時計を販売する:

個人販売

毎月2500本以上の時計が、個人販売されています。

時計を販売する

業者販売

日々50万人の時計ファンに対してあなたの時計ショップをオープンしましょう

Chrono24販売業者になる
無料の価格算定
あなたの時計の価値は?

ビュー

並び替え

Patek Philippe (パテック フィリップ) スカイムーントゥールビヨン ホワイトゴールド 44mm ブラック
新品/未使用
Patek Philippe (パテック フィリップ)スカイムーントゥールビヨン・新品/未使用・正規の書類付属、正規のボックスなし・44 mm・ホワイトゴールド
価格は応相談
プロの販売業者
91
AE

超複雑な腕時計: パテック フィリップ スカイムーン トゥールビヨン

スカイムーン トゥールビヨンは、パテック フィリップで最も複雑な時計の一つです。この時計に搭載された12のコンプリケーションには、永久カレンダー、ミニッツリピーター、天文星座図などが含まれています。また、この時計はパテック工房初のダブルフェイス時計です。


スカイムーン トゥールビヨンを買う5つの理由

  • 12コンプリケーション: 世界一たくさんのコンプリケーションを搭載した時計
  • パテック フィリップ初のダブルフェイス時計
  • 恒星時、星座図、ムーンフェイズなど様々な天空に関する表示
  • ムーブメントとケースの完璧な仕上げ
  • プラチナ、または18Kゴールド素材

最高峰の時計技術

パテック フィリップのスカイムーン トゥールビヨンには合計12のコンプリケーションが搭載されており、これは最高級の時計芸術の証とも言えるモデルです。搭載されている複雑機構には、永久カレンダー、レトログラード ポインターデイト、閏年とムーンフェイズ表示、ミニッツリピーターなどがあります。これに加え、裏面に天文に関する表示があります。この天文表示とは星座表、北半球の星と月の動き、そしてムーンフェイズのことです。さらに、時計には完璧なグレービング装飾が施されています。外からは見えないトゥールビヨンが、時計の高精度を保証しています。

パテック フィリップはスカイムーン トゥールビヨンを2001年に発表しました。その当時、スイス出身のマニュファクチュールが生み出したこの時計 リファレンスナンバー5002は、複雑機構が世界一多く搭載されたモデルでした。またこのトゥールビヨン時計は、初の表裏両面表示の腕時計でした。パテック フィリップはこの構造を「ダブルフェイス」と名付けました。表側には時刻、日付、月、閏年のサイクル、月齢が表示されています。月齢によって、最後の満月から何日経過したかが分かります。レトログラード日付表示はセンター針によって示されます。

2013年にパテック フィリップはスカイムーン トゥールビヨンの改定モデルを発表し、このモデルには リファレンスナンバー6002が付けられました。このモデルにも同じく12のコンプリケーションが搭載されています。リファレンスナンバー6002は、機能的にはモデル5002とほぼ同一です。新型モデルの特徴は、繊細な装飾が施されたホワイトゴールド素材のケースと、クロワゾネ装飾の文字盤にあります。文字盤とベルトの色の種類には、ブルーとブラックが提供されています。リファレンスナンバー5002と6002はパテック フィリップのコレクショングランド コンプリケーションに属するモデルです。


スカイムーン トゥールビヨンの価格は?

リファレンスナンバー 価格 (約) ケース素材
6002G 1億9300万円 ホワイトゴールド
5002R 1億6700万円 ピンクゴールド
5002G 1億6700万円 ホワイトゴールド
5002P 1億4150万円 プラチナ

価格の詳細

スイス高級時計ブランド、パテック フィリップが製造する最高に複雑な時計が欲しいという方には、スカイムーン トゥールビヨンがぴったりです。 リファレンスナンバー5002の価格は約1億7000万円になります。ケース素材は、プラチナ、ピンクゴールド、ホワイトゴールドからお選びいただけます。

モデル リファレンスナンバー6002の価格は約1億9300万円です。ホワイトゴールド素材のケースには、微細なグレービング装飾が施されています。ベルトと文字盤の色は、ブラックとブルーの2種類が提供されています。

20のコンプリケーションを搭載したグランドマスター チャイムはスカイムーン トゥールビヨンよりもさらに複雑です。この時計にはさらに、グランド・ソヌリとプチ・ソヌリ、そしてミニッツ・リピーターとアラーム機能などが搭載されています。これに加えて、複数のパワーリザーブ表示、永久カレンダー、第2タイムゾーンも付いています。価格は新品モデルで約3億8600万円になります。


グランド コンプリケーション シリーズの価格は?

コンプリケーションは 永久カレンダーだけで十分だという方には、パテック フィリップのグランド・コンプリケーション コレクションからの新型のモデルRef.5327がお勧めです。新品の価格は約770万円、中古は約705万円になります。ケース素材はイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドの3種類からお選びいただけます。

新型の プラチナ素材のミニッツ・リピーター搭載パテック フィリップ時計 、またリファンレンスナンバー5078は新品で約3885万円の価格です。中古はそれより数十万円安くなります。ジュネーブ出身の高級時計ブランドパテック フィリップはさらに、永久カレンダーとミニッツリピーターの両方を搭載した時計も提供しています。プラチナ製モデル5374がそのようなタイムピースで、価格は約6800万円です。

見た目が大変美しいデザインを持つ時計と言えば、セレスティアル モデルシリーズのリファレンスナンバー5102、または6102でしょう。前面は星座表、また北半球の星と月の動き、さらに月の満ち欠けを表示します。中古のホワイトゴールドモデル5102の価格は約2200万円、新品価格は約2375万円になります。ピンクゴールド素材のセレスティアル、リファレンスナンバー6102は約2565万円です。プラチナモデルの価格はそれより少し上がり、2850万円程になります。ダイヤモンド装飾が施されたベゼル使用のセレスティアルモデルには約3850万円の価格が付けられています。


パテック フィリップ スカイムーン トゥールビヨン – 2001年のモデル

パテック フィリップがスカイムーン トゥールビヨン リファレンスナンバー5002を発表した当時、これは ジュネーブ出身のマニュファクチュール、パテック フィリップが生み出した中で最も複雑な腕時計 でした。時計の中にはトゥールビヨンが入っており、このため非常に高精度です。この脱進機は18世紀後期にアブラアム=ルイ・ブレゲによって発明されたものです。当時多くの男性が懐中時計を所有しており、これをベストのポケットに縦向きに入れて持ち歩いていました。この向きのため時計の精度は重力の影響を受け、ズレが生じました。ブレゲは振幅と脱進システムをキャリッジ(ケージ)に収め、これ全体が60秒間に360度一周し、このローテーションによって時計のズレが調整される仕組みになっていますパテック フィリップの他にもA.ランゲ&ゾーネブランパン、そしてもちろんブレゲ等のメーカーが、各社が製造する高級時計にトゥールビヨンを搭載しています。

スカイムーン トゥールビヨンには合計12のコンプリケーションが搭載しており、これらに加えて 「ダブルフェイス」表示になっています。前面には従来の時計のように、時刻が表示されており、さらに永久カレンダー、文字盤の縁に記された数字で示すセンター針のポインターデイトが付いています。曜日は9時位置に配置されたインダイヤルで表示し、3時位置には月を表示するインダイヤルがあります。また、6時位置には月齢の表示が置かれており、これを用いて最後の満月から何日経過したかが分かります。12時位置には閏年の周期が表示されます。

時計を裏返すと 天空星座図が見えます。太陽系と地球を含む、天の川銀河がすぐ目に入ります。また、月も小さく表示されています。時計の裏側ではムーンフェイズと北半球の星と月の動きを読み取ることができます。これに並び、シリウス製の子午線通過時刻、月の子午線通過時刻も表示します。2本の針は恒星時を示します。これは従来の太陽時より約4分短く、天文台でよく使われます。恒星日とは、地球が恒星に対して360度自転する周期です。

パテック スカイムーン トゥールビヨン のケース素材は、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド、プラチナの4種類からお選びいただけます。サイズは直径42.8mmで、手巻きキャリバーR TO PS QR SID LU CLは686のパーツから出来ています。


精巧に装飾されたスカイムーン トゥールビヨン

2013年、パテック フィリップはスカイムーン トゥールビヨンを新しく改定しました。最新のモデルはリファレンスナンバー6002です。この時計にも、前モデルと同じ手巻きキャリバーが搭載されており、このため同じく12のコンプリケーションを持っています。パテック フィリップは改訂版の表示に変更を加えました。永久カレンダーがインダイヤルでなく、 小窓での表示になりました。9時位置には曜日、3時位置には月、12時位置には閏年の周期を表示する小窓が設置されています。また、新型のモデルの6時位置には、月齢に替わりムーンフェイズが表示されています。前面のレトログラード日付表示と、裏面の天文表示は前モデルと同様です。

パテック フィリップ スカイムーン トゥールビヨン 中でも頂点と呼べるモデルは、リファレンスナンバー6002です。このモデルのホワイトゴールド製ケースは精巧に装飾されており、エナメル装飾が仕上げられた文字盤が使用されています。また、ケースの彫刻は手作業で仕上げられています。その模様にはオーナメント、アラベスク、カラトラバ十字のモチーフが見られます。カラトラバ十字は1887年からパテック フィリップ社のマークとされています。この百合の十字マークはイベリア半島のカラトラバ騎士団のエンブレムでした。1158年にライムンド・セラート修道院長が、カラトバ城をムーア人勢力から守るために、カラトラバ騎士団を設立しました。パテック フィリップは1932年、この騎士団に因んで同社の時計モデルにカラトラバという名を付けました。

スカイムーン トゥールビヨンに施される微細な彫刻には、100時間以上の作業時間を要します。この作業終了後、パテック フィリップの社長が彫刻の品質を個人的に確認します。また、ミニッツ・リピーターを作動させるスライドピースにも芸術的な彫刻が施されています。2つの リュウズに施された装飾も同じく芸術的であり、さらに機能的な意味も持ち合わせています。4時位置のリュウズで時計を調整し、機構を巻き上げます。リュウズを回す方向は矢印で示されています。2つ目のリュウズは2時位置に設置されており、これを用いて裏面の天文機能を設定します。そのためこのリュウズには、月と星の彫刻が施されています。

文字盤の前面は正に芸術品と言えます。装飾のエナメル加工には、複数の技法が用いられています。特に シャンルヴェ七宝とクロワゾネ七宝は華々しいものです。クロワゾネ七宝はベースの金属の上にさらに金属線を貼って輪郭を描き、できた枠の中をエナメルで埋めています。金属線シャンルヴェ七宝ではベースの金属部分を堀り、できた窪みをエナメルで埋めています。そして埋められたエナメルを平らになるまで研磨します。この大変手の込んだ装飾が、スカイムーン トゥールビヨンの前面を芸術的に飾ります。

アリゲーターレザーストラップと文字盤の色は、ブルーとブラックの2種類があります。アワーマーカーにはローマ数字が使用されており、これはゴールドでアプライドです。分目盛りのデザインは鉄道の線路を思わせます。ケースサイズは直径42.8mmです。