記者紹介

Chrono24マガジンは、インターナショナルなChrono24のチームとフリーのライターによって作られています。私たちの共通点は、エクスクルージブで特別な時計に情熱を抱いていることです。そして、数年前からこの情熱を読者の皆様とシェアさせていただいております。時計技術、デザイン、ブランドやモデルなどにおいて、それぞれの記者に各自の得意分野があります。

Jorg Weppelink

Jorg Weppelink

こんにちは、ヨルグです。2016年からChrono24で記者として執筆しています。しかし、Chrono24との関係はそれ以前からあって、時計好きになったのは2003年頃からです。私の友人 …

記者紹介
Donato Andrioli

Donato Andrioli

チューダー ブラックベイ41という機械式時計を始めて買って以来、機械式時計の虜になってしましました。特に、古くて感動的な歴史を持つアイコン時計が大好きです。

記者紹介
Pascal Gehrlein

Pascal Gehrlein

こんにちは、パスカルです。初めての「高級時計」を探してChrono24のサイトを何時間も見ていた際に、Chrono24の本社が自分の家のすぐ近くにあることを発見しました。…

記者紹介
Tom Mulraney

Tom Mulraney

1980年代~90年代にオーストラリアで育った私にとって、時計業界は身近なものではありませんでした。住んでいた町に高級時計を扱う正規販売店は1件しかなく…

記者紹介
Balazs Ferenczi

Balazs Ferenczi

時計にはもうずっと前から興味を持っています。時計は男性が身に付けられる唯一のアクセサリーである、といつも思っていました。時計は身に付ける人の個性を表現します。何年もの間、私は …

記者紹介
Thomas Hendricks

Thomas Hendricks

私はもともと時計を見て育ったわけではありません。しかし、大学を卒業してから数年後、私はオンラインポータル「Watchonista」でライター兼マーケターとして就職。同僚は私に向かって冗談半分で「誰も後戻りできない時計の世界へようこそ!」と言いました。現在はChrono24でプライベートクライアントアドバイザーとして、人生の大事な節目に完璧な時計を探す人々のお手伝いをしています。

記者紹介
Sebastian Swart

Sebastian Swart

すでに数年前からChrono24のサイトを時計の買取と販売、そして時計について調べるのに使っていました。私は子どもの頃から時計に興味を持っており…

記者紹介
Tim Breining

Tim Breining

2014年に工学部の学生であった際に、時計への興味を見いだしました。初めはちょっと興味があった時計というテーマは、徐々に情熱に変わっていきました。Chrono24 …

記者紹介
René Herold

René Herold

こんにちは、レネー・へロルドです。Chrono24には求人情報を見て応募しました。正直言うと、時計というテーマは当時私にとってそれほど大きな意味合いを持っ …

記者紹介
Bert Buijsrogge

Bert Buijsrogge

"以前は15年間不動産に勤めていましたが、ここ数年間で趣味の時計が仕事になりました。時計には思春期の頃から興味を抱いていましたが、20代初期にヴィンテージのロ …

記者紹介
Mathias Kunz

Mathias Kunz

2015年からChrono24の編集者として働いており、毎日時計と関わっています。特に興味を持っているのは、伝統と工芸・工学技術を体現する精巧なメカニズムです。…

記者紹介
Troy Barmore

Troy Barmore

私は幼い時から時計ファンでした。その熱中が始まったのは、兄のジラール ペルゴ クロノグラフを買うという目的のためだけに夏休みのアルバイトを引き受けた時です。それ以来、私の好みはヴィンテージ ツールウォッチや現代的な独立系ブランドにまで及んでいます。

記者紹介
Hyla Bauer

Hyla Bauer

ハイラ・バウアーの時計への情熱は、バーゼルやジュネーブの時計見本市のために初めてスイスを訪れたときに生まれました。彼女にとって時計は、人が身につけることのできる最も親密で貴重なアイテムです。価値があり、長く使え、所有者にとって個人的な意味を持つものです。

記者紹介
Barbara Korp

Barbara Korp

時計が単なるアクセサリー以上のものであることを発見した時、私はすっかり時計にハマってしまいました。時計技術の美しさに心を奪われてしまったのです。それと同時に、ほとんどのモデルが私の手首には大きすぎることに失望を感じました。しかし、諦めるという選択肢はなく、その結果、小さなケース径を持つ時計に対する関心が発展することになりました。

記者紹介
Hirota Masayuki

Hirota Masayuki

中学生になった時に、時計への興味を抱きました。その後、会社員として一般企業で働きましたが、2004年にフリーランスの時計ライターとなり、2017年からは時計専門誌『クロノス日本版』で編集長を務めています。興味のあるテーマは多岐にわたりますが、個人的な好みは自動巻きムーブメントの開発史です。

記者紹介
RY

RY

1990年生まれ。初めて購入した機械式時計をきっかけに腕時計の魅力に取り憑かれる。2019年にブログ『腕時計のある人生』を、2020年にYouTube『腕時計のある人生Channel』を開設するなど、多方面で活動中。

記者紹介
Tomas Renner

Tomas Renner

Chrono24でもう長いこと働いている、トーマスです。初めて自分で買った腕時計はカシオのクォーツ式ツールウォッチで、スカイダイビングに役立つ高度計機能が付いて …

記者紹介

Chrono24マガジンへのご連絡

編集部へのご質問やご意見など、またはChrono24マガジンのゲストライターに関してご興味がある場合などは、こちらからメッセージを送信してください。できるだけ速く、ご返信させていただきます。

問い合わせる