー Ⅱは、いくらかよりシンプルで見やすいGMTウォッチを好む人の間で人気が出てきた。これが旅の素晴らしいお供となる見事な時計であることには疑問の余地がない。 

The Rolex Explorer II is the second famous GMT watch created by the brand with the crown.  
王冠を抱くブランドによる、2番目に有名なGMTウォッチであるロレックス エクスプローラー Ⅱ。

2. グランドセイコー

最高のGMTウォッチを作ることで知られる2つ目のブランドは、グランドセイコーだ。この国産高級時計メーカーは、過去数年の間に認知度と評価を急上昇させた。グランドセイコーのコレクションには、よりスポーティーなモデルから、素晴らしく美しい、クラシックなルックスのGMTまで、幅広く多様なGMTウォッチがそろっている。グランドセイコーはその高技術な職人技で有名であり、同ブランドのムーブメントはその価格で得られる最高のものである。その上、その多様なセレクションには機械式ムーブメント、感動的なスプリングドライブムーブメント、あるいは同ブランドのハイエンドなクォーツ式キャリバーの一つを搭載したものなど、全ての人にとってぴったりなGMTウォッチがある。いくつか、ハイライトを紹介しよう。クラシックなロレックスGMTマスタールックがお好きなら、グランドセイコー SBGJ237SBGJ239がおすすめだ。この2つのモデルは、アイコニックな、昼と夜を表す2トーンの24時間表記ベゼルを持つ。しかしこれらは通常のセラミックあるいはアルミのベゼルではない。どちらもサファイアクリスタルでできているため、独特な外見なのである。セイコーのルミブライト夜光塗料と同じように、薄暗い明かりの中でくっきりと光る。素晴らしい正確さを誇る、グランドセイコーのハイビートキャリバーを搭載したこれらの時計は、素晴らしいルックスと見事な職人技が組み合わされたものだ。

もう一つのグランドセイコーによる素晴らしいGMTウォッチのペアといえば、エボリューション9 GMTである。SBGE283とSBGE285は今年始めのWatches & Wondersでリリースされた。その新しいモダンな41mm径のチタン製ケースには、目を見張るばかりである。SBGE283は美しいブラックの文字盤を持つが、トップに輝くのは、いわゆる「朝霧」文字盤を持つSBGE285の方だ。このホワイトグレーのダイヤルは、極めて美しい質感を備えており、それがこの時計の外見に信じられないような深みを与えている。どちらの時計もモノトーン配色だが、それがお好みの人にとっては、最適な選択肢である。これらのタイムピースにはグランドセイコー 9R66 スプリングドライブキャリバーが搭載されている。この特別なムーブメントは一流の技術的な精巧さを誇り、そのために信じられないほどの正確性を持ち、どのタイムゾーンにいてもしっかり役目を果たしてくれるのだ。これらはグランドセイコーが提供する数多くの素晴らしいオプションのほんの一部にすぎない。このブランドのカタログをチェックしてみれば、見事なGMTウォッチの数々を見つけられるだろう。著者に言わせれば、これこそがグランドセイコーがGMTウォッチのマスターたる理由である。

 

The Grand Seiko Evolution 9 series is one of the hottest new releases in 2022.  
2022年のホットな新作の一つ、グランドセイコー エボリューション9シリーズ。

3. チューダー

今回、最後にあげるブランドはチューダーである。このロレックスの弟分ブランドは、ブラックベイシリーズにおいていくつかの見事なアンティーク風の時計を作ったことで非常に高い評価を得た。チューダーは、ブラックベイコレクション内に2つのGMTモデルを持つが、どちらも明らかに過去のロレックスモデルからインスピレーションを得たものだ。しかしだからといって敬遠すべきではない。これらの時計がデザインの元にしたロレックスのアイコンは、非常に高額なのだから。チューダーはアンティーク風のデザインと現代のテクノロジーを手頃な料金で組み合わせることに成功し、そのためにアンティークタイムピースにかける予算をあまり持たない、より多くの、より若い客層に非常に人気のブランドとなった。2つのうち最初のモデルは、チューダー ブラックベイ GMT。この時計のステンレススチール製バージョンは、41mm径ケースとブルー&レッドの “ペプシ” ベゼルを持つ初期のロレックス GMTマスターの精神をうまくとらえている。ブランドは文字盤デザインと一目で見分けのつくチューダー スノーフレーク針をもって、この時計に独自のひねりを効かせた。こういった特徴により、ブラックベイ GMTはクラシックなロレックスの外見とは違うものになっている。ステンレススチールモデルに加えて、チューダーはコンビのブラックベイ GMT S&Gを今年これまでに発表した。この時計はあのロレックス GMTマスター “ルートビア” から着想を得ている。チューダーはこれをステンレスケース、ゴールドのベゼル、コンビのブレスレットで作った。ブラックの文字盤、ブラック&ブラウンのベゼル、ゴールドのアクセントと合わせて、この時計は全体的に見事なレトロ風の見た目である。

チューダー ブラックベイ プロは、ブラックベイ GMT S&Gと一緒に、今年の始め、Watches & Wondersで発表された。この時計は、業界のアイコンとなった1970年代のクラシックなロレックス エクスプローラー Ⅱ Ref.1655を彷彿とさせるデザインである。チューダーはこの歴史的なモデルの人気の高いルックスを利用し、特徴的なチューダーダイヤルと針を組み合わせたのだ。この39mm径のステンレススチール製ケース、快適なステンレススチールブレスレットと組み合わされた見事なデザインが、ブラックベイ プロを2022年に最も話題になった時計のひとつとした。そしてそれが、チューダーが極めてクールな見た目のGMTウォッチを複数持っていることの何よりの証明である。これらのタイムピースのどちらもが、あなたの次の旅のお供となりえるのだ。

 

The new Tudor Black Bay GMT Pro  
新生チューダー ブラックベイ GMT プロ 

というわけで、現時点で市場に出回るGMTウォッチの中でも最高のものを作る、3つのトップブランドをご紹介した。しかし、この3社の中から気に入ったGMTウォッチが見つからなくても、心配はいらない。他にも数多くのGMTウォッチが存在するのだ。お探しの人は、いくつか名前をあげるなら、ロンジン、ゾディアック、オリス、セイコー 、ブルガリ 、クリストファー・ワード、ジンなどの最新のGMTウォッチをチェックすることをお忘れなく。とにかく、優れた選択肢は数えきれない。きっとあなたのお眼鏡にかなう時計が見つかるはずだ。素敵な時計に巡り合えるよう、願っている。


記者紹介

Chrono24

Chrono24マガジンの裏側にはChrono24社員、フリーの記者、ゲスト記者などがいますが、その全員に共通していること、…

記者紹介

最新記事

Cartier-popular-2-1
2023年01月10日
ブランド
 6 分

カルティエの人気が上昇している理由とは?

Jorg Weppelink
Rolex-GMT-Master-II-2-1
2022年12月22日
ブランド
 5 分

2023年は、GMTマスター IIを買うべき時なのか?

Donato Andrioli