75,000件のご購入体験が素晴らしく評価されています
ブランドから探す
カテゴリーから探す
すべてのカテゴリーを表示
サービス
時計を販売する:

個人販売

毎月2500本以上の時計が、個人販売されています。

時計を販売する

業者販売

日々50万人の時計ファンに対してあなたの時計ショップをオープンしましょう

Chrono24販売業者になる
無料の価格算定
あなたの時計の価値は?

Omega (オメガ) スピードマスター 時計

」で7,668件の商品が見つかりました

一番人気のモデル


ビュー

並び替え

Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ゴールド/スチール 42mm シルバー 日本, Tokyo
TOP
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ゴールド/スチール
¥ 770,000
送料無料
プロの販売業者
4.91 (784)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 42mm シルバー 文字盤無し 日本, Tokyo
TOP
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 3,039,900
送料無料
プロの販売業者
4.91 (784)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ゴールド/スチール 42mm グレー 文字盤無し 日本, Meguro, Tokyo
TOP
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ゴールド/スチール
¥ 858,000
+¥ 18,000送料
プロの販売業者
4.96 (125)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター リデュースド ステンレス 39mm ブラック
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・39 mm・ステンレス
¥ 387,675
+¥ 11,827送料
Chrono24直販
DE
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 日本, Tokyo Minato-ku
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 1,306,250
送料無料
プロの販売業者
4.94 (74)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル セラミック ブラック 文字盤無し 日本, Tokyo
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・セラミック
¥ 1,188,000
送料無料
プロの販売業者
4.91 (784)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター リデュースド ステンレス 38mm ブラック 日本, Osaka
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・38 mm・ステンレス
¥ 228,000
送料無料
プロの販売業者
4.90 (256)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター リデュースド ステンレス 39mm ブラック 日本, Tokyo
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・39 mm・ステンレス
¥ 258,000
送料無料
プロの販売業者
4.93 (3,973)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 文字盤無し 日本, Fuji city Shizuoka
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・42 mm・ステンレス
¥ 440,000
送料無料
プロの販売業者
4.92 (179)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル 42mm ブラック 日本, Tokyo
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・42 mm
¥ 396,900
送料無料
プロの販売業者
4.91 (296)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター デイト ステンレス 40mm シルバー 日本, tokyo
TOP
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・40 mm・ステンレス
¥ 269,916
送料無料
プロの販売業者
4.75 (702)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) 42mm 日本, Minatoku
TOP
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規の書類付属、正規のボックスなし・42 mm
¥ 1,285,000
送料別
個人販売者
JP
Omega (オメガ) スピードマスター ブロード アロー ステンレス 42mm ブラック
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類なし・42 mm・ステンレス
¥ 479,666
+¥ 11,827送料
Chrono24直販
DE
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 39mm ブラック 日本, Tokyo Minato-ku
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・39 mm・ステンレス
¥ 553,850
送料無料
プロの販売業者
4.94 (74)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 38.6mm ブラック 日本, Tokyo
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・38.6 mm・ステンレス
¥ 2,489,000
送料無料
プロの販売業者
4.91 (784)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 40mm シルバー 文字盤無し 日本, Nagoya,AICHI
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・40 mm・ステンレス
¥ 1,060,000
送料無料
プロの販売業者
5.00 (4)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 日本, Tokyo
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 2,810,000
送料無料
プロの販売業者
4.93 (3,973)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 40mm 日本, Fuji city Shizuoka
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・40 mm・ステンレス
¥ 2,200,000
送料無料
プロの販売業者
4.92 (179)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター マーク II ステンレス 42.4mm ブラック 日本, Osaka / Tokyo / Kobe / Nagoya
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類なし・42.4 x 46.2 mm・ステンレス
¥ 325,000
送料無料
プロの販売業者
4.93 (947)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 38mm 日本, kosigaya-shi, Saitama
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・38 mm・ステンレス
¥ 385,000
送料無料
プロの販売業者
4.96 (641)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター レーシング ステンレス 40mm ホワイト 日本, Meguro, Tokyo
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・40 mm・ステンレス
¥ 381,000
+¥ 18,000送料
プロの販売業者
4.96 (125)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター リデュースド ゴールド/スチール 39mm ブラック
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・39 mm・ゴールド/スチール
¥ 440,241
+¥ 11,827送料
Chrono24直販
DE
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 日本, Tokyo Minato-ku
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 663,575
送料無料
プロの販売業者
4.94 (74)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター レーシング ステンレス 40mm ブルー 文字盤無し 日本, Tokyo
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・40 mm・ステンレス
¥ 405,000
送料無料
プロの販売業者
4.91 (784)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 39.7mm ブラック 日本, Nagoya,AICHI
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・39.7 mm・ステンレス
¥ 636,000
送料無料
プロの販売業者
5.00 (4)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 42mm シルバー 日本, Tokyo
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類なし・42 mm・ステンレス
¥ 1,290,000
送料無料
プロの販売業者
4.93 (3,973)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 日本, Tokyo
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 508,000
+¥ 10,256送料
プロの販売業者
4.96 (186)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター (サブモデル) ステンレス 42mm 日本, Fuji city Shizuoka
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・42 mm・ステンレス
¥ 1,750,000
送料無料
プロの販売業者
4.92 (179)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター レーシング ステンレス 44.2mm ホワイト 日本, Osaka / Tokyo / Kobe / Nagoya
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・44.2 mm・ステンレス
¥ 698,000
送料無料
プロの販売業者
4.93 (947)
JP
Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック 文字盤無し 日本, Meguro, Tokyo
新品/未使用
Omega (オメガ)スピードマスター・新品/未使用・正規のボックス付属、正規の書類付属・42 mm・ステンレス
¥ 660,000
+¥ 18,000送料
プロの販売業者
4.96 (125)
JP

夢の時計を安全に

Chrono24の買い手保護制度で安心

詳細情報

Omega (オメガ) スピードマスター プロフェッショナル ステンレス 42mm ブラック
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックスなし、正規の書類なし・42 mm・ステンレス
¥ 597,939
+¥ 11,827送料
Chrono24直販
DE
Omega (オメガ) スピードマスター レーシング ステンレス 40mm ブラック 日本, Tokyo Minato-ku
中古
Omega (オメガ)スピードマスター・中古・正規のボックス付属、正規の書類付属・40 mm・ステンレス
¥ 311,410
送料無料
プロの販売業者
4.94 (74)
JP

オメガ スピードマスター: 宇宙へ飛ぶ腕時計

オメガ スピードマスターは、世界で最も有名なクロノグラフの一つです。この時計は、月に降り立った初の腕時計として歴史に名を刻みました。今日、コレクションは古典的なムーンウォッチからハイエンドの時計まで、多数のモデルで構成されています。


クロノグラフの代表作

時計愛好家なら誰でも知っているオメガ スピードマスター。多くのファンはこのオメガ時計を1969年7月のに成し遂げられた人類初の月面着陸と結び付けますが、この伝説的なクロノグラフは、いわゆるムーンウォッチをはるかに超えたものになっています。このコレクションには、手巻きのクロノグラフ、アナログとデジタル表示の高精度クォーツ時計から、最新のコーアクシャルムーブメントを搭載した自動巻き時計まで、数多くのモデルがラインナップされています。トップモデルはマスタークロノメーターキャリバーを搭載し、1万5000ガウスまでの耐磁性を備えています。

スイスを拠点とするオメガは「スピードマスター」の限定特別版を定期的に発売しています。これらのシリーズでは多くの場合本数が限定されているため、発売後すぐに売り切れてしまいます。また、スピードマスターはオメガファンの間で高い人気を誇り、その価値は短期間で大幅に上昇します。その一例が、2017年に#speedytuesdayの5周年を記念して発売したスピードマスター スピーディーチューズデー リミテッドエディションです。このスピーディの定価は65万円でしたが、現在は約120万円の価格で売買されています。2018年発売のスピーディー・チューズデー2「ウルトラマン」でも、同じような価格推移が見られます。どちらのモデルも2012本限定です。

オメガ スピードマスター アポロ13 シルバースヌーピーアワードも良い価格の推移を見せています。白文字盤のバージョンは定価113万3000円です。1970年のモデルの未使用品をご希望される場合、410万円以上ご用意いただく必要があります。2003年に発売された最初のスヌーピーエディションは黒文字盤で、5441本に限定にされています。中古品の価格も過去数年に上昇しており、現在約120万円で販売されています。

オメガは2019年、月面着陸50周年を記念して、リニューアルされたCal.321を搭載するスピードマスターのプラチナモデルを発表し、ファンを驚かせました。このムーブメントは、1965年にアメリカの宇宙飛行士エド・ホワイトが初めての月面に着陸した際に着用したスピードマスターにも使用されていました。

オメガ スピードマスターを買う理由

  • 大人気のクロノグラフ コレクション
  • 世界初の月で着用された時計: スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ
  • 1万5000 ガウス耐磁のコーアクシャル マスタークロノメーター
  • 価値上昇の見込みある特別限定エディション
  • 人気の特別エディション: 「スヌーピーアワード」「スピーディーチューズデー」

オメガ スピードマスターの価格一覧

モデル / Ref. 価格 (約) 特徴
スピードマスター Cal.321 / 311.93.42.30.99.001 815万円 プラチナケース、月の隕石インダイヤル
「ニュームーン」/ 310.60.42.50.02.001 534万6000円 (希望小売価格) ホワイトゴールドケース、コーアクシャル Cal.3861
アポロ11 50周年記念モデル / 310.60.42.50.99.001 435万円 イエローゴールドケースとブレス、1014本限定
アポロ13 シルバースヌーピーアワード / 311.32.42.30.04.003 410万円 1970本限定
シーマスター38 / 324.68.38.50.02.003 180万円 セドナゴールド製38mmケース、ダイヤモンド装飾
スピードマスター ムーンウォッチ スピーディーチューズデー1 / 311.32.42.30.01.001 120万円 2012本限定
スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ / 145.022 115万円 ヴィンテージモデル
スピードマスター スピーディー チューズデー2 「ウルトラマン」 / 311.12.42.30.01.001 105万円 2012本限定
スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン / 311.92.44.51.01.003 95万円 ブラックセラミックケース
スピードマスター ‘57 60周年記念モデル / 311.10.39.30.01.001 95万円 3557本限定
スピードマスター ムーンフェイズ / 304.30.44.52.01.001 90万円 ステンレス時計、ムーンフェイズ表示
「ニュームーン」/ 310.30.42.50.01.001 73万7000円 (希望小売価格) コーアクシャル Cal.3861
スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ / 311.30.42.30.01.005 50万円 ヘサライトガラス、手巻き式
スピードマスター スカイウォーカー X-33 / 318.90.45.79.01.001 45万円 欧州宇宙機関の公認時計
スピードマスター リデュースド / 3510.50.00 30万円 自動巻き
スピードマスター デイト / 3520.50.00 35万円 自動巻き、日付表示

オメガ スピードマスターの価格

スピードマスターは非常に充実したコレクションです。好みやご予算にもよりますが、スピードマスターデイトのようなエントリーモデルは、35万円前後でご購入ごいただけます。プラチナ製でCal.321を搭載したハイエンドなモデルをご希望の場合は、765万円以上の投資が必要となります。

オメガの商品の中で今日に至るまで続く真のクラシック時計は、手巻き機構、ステンレスケース、ヘザライトガラスを備えた42mmの「スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ」です。中でも、アポロ計画に使用されたクロノグラフは、数十年の時を経た現在もほとんど変化することなく受け継がれています。皮肉なことに、1957年に発表された「スピードマスター」は、もともとレーシングクロノグラフとして構想されました。しかし、発売後それほど人気が高まらなかったこの時計は1969年のアポロ11号の宇宙ミッションで一躍有名になり、それ以来、ムーンウォッチという名称で知られています。3時位置には30分カウンター、6時位置には12時間カウンターのインダイヤルが設置されています。また、9時位置にはオフセンターのスモールセコンドが配置されています。黒いベゼルにはタキメーターの目盛りが刻まれています。

オメガはRef.311.30.42.30.01.005を、手巻きキャリバー1861搭載で提供しています。このムーブメントは、バズ・オルドリンの手首に月面着陸したRef.105.012を駆動した伝説のキャリバー321をベースをしています。ただし、オリジナルとは異なりコラムホイールではなく、カム式になっています。このクロノグラフこの未使用品は、約50万円でご購入いただけきます。中古品は45万円前後で販売されています。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル Ref.145.022は、ヴィンテージ時計の愛好家にとって興味深いモデルです。この時計はオメガのCal.861によって駆動されています。1968年から1980年代初頭まで生産されてたため市場には豊富なモデルが見られますが、中には未使用品も販売されており、その価格は約115万円になります。中古品は65万円前後からご入手いただけます。

キャリバー321のヴィンテージ Ref.145.012と105.012は、かなりレアでより高価です。前者は中古で平均110万円、Ref.105.012はそれより若干高い125万円前後で販売されています。

プロフェッショナル ムーンウォッチの要点

  • 初めて月面で着用された時計
  • アイコニックな人気時計
  • 昔ながらの手巻き式ムーブメント搭載
  • プレキシガラスとサファイアガラスの2種類で入手可能

Cal3861搭載の「ニュームーン」

オメガは2021年1月に伝統的なムーンウォッチ(Ref.311.30.42.30.01.005)の製造を中止し、新しく「ニュームーン」Ref.310.30.42.50.01.001を発表しました。一見、新しい時計への変更における技術的な革新は最小限にとどまっているように思われますが、よく見ると、視覚的にも技術的にも革命的な違いがいくつか見て取れます。

「ニュームーン」のケースはステンレス製のままで、直径42mm。先代モデルとは対照的に、新作のタキメータースケールはいわゆる「ドットオーバー90」ベゼルを搭載しています。スピードマスターファンの間では「DON」の愛称でも知られるこのベゼルは、1970年以前に発売された初期のムーンウォッチを彷彿とさせるもので、マーキングポイントが1970年以降のバリエーションと同様に、90の番号の真横ではなく少し上部に上がっているのが特徴です。ヘサライトガラスを搭載したモデルのケースバックはステンレス製のままで、「The First Watch Worn on the Moon」の文字があしらわれています。これに対し、Ref.310.30.42.50.01.002のケースバックにはサファイアクリスタルが使用されており、Cal.3861を眺めることができます。

さらに、文字盤も新しくなりました。オメガは「ニュームーン」モデルに、これまで使用されていた「フラットダイヤル」の代わりに、いわゆる「ステップダイヤル」を採用しています。オメガは1968年に発売されたRef.145.022などのモデルにも使用もされた、目盛りのはっきりしたインダイヤルを、この文字盤に採用しています。

手巻きキャリバー3861は、新しいムーンウォッチにおける最大の革新です。完全に新開発されたこのムーブメントは、オメガのコーアクシャル脱進機を搭載し、スイス連邦計量研究所 (METAS) 認定を取得しています。極めて高い精度に加え、マスタークロノメーターであるCal.3861は、最大1万5000ガウスの磁場にも耐久します。

オメガは、新しいムーンウォッチのステンレスブレスレットに大幅な変更を加えました。ヘサライトガラスを使用した時計とサファイアクリスタルを使用した各時計に、別々のブレスレットが用意されています。ヘサライトガラスのモデルではブレスレットの表面が完全にポリッシュ仕上されているのに対し、サファイアクリスタルモデルではポリッシュ仕上げとサテン仕上げの両方が施されています。もう一つの新しい特徴は、ブレスレットの幅がラグからバックルにかけて、20mmから15mmまで徐々に細くなっている点です。

ステンレスブレスレットとヘサライトガラスのバージョンは定価73万7000円、サファイアクリスタルのバージョンは定価84万7000円です。

レッドゴールドとホワイトゴールドの「ニュームーン」

オメガは、ステンレスモデルとともに、新しいレッドゴールドとホワイトゴールドのバリエーションを発表しました。Ref.310.60.42.50.01.001はレッドゴールド製で、定価41万1400円です。それより控えめな印象を与えるモデルは、シルバーダイヤルを備えるホワイトゴールドモデルのRef.310.60.42.50.02.001です。この時計は、機能的にはステンレスバージョンと同じです。


「スピーディーチューズデー」特別モデルの価格

2017年、2018年に発表された特別モデル「スピーディーチューズデー」と「スピーディーチューズデー2 ”ウルトラマン”」の両モデルも、スピードマスターファンに絶大な人気を誇っています。これらの時計は、オランダのオンライン時計マガジン「Fratello」とのコラボレーションから生み出されました。どちらも2012本限定で、直径42mmのステンレスケースにヘザライトガラスを搭載し、オメガ手巻きキャリバー1861で駆動されています。どちらのモデルも、発売されてから数時間で売り切れとなりました。

スピーディーチューズデー1は、「逆パンダ」の文字盤を備えるバージョンです。逆パンダとは、黒文字盤に白のインダイヤルが取り付けられた文字盤の総称です。オメガは、1966年に初めてこの色の組み合わせをスピードマスターに採用しました。スピーディーチューズデーの特徴は、インダイヤルの内側のリングをエンボス加工することで、この効果を実現している点です。その他の見どころとしては、ヴィンテージロゴや昔ながらのインデックスなどがあります。このモデルにはブラウンのレザーストラップが使用されていますが、各時計にはNATOストラップが追加で入ったロールケースが付属で付いてきます。

スピーディーチューズデー1の価格は、将来も大幅に上昇していく可能性が高いです。発売当初は定価70万2000円したが、2020年には未使用品に約120万円の価格が付けられるようになりました。中古時計の値段も上がっており、約105万円で売買されています。

スピーディーチューズデー2は「ウルトラマン」とも呼ばれています。この時計は、クラシックなムーンウォッチのデザイン要素と、1970年代初頭に日本のテレビシリーズ『帰ってきたウルトラマン』で使用されていたスピードマスターのRef.145.012-67のデザイン要素を組み合わせたものです。オリジナルではクロノグラフ秒針だけがオレンジ色であるのに対し、ウルトラマンモデルにはこのカラースポットが数か所に見られます。

特に、ブラックのアルミ製ベゼルに刻まれたアワーマーカー、「Speedmaster」の文字、タキメータースケールが目を引きます。少し近くで見てみると、ミニッツトラックの最初の3分の部分もオレンジ色に着色されていることがわかります。その理由は、ウルトラマンが地球上で活動できる時間が3分間だからです。もう一つの見所は、60分積算にあります。ここに隠されているのは、紫外線下でしか見ることのできないウルトラマンのシルエット。これを実現させるために、オメガはすべての時計にUVライトを搭載しています。

スピーディーチューズデー1と同様に、第2弾の文字盤にもオメガのヴィンテージのロゴが入っています。贅沢なデザインの六角形のボックスには、お揃いのブラックとオレンジのNATOストラップと、交換用のブラックレザーストラップが追加で入っています。

スピーディーチューズデー「ウルトラマン」のご購入をお探しの方は、Chrono24をご覧ください。未使用品は約105万円、中古品は100万円前後でご購入いただけます。

スピードマスター スピーディーチューズデーの特徴

  • 限定2012本
  • 人気のコレクター時計
  • 価格上昇の見込みあり
  • オレンジ色のアクセントが付いたウルトラマン
  • 両モデルに交換用ストラップが付いてくる

スピードマスター アポロ11号 ゴールドモデル

オメガは2019年に月面着陸の50周年を記念して、スピードマスターの特別エディションを発売しました。それが、アポロ11号50周年記念モデルです。限定1014本で製造されたこのモデルは、アポロ11号の宇宙飛行士に与えられたスピードマスターBA145.002を思い起こさせます。また、1969年~1973年にかけて1014本しか生産されなかったことから、コレクターの間でも希少性が高く、人気のヴィンテージモデルとなっています。

オメガは新型のスピードマスターのケースとブレスレットに、ムーンシャインゴールドと呼ばれる素材を使用しています。オリジナル同様ベゼルの色はバーガンディですが、素材にはアルミではなくモダンなセラミックが使用しされています。文字盤もゴールドで、縦方向のブラッシュ加工が施されています。アワーマーカーは、枠組みされたオニキスがインデックスとして取り付けられています。この高級な時計を駆動する機構は、オメガのキャリバー3861です。このムーブメントはコーアクシャルこの脱進機を搭載し、マスタークロノメーターの認定を受けており、最大1万5000ガウスの磁場に耐久します。

このモデルの未使用品には、440万円程度のご予算をご検討ください。中古品は、それより50万円ほど安くご購入いただけます。メーカー希望小売価格は371万円です。


スピードマスター プロフェッショナル キャリバー321

2019年にリニューアルされたCal.321にご興味がある方は、311.93.42.30.99.001と311.30.40.30.01.001 (ステンレス) を詳しくご覧ください。前者のケースはプラチナ製で、ブラックのレザーストラップが装着されています。風防とケースバックには、サファイアクリスタルが使用されています。また、段差のある「ステップダイヤル」の文字盤の素材にはブラックオニキス、インダイヤルには月面隕石を使用しています。

両モデルで独特な点は、タキメーター目盛付きベゼルで、素材にはポリッシュ加工のセラミックが使用されています。両モデルともに、過去の有名な名機を彷彿とさせる、通称「DON」と呼ばれる「ドットオーバー90」スケールで、90の数字の箇所におけるマーキングポイントがゼロの右横ではなく、やや上部に位置しています。この特徴は多くのヴィンテージスピードマスターにも見られ、多くのコレクターから絶大な人気を誇るポイントです。

この超高級なプラチナ時計の定価は701万8000円です。希少性が高くエクスクルージブなこの時計のChrono24における価格は、約825万円と大幅に高くなっています。

オメガが2020年に導入したステンレモデルの価格は、これに比べてかなり安くなります。ステンレスモデルは直径39.7mmで、プラチナでモデルに比べて小型です。これは、1965年にアメリカの宇宙飛行士エド・ホワイトが宇宙遊泳中に着用した第3世代のスピードマスターと同等のサイズになります。オメガはこのモデルにもインダイヤルに段差を付けた「ステップダイヤル」を採用していますが、素材には月面隕石は使用されていません。プラチナモデルと同様に、このステンレスモデルにも人気の「ドット・オーバー90」タキメータースケールが搭載されています。このリファレンスも、定価151万円を上回る相場で取引されており、約225万円となります。

スピードマスター キャリバー321の要点

  • ステンレス、ゴールド、プラチナ製でご購入可能
  • 伝説のオメガ キャリバー321
  • プラチナモデルにはオニキスと月面隕石を使用
  • 「ドット・オーバー90」タキメータースケール

スピードマスター リデュースド: 小型なスピーディー

オメガ スピードマスターが欲しいけど、スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチでは大型すぎる、という方には、スピードマスター リデュースド Ref.3510.50.00がおすすめです。そのケースサイズは39mmで、ムーンウォッチよりも3mm小さくなっています。そのため、細身の男性にも、女性にもよく似合います。手巻きムーブメントを搭載の大型モデルとは異なり、リデュースドは、デュボア・デプラ社のクロノグラフモジュールを搭載したETA 2890-A2ベースのオメガ3220自動巻きキャリバーで駆動されています。

また、文字盤もムーンウォッチとは異なります。第一の特徴は、バーインデックスに加えてアラビア数字が文字盤上にアワーマーカーとして配置されている点です。第二の特徴は、時計の設計に応じて、プロフェッショナル ムーンウォッチに比べてサブダイヤルがより外側に配置されている点です。ムーンウォッチ同様、風防にはヘサライトが使用されており、これがリデュースドにもヴィンテージ風の魅力を与えています。サファイアクリスタルがお好みであれば、これよりも後に発売されたRef.3539.50.00が適しています。アラビアインデックスが使用されていないことにより、文字盤は3510.50.00よりもすっきりとした印象になり、ムーンウォッチの文字盤にもよく似ています。

スピードマスター リデュースドのどちらのバージョンも現在はすでに製造されていないため、ご購入を希望される場合は中古市場で探す必要があります。近年は価格の上昇が目立ち、3510.50.00は中古品でも25万円程度は用意しておいた方が良いでしょう。運が良ければ、約30万円で未使用品を見つけられるかもしれません。サファイアクリスタルを使用したはるかに希少なバージョンは、未使用品でも中古品でも、約35万円で販売されています。

スピードマスター リデュースドの特徴

  • ムーンウォッチよりも小型サイズ
  • 自動巻きキャリバー3220
  • サファイアもしくはヘサライトの風防
  • 価格上昇の可能性あり

スピードマスター ‘57 レトロ風

レトロな時計は近年トレンドになっていますが、スピードマスター '57も例外ではありません。CK2915のリファレンスナンバーを持つこのモデルはその名の通り、1957年製のオリジナルスピードマスターをベースにしたモデルです。「スピードマスター ブロードアロー」とも呼ばれるこのモデルの見分け方は、時針が矢印の形をしている点です。1950年代のオリジナルモデルは、オークションで数千万円で落札されることも稀ではありません。

オメガは過去に、初代スピードマスターへのオマージュを多数リリースしてきました。中でも、2017年版が一番人気のモデルでしょう。このモデルは3557本限定で、スピードマスター60周年を記念してトリロジーコレクションの一部として発売されました。特徴的なのは、有名なプロトタイプモデルにも採用されていた、いわゆるストレートラグ、つまり直線的な形をしたラグです。また、このモデルに取り付けられたブレスレットは他のスピードマスターモデルとは異なり、3連の外側のリンクはポリッシュ仕上げ、内側のリンクはサテン仕上げとなっています。ケース径38.6mmのこのクロノグラフには、キャリバー1861が搭載されています。このシリーズにの未使用の時計には、約95万円のご予算が必要です。また、中古品は約80万円でご購入いただけます。同コレクションが提供するその他の時計に、同じく限定モデルである シーマスター300レイルマスターがあります。

最新のコーアクシャルキャリバー9300を搭載するスピードマスター'57は、様々な異なるバージョンで提供されています。このコレクションの時計モデルのケース径はすべて41.5mmで、2017年の限定版よりも若干大型です。新品同様のステンレスモデルは約75万円で、中古品は約60万円でご入手いただけます。また、その他にも、コンビ、18Kピンクゴールド、イエローゴールドでも提供されています。トップモデルはRef.331.50.42.51.02.001です。この時計は完全にイエローゴールド製で、未使用品の価格は約315万円です。中古品は市場にまだほとんど出回っていません。

オメガは1990年代後半に、元祖スピードマスターのリニューアル版を導入しました。それが、スピードマスター ブロードアロー レプリカと呼ばれるRef.3594.50.00です。このモデルを動かすのも、Cal.1861です。価格は中古品で約35万円です。オメガではすでに長年このレトロウォッチを生産していないため、未使用の時計は非常に希少価値が高いです。

スピードマスター ‘57の特徴

  • 1950年代のレトロなデザイン
  • ブロードアロー針のモデルあり
  • 様々な仕様と素材
  • 自動巻きと手巻き式で提供

セラミックモデルの価格

スピードマスターコレクションには、ハイテク素材のセラミックを使用した腕時計もあります。この素材はステンレスに比べて格段に硬質で、傷がつきにくい特徴を持ちます。セラミック製のスピードマスターは、グレー、ホワイト、ブラックの3色からお選びいただけます。ブラックモデルは ダークサイド オブ ザ ムーンと呼ばれ、アポロ8号の宇宙飛行士に捧げられています。彼らは月の裏側を見た最初の人類でした。この時計においては、Cal.9300の現代的なコーアクシャル技術が、正確な時刻の表示を保証しています。未使用のオメガ スピードマスター ダークサイドの オブ ザ ムーンは100万円前後で提供されています。中古品はそれより多少安く、約80万円でご購入いただけます。

オメガ スピードマスター ホワイトサイド オブ ザ ムーンは、少なくとも色の観点から見ると、ブラックセラミックモデルとは真逆のモデルです。ホワイトサイド オブ ザ ムーンのホワイトケースも、夜空で明るく輝く月をイメージしています。この時計はオールホワイトのため、よりフェミニンな印象を与えます。新品同様のモデルは約100万円で、中古品は80万円前後で販売されています。

スピードマスター グレイサイド オブ ザ ムーンは、同シリーズが提供する3つ目のセラミックウォッチです。グレーの外観は、月の塵の色からインスピレーションを受けています。さらに、この色は、アメリカの宇宙飛行士ジム・ラヴェルがかつて言った「月は基本的に灰色である。」という言葉と一致しています。グレーサイド オブ ザ ムーンの未着用品は、115万円前後で購入できます。中古時計の価格は95万円前後です。

セラミック製スピードマスターの要点

  • ブラック、ホワイト、グレーで入手可能
  • セラミック: ステンレスに比べてより硬質
  • コーアクシャルキャリバー9300

スピードマスター レーシング

スピードマスター レーシングシリーズの時計は、オメガのモータースポーツとの長年の関係を思い起こさせます。スピードマスターが伝説のムーンウォッチになる以前、この時計は多くのレーシングドライバーの手首に着用されていました。レーシングモデルの文字盤デザインは、クラシックなレーシングカーのダッシュボードを彷彿とさせます。現在では、このクロノグラフの数多くのバージョンと様々なサイズが用意されています。この時計を駆動するのは、マスタークロノメーターに認定されたオメガの自動巻きコーアクシャルキャリバー9900です。

ステンレスブレスレット付きで44.25mmの直径を持つ新しいモデルは、80万円前後でご購入いただけます。中古時計は65万円前後とかなり安くなっています。44.25mmサイズでは大きすぎるという方は、40mmモデルをご覧ください。未使用品は40万円弱で、中古品は30万円前後で提供されています。


クォーツ式スピードマスターの価格

高精度で機能的なスピードマスターのクォーツ時計は、プロのニーズにも対応します。例えば、オメガ スピードマスター スカイウォーカー X-33は、宇宙飛行士のために特別に開発されたモデルです。45mmのチタンウォッチは、アナログとデジタル表示の両方を搭載しています。ムーブメントには、永久カレンダー、3つのアラーム機能、クロノグラフ、3つのタイムゾーン、カウントダウン機能が搭載されています。また、打ち上げ後経過時間 (MET) と途中経過時間 (PET) の2つの特別な機能があります。METは、ミッション開始後、どれくらいの時間が経過したか、あるいはどれくらいの時間が残っているかを示します。PETは、あるフェーズの時間がどれくらい経過したかを示します。このクォーツ時計では、例えばMETに応じて3つのフェーズをプログラムすることができます。オメガ スピードマスター スカイウォーカー X-33は、欧州宇宙機関 (ESA) の公式ミッションウォッチです。

高精度なクォーツキャリバーを搭載したプロ仕様の宇宙飛行士用時計をお探しなら、スピードマスター スカイウォーカー X-33はいかがでしょうか。未使用であれば45万円前後、中古であれば約40万円でご入手いただけます。1924本限定の特別仕様「スピードマスター スカイウォーカー X-33 ソーラーインパルス」は、未使用で約50万円、中古で約40万円となっています。

オメガ スペースマスター Z-33は、スピードマスターコレクションのもうひとつのクォーツ時計です。その印象的なデザインは、1960~70年代のオメガ フライトマスターにインスパイアされています。スペースマスター Z-33は、スカイウォーカー X-33と同様に、アナログとデジタル表示を備えています。43mmのケースはチタン製で、30m (3気圧) の防水性を備えています。さらに、クロノグラフ、アラーム、複数のタイムゾーン、永久カレンダーなどの機能が搭載されています。未使用品の価格は55万円前後です。スペースマスターZ-33の中古時計は大幅に安く、約45万円でご入手いただけます。


スピードマスター 38: レデイース・メンズ時計

オメガはスピードマスター 38コレクションから、直径38mmの様々なモデルを提供しています。素材は、ステンレス、セドナゴールド、イエローゴールド、コンビのバリエーションからお選びいただけます。文字盤の色もホワイト、ブラウン、ブルー、ブラック、グレーからお選びいただけます。ゴールドモデルは特に女性に興味深いもので、中にはさらにダイヤモンドで装飾された時計も提供されています。その一例は、セドナゴールド製のベゼルにダイヤモンドをあしらったRef.324.68.38.50.02.003です。この時計はシルバーの文字盤を備え、6時位置には日付表示が見られます。ケース同様、針とインデックスもピンクゴールド製です。3時、6時、9時位置のインダイヤルは、スピードマスターで典型的な特徴です。この時計の心臓部には、52時間駆動のオメガ コーアクシャルキャリバー3330が搭載されています。ブラウンのレザーストラップが、高貴なスピードマスターをしっかりと手首に固定します。

Chrono24では、未使用品が約180万円で提供されています。オメガによる定価は202万円です。

これに比べて格段に安いのは、ブラックダイアルとステンレスブレスレットのステンレスモデルです。これは、男性にも女性にもお使いいただける時計です。機能的には、ゴールドバージョンと同じ技術を提供しています。未使用の時計は約45万円です。中古で購入する場合、5万円ほど節約できます。


人気のスピードマスター: ムーンウォッチ

最も名高く人気のスピードマスターモデルと言えば、やはりスピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチです。「有名」という称号にふさわしい腕時計があるとすれば、それはこのモデルです。1969年7月21日、人類が初めて地球の衛星に降り立ちました。その際、オメガ スピードマスター プロフェッショナルは、宇宙飛行士たちの装備の一部でした。この宇宙計画に先立ち、宇宙飛行士が長い時間をかけて厳しい選考を受けたのに並び、時計も厳しく選考されました。NASAは、機械式時計を-18度から+93度までの極端な温度にさらすだけではなく、振動、過圧、低圧など様々な課題にも挑みました。1965年3月、スピードマスター プロフェッショナルが厳しい審査を通り、ジェミニとアポロのミッションに搭乗して宇宙へ飛ぶ結果となりました。

オメガは、ここ数十年の間にオリジナルモデルの変更を数回しか行っていません。例えば、針やインデックスの発光塗料は、もはや放射性トリチウムではなく、現在広く使用されている非放射性のスーパールミノバになりました。また、オメガはオリジナルのプレキシグラスの他にも、傷がつきにくいサファイアクリスタルを使用したスピードマスターも用意しています。これらは、歴史に思い入れのあるスピードマスターファンでも納得できる細部のみの変更です。

ムーブメントの面では、オメガは基本的に伝統を守り続けています。現行のムーンウォッチは、1969年の有名なムーンウォッチで使用されたCal.861ベースの手巻きキャリバー1861を搭載しています。Cal.861は、1965年にエド・ホワイトが宇宙遊泳をしていた時にペースを握っていたスピードマスターのCal.321をベースにしています。これら3つのムーブメントの前身は、1957年から1965年までの間、スピードマスターの初代モデルに使用されていたレマニアのCal.2310です。